長岡空襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長岡空襲により焦土となった長岡市中心部。長岡市殿町から長岡市表町をのぞむ[1]

長岡空襲(ながおかくうしゅう)は、1945年8月1日日本時間午後10時30分から翌8月2日の午前0時10分の間に、アメリカ軍により行われた空襲新潟県長岡市の中心部市街地を標的に焼夷弾が大量に投下された。これにより中心部市街地の約8割が焼失し、市長鶴田義隆を含む1480人余りが死亡した。罹災戸数は11986戸にも及ぶ。

平潟公園の長岡市戦災殉難者慰霊塔。

これを慰霊して平潟公園には長岡市戦災殉難者慰霊塔が[2]昌福寺には戦災殉難者之墓が建立された。また、長岡駅の駅前には長岡戦災資料館が開館している。

被害状況[編集]

『戦災概況図長岡』1945年12月、第一復員省資料課作成
  • 罹災時の人口(1945年7月) 74,508人
  • 爆撃機の数 125機(テニアン島第313航空団)
  • 投下爆弾量 924.3トン(各種焼夷弾163,456発)
  • 死者数 1,486人
  • 罹災戸数 11,986戸

経過[編集]

※日時はいずれも日本時間

航空団の動き[編集]

1945年8月1日

  • 15:03-17:40 テニアン島離陸
  • 18:18-20:58 硫黄島上空通過
  • 21:16-22:37 日本本土上空到達
  • 22:35-23:58 長岡市上空
  • 23:06-翌00:28 日本本土離脱

1945年8月2日

  • 05:33-07:42 テニアン島着陸

現地の動き[編集]

1945年8月1日

  • 21:06 長岡市に警戒警報発令
  • 22:26 警戒警報が空襲警報に変わる
  • 22:30 焼夷弾爆撃始まる

1945年8月2日

  • 00:10 空襲終了
  • 00:35 空襲警報解除
  • 02:17 警戒警報解除

使用された焼夷弾[編集]

長岡空襲で使用されたM69子弾。新潟県立歴史博物館の展示。
  • E46集束焼夷弾 4,244発 M69子弾38発が束ねられたもの。主として用いられた。
    • M69子弾 161,272発 火のついたゼリー状の油脂ガソリン(ナパーム)をまき散らし、あたりを火の海にした。
  • M47焼夷爆弾 2,172発 先導のB29が後続への目印に投下した大型ガソリン焼夷爆弾。河に入ってもガソリンに火がつき逃げられない。(油脂焼夷弾)
  • M47-WP 黄燐焼夷弾 12発 上と同型で、中身が黄燐(消火活動阻止、殺傷目的)。

その他[編集]

1945年8月1日にアメリカ軍が日本全国の都市に投下した伝単。左側に「高岡」の文字がある。

1945年7月27日夜から翌28日朝にかけてアメリカ軍が投下した空襲を予告する伝単には、長岡市を含む11都市が記載されていた。

アメリカ軍は長岡空襲のあった1945年8月1日にも日本全国に伝単を投下した。この伝単に書かれている富山市富山大空襲)、八王子市八王子空襲)、水戸市水戸空襲)の市街地は、予告どおりに空襲された。しかし、伝単には「長岡」の文字はなかった。これについては、伝単に「高岡」と書かれていたにもかかわらず、富山県高岡市の空襲被害が小さいことから、アメリカ軍が「長岡」と書くべきところを「高岡」と誤記したのではないかと考えられている[3]。なお、高岡市には個別に空襲作戦の計画書があったことは分かっているものの、大規模空襲はなく、空襲被害は死傷者40人以上、全損家屋20戸程度と、富山市や長岡市に比べて被害が小さい。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 総務省 長岡市における戦災の状況(新潟県)
  2. ^ 長岡市 史跡詳細 長岡市戦災殉難者慰霊塔
  3. ^ 『富山大空襲』(北日本新聞社、1972年)では、戦後、米兵から伝え聞いた話として、電信でTAKAOKAとNAGAOKAを混同して取り違えたと言う説を紹介している。

参考文献[編集]

『ふるさと長岡のあゆみ』 長岡市、1986年、244-247頁

外部リンク[編集]