名取和作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名取 和作(なとり わさく、1872年6月3日明治5年4月28日) - 1959年昭和34年)6月4日)は、日本の実業家政治家貴族院勅選議員、富士電機製造会社(現・富士電機ホールディングス)初代社長。子に名取洋之助

経歴[編集]

筑摩県諏訪郡上蔦木村(現在の長野県諏訪郡富士見町)に造酒屋業・名取和三郎の長男として、生まれる。甲府市の第十国立銀行に就職したが後に上京し、明治27年(1894年)2月に慶應義塾大学部理財科に入学し、学生時代は新聞配達などをしながら、柔術に熱中。明治29年12月に卒業し、古河鉱業に入社したが、明治32年8月第一回義塾派遣留学生の一人に選ばれて、コロンビア大学に留学し、欧州視察を経て明治35年11月に帰国。

大学部で経済学を講じるが、学者に不向きであるとし、明治41年、東京電灯入社。大正12年(1923年富士電機製造株式会社の設立に関わり、初代社長。ほか東邦電力千代田生命大日本製糖など多くの会社で重役を重ねる。昭和6年(1931年)には経営不振に陥った時事新報の社長に就任。

1946年(昭和26年)7月8日、貴族院勅選議員に任じられ[1]交友倶楽部に所属して1947年(昭和27年)5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]

退職後は慶大を支援し、「名取ハウス」なる施設などを寄附したが、戦災で水泡に帰した。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5847号、昭和21年7月12日。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』144頁。

参考文献[編集]

  • 石川貞雄『郷土歴史人物事典 長野』
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

外部リンク[編集]