梓川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梓川
梓川 2009年9月20日撮影
河童橋袂から上流を望む。正面に穂高連峰
水系 一級水系 信濃川
種別 一級河川
延長 65 km
平均流量 -- /s
流域面積 559 km²
水源 槍ヶ岳
水源の標高 3,180 m
河口・合流先 奈良井川松本市
流域 長野県
テンプレートを表示

梓川(あずさがわ)は、長野県松本市を流れる信濃川水系犀川の上流域を示す別称。

地理[編集]

梓川最上流部の槍沢と源となる槍ヶ岳

長野県松本市の北西に位置する飛騨山脈(北アルプス)槍ヶ岳に源を発し南流する。上高地大正池を形成し、梓湖(奈川渡ダム)に注ぐ。島々で東に向きを変え、新淵橋を過ぎてまもなくから下流には右岸の波田と左岸の河岸段丘をつくっている。

松本市大字島内で奈良井川を合わせ犀川と名を変える。奈良井川との合流点手前のラーラ松本付近では、奈良井川で取水した拾ヶ堰勘左衛門堰が地下を横断する。

歴史[編集]

流域は古来よりの産地であり、梓弓の材料として朝廷にも献上されていて、このことが川の名前の由来になったとも言われている[1][2]

利水[編集]

梓川の水は、発電用と、農業用灌漑のために、古くから用いられてきた。このため、新淵橋よりも下流の松本盆地での流量は豊かだとは言えない。

発電用[編集]

水路式発電所は上高地に近い上流から、盆地部に下りての昭和電工赤松発電所梓水力発電所まで、流域の各地に造られて古くから稼働してきた。1969年(昭和44年)11月には、奈川渡ダム水殿ダム稲核ダムの梓川3ダムが完成した(それまで梓川にはダム式発電所がなかった)。この梓川3ダムは揚水発電所として運用されている。このため、下流のダム湖の上端が上流のダムの下まで来るように造られている。

灌漑用[編集]

」は一般には、川を堰き止める構造物をさすが、松本盆地ではその堰から取水して水を流す人工河川をも「」(読みは「せぎ」)といい、たくさん存在する。梓川から取水するものだけでなく、烏川から取水する烏川用水、犀川から取水する矢原堰奈良井川から取水する拾ヶ堰勘左衛門堰なども知られている。

和田堰は古く、937年以前に完成していたといわれる[3]。また、寛政時代から企画されて明治初めに着工された波田堰は、立案した時すでに12の堰があり、新たに堰を通すには水利権を持つ12の堰の承認を得なければならず、このことが築造に際しての最大の障壁だった[4]。これら12堰のうち『波田堰百年史』が名を挙げている7か堰は次の通りである。榑木堰、中萱堰、鳥羽堰、島堰、高松堰、北方堰、飯田堰[5]

梓川3ダムが完成したころから、地下式水路による灌漑も行われるようになった。このため、対象畑作地域では細かく灌漑用配水管が地下に設置されている。灌漑用の水路構成については、「支流・ダム・取水など」を参照。

流域の自治体[編集]

長野県
松本市安曇野市

橋梁[編集]

河童橋から下流を望む
梓川頭首工左岸側を下流から望む

支流・ダム・取水など[編集]

梓川

梓川頭首工。ここで取水された水は導水幹線と梓川隧道にわけられる。導水幹線の水は、上海渡分水工で、右岸幹線・波田堰・左岸幹線にわけられる。梓川隧道の水は、昭和電工赤松発電所で発電の用に供された後、赤松分水工で、梓川右岸幹線と梓川左岸幹線にわけられる

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『乗鞍の歴史と民俗』4 - 5ページ。
  2. ^ 歴史的には『延喜式』3巻:68条に、「甲斐國。槻弓八十張。信濃國。梓弓百張」とあるが、この記述だけをもって梓弓が信濃の名産であって、梓川の語源となったとするのは飛躍がある。
  3. ^ あずさ書店編集部『幻の大寺院 若沢寺を読みとく』あずさ書店、2010年9月、ISBN9784900354678、43ページ
  4. ^ 横山篤美『波田堰百年史』1975年、13ページ・91ページ
  5. ^ 同書、92ページ

参考文献[編集]

  • あずさ書店編集部『幻の大寺院 若沢寺を読みとく』あずさ書店、2010年ISBN 9784900354678
  • 長野県文化財保護協会編集『乗鞍の歴史と民俗』信毎書籍出版センター、1981年
  • 横山篤美『波田堰百年史』波田堰事跡顕彰会、1975年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]