清津峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清津峡
Kiyotsukyo Summer.jpg
夏の清津峡
(パノラマステーションより)
場所 日本の旗 日本 新潟県十日町市湯沢町
水流 清津川信濃川水系)

清津峡(きよつきょう)は、信濃川の支流である清津川が形成した峡谷新潟県十日町市小出から湯沢町八木沢にかけての全長約12.5キロメートルをいう。1941年に国の名勝および天然記念物に指定されており、日本三大峡谷の一つとして知られる[1][注釈 1]

観光のために歩行者用の「清津峡渓谷トンネル」が掘られており、近くには旅館3軒の温泉街(清津峡小出温泉)がある[1]

概要[編集]

清津峡は、上信越高原国立公園内にある。柱状節理[1]による険しい岩肌の渓谷美と秋の紅葉で知られる。

清津峡渓谷トンネルは全長750メートルの歩行者専用トンネルで、トンネルの途中に3つの見晴所、終点にはパノラマステーションがあり、そこから渓谷美を楽しむことができる[2]。古くは清津川沿いの遊歩道(登山道)からの観賞が一般的だったが、1988年昭和63年)に峡谷内で落石死亡事故が発生したため、遊歩道は通行禁止となった[2]。その後しばらく渓谷美を見ることができなくなっていたが、地元住民や観光客から要望が多数寄せられたことを受け、安全に渓谷美を楽しむことができるよう、歩道トンネルの建設が決定[2]1996年平成8年)10月1日に清津峡渓谷トンネルが開業した[2]

翌1997年度(平成9年度)の来訪者は16万人を超えたが、「トンネル内は退屈」という意見もあり、2004年(平成16年)の新潟県中越地震後に観光客数は10万人以下へと落ち込んだ。温泉街は1984年(昭和59年)の五九豪雪による雪崩被害も受けており、雪崩前に5軒あった旅館は3軒に減っていた。2018年(平成30年)に開かれた第7回大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ。中国出身の芸術家マ・ヤンソン(MADアーキテクツ)の作品「トンネル オブ ライト」として、出口近くが状に改修され(壁はステンレス板貼りで、床面には沢の水を湛えている)、渓谷の景色の映り込みが楽しめるようになった。これが話題を呼び、2017年度(平成29年度)に5万人台だった来訪者は、2019年度(平成31年/令和元年度)は中途で20万人に達した[1]

歴史[編集]

  • 500万年前のマグマ柱状節理になり、それが隆起と川の浸食により地上に顔を出し、さらに谷が深くなったことで清津峡ができたとされる[3]
  • 1862年文久2年) - 清津峡の入り口に温泉場が作られる[3]
  • 1941年昭和16年)4月23日 - 国の名勝および天然記念物に指定される[3]
  • 1949年(昭和24年)9月7日 - 上信越高原国立公園の一部に指定される[3]
  • 1984年(昭和59年)2月9日 - 大規模な雪崩が発生。温泉街を雪崩が襲い5人の犠牲者を出す。
  • 1988年(昭和63年)7月31日 - 峡谷内で男性客1人が落石で頭を打ち死亡する事故が発生。以降、遊歩道は通行禁止になる。
  • 1996年平成8年)10月1日 - 清津峡渓谷トンネルが開業する[2]
  • 2002年(平成14年)7月29日 - 清津峡上流に建設予定だった清津川ダムの計画が地元住民などの反対により中止となる。

交通[編集]

清津峡渓谷トンネル

清津峡渓谷トンネル[編集]

  • 所在地 : 新潟県十日町市小出
  • 全長 : 750m(往復1.5km)
  • 所要時間 : 往復約40~60分
  • エントランス施設を含め冬季休業あり[5]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 他の二つは黒部峡谷富山県)、大杉峡谷三重県)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 【ニッポン探景】清津峡渓谷トンネル(新潟県十日町市)万感映す 暗闇の先『読売新聞』土曜朝刊別刷り「よみほっと」2019年10月6日1面。
  2. ^ a b c d e 清津峡渓谷トンネルのご利用 - 清津峡.2019年4月7日閲覧。
  3. ^ a b c d 清津峡のご紹介 - 清津峡.2019年4月7日閲覧。
  4. ^ 十日町の清津峡 - 十日町市観光協会.2019年4月7日閲覧。
  5. ^ 清津峡十日町市観光サイト「とおかまち日和」(2019年10月27日閲覧)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]