牛伏川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牛伏川
フランス式階段工
フランス式階段工
水系 一級水系 信濃川
種別 一級河川
延長 9 km
平均流量 -- /s
流域面積 5.6 km²
水源 鉢伏山
水源の標高 1,670 m
河口・合流先 田川(長野県松本市
流域 日本の旗 日本 長野県
テンプレートを表示

牛伏川(うしぶせがわ)は、長野県松本市を流れる信濃川水系一級河川

地理[編集]

長野県松本市の南東部に位置する鉢伏山に源を発し、扇状地を作りながら農地や住宅地を流れ、松本市並柳田川合流する。活断層として注目されている牛伏寺断層(ごふくじだんそう)に沿っている。

名称について[編集]

正式な名称は「うしぶせがわ」であるが、流域の地元住民からは「ごふくがわ」または「ごふくじがわ(牛伏寺川)と呼ばれることがある。なお流域である並柳小学校の校歌にも「牛伏寺川」という歌詞が見られる[1]

また第1回松本検定で同川の名称を問われた問題において、ウィキペディアの記事が「ごふくがわ」となっていたため、全員正解の措置が取られた[2]

流域の自治体[編集]

長野県
松本市


脚注[編集]

  1. ^ http://www.city.matsumoto.nagano.jp/kurasi/kodomo/gimukyoiku/elementary_school/e_namiyanagi/kouka/index.html
  2. ^ 第88問

関連項目[編集]