中ノ口川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中ノ口川
Nakanokuchigawa Sluice.jpg
中ノ口川水門
水系 一級水系 信濃川
種別 一級河川
延長 31.852 km
流域面積 113.7[1] km²
流域 新潟県
テンプレートを表示
地図
信濃川(右)との合流部
中ノ口川を境に繰り広げられる白根大凧合戦

中ノ口川(なかのくちがわ)は、新潟県を流れる一級河川[1]。信濃川水系の分流であり、三条市尾崎で信濃川から分流し、新潟市西区善久で信濃川に合流する。

直江兼続が河道を整備したという伝説が残っている[2]。 それによると、中ノ口川は直江兼続が信濃川の自然流路を改修し治水工事を行い、かつて直江川(なおえがわ)とも呼ばれていたと伝えられている[3]

歴史[編集]

舟運[編集]

江戸時代より信濃川とともに舟運が発達し、沿川の白根大野などは河岸場町として賑わった[4]。明治期に入ると川蒸気船が運行されたが、大正期の大河津分水の開通により水位が低下して航行不能となり、これに代わる形で中ノ口電気鉄道(のちの新潟交通電車線)が川に並行して作られた[5]

橋梁[編集]

塩俵橋(2015年撮影)

下流より記載

河川施設[編集]

信濃川・中ノ口川分流点。上は中ノ口川水門、下は蒲原大堰(2011年、国土地理院撮影)。
  • 中ノ口川水門

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 主な河川事業(中ノ口川)”. 新潟県 新潟地域振興局 地域整備部. 2019年9月15日閲覧。
  2. ^ 中ノ口川 新潟市と天地人ゆかりの地(新潟市文化観光・スポーツ部 観光政策課)(2012年4月9日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  3. ^ 新潟・新潟市 下越地方の天地人ゆかりの地(近畿日本ツーリスト) - ウェイバックマシン(2009年8月12日アーカイブ分)
  4. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)ほか『中ノ口川』 - コトバンク
  5. ^ 新潟市のあゆみ pp.28-29 (PDF) - 新潟市
  6. ^ 新潟中央環状道路中ノ口工区新しい橋の名称が決定」『市報にいがた』、新潟市、2020年7月5日、 別冊1。
  7. ^ 市報にいがた 令和3年2月7日 2736号 4面”. 新潟市 (2021年2月7日). 2021年2月7日閲覧。
  8. ^ a b 新潟市地図情報サービス にいがたeマップ”. 新潟市. 2017年11月26日閲覧。
  9. ^ 宮口松也「河川内橋脚の鋼製函体による仮締切工法 ―北陸道 中之口川橋―」『技術情報誌『EXTEC』』第83巻、EHRF 財団法人高速道路調査会、2007年12月。
  10. ^ a b c 燕市ガイドマップ”. 燕市. 2017年11月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]