上條嘉門次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上條 嘉門次(かみじょう かもんじ、1847年11月21日弘化4年[1]10月14日) - 1917年大正6年[1]10月26日[2][3])は、上高地、山見廻り人夫、猟師をしていた人物。山案内人として有名になった[2][4]。没年を1918年[4]とする書籍もある。

来歴[編集]

信濃国安曇郡稲核村に、有馬又八の次男として生まれた[2]。12歳のとき、杣見習いとして上高地へ入り[4]、16歳~18歳のとき、松本藩の藩有林の見廻り人夫となる[2][4]。明治2年、23歳で杣職としてほぼ一人前になり、島々村の上條家に婿入りし、翌年長男嘉代吉をもうけた[5]。30歳を越えるころ明神池畔に小屋を建て、生活の中心に据えた。夏にイワナ、冬にカモシカクマなどを獲って生活した[4][6][2]

外からやってきた人に山案内を請われれば案内をした[2]。当時、当地の公式な地図はなかった[注釈 1][7]が、経験を案内し、滑落した人を背負って麓まで下りた[8][3]。45~46歳のとき、ウォルター・ウェストン夫妻を北アルプスへ案内した話で有名になった[2][4]。生活の姿としては、中心にあったのは猟師生活で[6][2]、ガイドのプロとして山を案内したグループは生涯で20組に満たないという[6]。明神池の畔に建てた小屋は、のちに嘉門次小屋と呼ばれることになった[2]安曇村島々で亡くなった[3]

前述のように本格的な活動はしなかったが小林喜作、内野常次郎といった山岳ガイドより畏敬される人物であった。ウェストンは嘉門次を「老練なる山岳人」と評した[2]

口癖は「山はネコのように歩け、石一つ落とすな」だったという[1]

また、参謀本部陸地測量部に徴発され、測量の仕事に協力している[9][6]

嘉門次小屋[編集]

嘉門次小屋の山小屋としての営業開始は、1925年(大正14年)息子嘉代吉の妻により、本格的な営業は、1966年(昭和40年)4代目の輝夫の代から、という。3代目の孫人は、山岳ガイドとして活動した[6]

嘉門次小屋は国の登録有形文化財に登録されている。

注釈[編集]

  1. ^ 陸地測量部による地図刊行は1913年(大正2年)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『山で死なないために』p.77。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『北アルプス博物誌 I 登山・民俗』p.42。
  3. ^ a b c 『北アルプス博物誌 I 登山・民俗』p.43。
  4. ^ a b c d e f 『北アルプス この百年』p.127。
  5. ^ 『山人のムラ』p.13
  6. ^ a b c d e 『北アルプス この百年』p.128。
  7. ^ 『黎明の北アルプス』p.166。
  8. ^ 『北アルプス博物誌 I 登山・民俗』p.44。
  9. ^ 『日本アルプス再訪』p.219

参考文献[編集]

外部リンク[編集]