高嶺朝教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高嶺 朝教(たかみね ちょうきょう、1869年2月6日(尚泰21年12月25日) - 1939年昭和14年)1月12日[1])は、沖縄県出身の実業家政治家。同県選出初の衆議院議員の一人。向氏高嶺家十一世[2]

経歴[編集]

首里山川村(現那覇市首里山川町)で、高嶺家十世・高嶺朝長の長男として生まれる[1][2]1882年に第1回県費留学生として上京し、学習院慶應義塾で学ぶ[1]

1893年9月、尚順太田朝敷らと協力して『琉球新報』を創刊[1]1900年尚家の出資を元に沖縄銀行の設立に参画して頭取に就任[1]1909年、第1回沖縄県会議員選挙に出馬して当選し、初代県会議長に就任[1]1912年5月、沖縄県最初の衆議院議員選挙(第11回総選挙)立憲政友会公認で出馬し、最高得票で当選[1][3]1914年8月1日、衆議院議員を辞職したが[4]、反政友会の大味久五郎沖縄県知事の干渉によるといわれている[1]

その他、首里市長沖縄電気取締役などを務めた[3]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『沖縄大百科事典』中巻、687-688頁。
  2. ^ a b 『沖縄門中大事典』187頁。
  3. ^ a b 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』384頁。
  4. ^ 『官報』第602号、大正3年8月3日。
  5. ^ 『沖縄大百科事典』中巻、688頁。

参考文献[編集]

  • 宮里朝光監修、那覇出版社編『沖縄門中大事典』那覇出版社、1998年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 沖縄大百科事典刊行事務局編『沖縄大百科事典』中巻、沖縄タイムス社、1983年。