中村功一 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 功一
なかむら こういち
生年月日 (1932-03-10) 1932年3月10日(90歳)
出生地 滋賀県八日市市(現・東近江市)
出身校 滋賀県立神愛高等学校(現・滋賀県立八日市高等学校
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2005年2月27日 - 2009年2月26日

滋賀県八日市市
当選回数 3回
在任期間 1994年 - 2005年2月10日
テンプレートを表示

中村 功一(なかむら こういち、1932年昭和7年)3月10日[1] - )は、日本政治家。元東近江市長(1期)、元八日市市長(3期)。

経歴[編集]

滋賀県八日市市(現・東近江市)出身。滋賀県立神愛高等学校(現・滋賀県立八日市高等学校)卒[2]。滋賀県庁に入り、企画部水政室長、県議会事務局長、農林部長などを経て[2]、八日市市助役となる[2]

1994年の八日市市長選挙に立候補して初当選、3期務めた[2]。3期目途中の2005年2月11日、八日市市は近隣4町と合併し「東近江市」が発足した。発足直後の東近江市長選挙に立候補し、元県議の西澤久夫を破り初当選した[3]。同市長は1期務め、2009年に引退。2015年に東近江市の名誉市民に選ばれた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『全国歴代知事・市長総覧』日外アソシエーツ、2022年、267頁。
  2. ^ a b c d 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』387頁。
  3. ^ 東近江市長選挙 - 2005年02月27日投票 | 滋賀県東近江市 | 選挙ドットコム
  4. ^ [1] 東近江市ホームページ 東近江市名誉市民

参考文献[編集]