中岡慎太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中岡 慎太郎
中岡慎太郎
中岡慎太郎(1866年)
生年 1838年5月6日
生地 日本の旗 土佐国
没年 (1867-12-12) 1867年12月12日(29歳没)
没地 日本の旗 京都
活動 倒幕運動
土佐藩脱藩
所属 陸援隊
受賞 正四位
京都霊山護国神社霊山墓地
靖国神社
テンプレートを表示
中岡慎太郎生家(復元)地図
円山公園坂本龍馬と中岡慎太郎像
(写真は戦後再建された2代目の像)

中岡 慎太郎(なかおか しんたろう、天保9年4月13日グレゴリオ暦1838年5月6日〉 - 慶応3年11月17日1867年12月12日〉)は、日本幕末志士陸援隊隊長。正四位1891年〈明治24年〉4月8日)。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

土佐国安芸郡北川郷柏木村(現在の高知県安芸郡北川村柏木)に北川郷の大庄屋・中岡小傳次と後妻ウシの長男として生まれた。は「道正」。通称ははじめ「福太郎(「福五郎」とも)」、「光次」、のち「慎太郎」。は「遠山」・「迂山」など。変名は「石川清之助(誠之助)」など。

安政元年(1854年)、間崎哲馬に従い経史を学び、翌年には武市瑞山(半平太)の道場に入門して剣術を学ぶ。安政4年(1857年)、野友村庄屋・利岡彦次郎の長女・兼(かね)15歳と結婚。文久元年(1861年)には武市が結成した土佐勤王党に加盟して、本格的に志士活動を展開し始める。

文久2年(1862年)、長州藩久坂玄瑞山県半蔵とともに、松代佐久間象山を訪ね、国防・政治改革について議論し、大いに意識を高める。

勤王党弾圧[編集]

文久2年(1862年)12月、土佐勤王党の間崎哲馬平井収二郎弘瀬健太が、青蓮院宮親王令旨を奉じ、土佐の藩政改革を企てる(青蓮院宮令旨事件)。江戸でこの事件を知った山内容堂は激怒し、間崎らを国許へ送還し、幽閉した。

文久3年(1863年)4月、土佐に帰国した容堂は、攘夷派の弾圧を開始する。まず、乾(板垣)退助平井善之丞小南五郎右衛門小笠原唯八ら、他藩士と交際し攘夷論を唱える上士たちを免職し、6月には先の青蓮院宮令旨事件の首謀者3名を切腹に処した。

京都で八月十八日の政変が起こると、弾圧はさらに激化し、武市瑞山島村衛吉久松喜代馬ら土佐勤王党の主立つ面々が投獄された。慎太郎も捕縛対象に含まれていたが、同志・足立行蔵から危機を知らされて脱藩し、辛くも窮地を脱した。

脱藩と亡命[編集]

土佐藩を脱藩した慎太郎は、同年9月、長州藩に亡命。以後、長州藩内で同じ境遇の脱藩志士たちのまとめ役となった。また、周防国三田尻都落ちしていた三条実美の随臣(衛士)となり、長州はじめ各地の志士たちとの重要な連絡役となった。

元治元年(1864年)、石川清之助を名乗り上洛。薩摩藩島津久光暗殺を画策したが果たせず、また、浪士部隊「忠勇隊」の一員として、禁門の変を長州側で戦い、負傷し、忠勇隊総督の真木和泉が自刃した後、和泉の弟・外記と共に総督を務めた。

『時勢論』を著す[編集]

慶応元年冬(1865年)、中岡は『時勢論』と題した政治論文を著し、日本国家としての展望と、土佐藩の執るべき指針を説く。以後、彼の政治論文は慶応2年(1866年)10月(「窃に知己に示す論」)、同年11月(「愚論 窃に知己に示す」)、慶応3年(1867年)夏(「時勢論」)の4回にわたって書かれ、後世、『時勢論』と総称された。

薩長同盟の締結[編集]

幕末では珍しい笑顔の写真。隣に女性がいると想定されているが、中岡の頬に当てられた手と膝にかかった着物を除いて塗りつぶされている。(1866年11月24日撮影)
中岡慎太郎寓居跡(京都市中京区四条河原町上ル・地図

下関戦争における長州藩の敗戦から、攘夷の無謀を悟った慎太郎は、開国による富国強兵論へ転じる。

また、禁門の変以降朝敵と定められ、幕府による再討(第二次長州征伐)が迫りつつあった長州藩の救援と、雄藩連合による国家の再建を実現するため、土佐浪士の土方久元らと共に、薩長同盟の実現を目指して周旋を開始する。

この動きに、長崎で亀山社中(後の海援隊)を結成した坂本龍馬なども賛同し、慶応2年1月21日(1866年3月2日)(あるいは22日(3日))、京都二本松薩摩藩邸(現在地・同志社大学)で薩長を和解させ、堀川通一条東の近衛家別邸(薩摩藩家老・小松清廉寓居/御花畑御屋敷)において薩長同盟を締結させた。

脱藩を許される[編集]

慶応3年2月(1867年3月)、龍馬と共に土佐藩から脱藩の罪を赦免された(ただし、身分は浪士のままで、藩籍復帰はしていない)。

薩土倒幕挙兵の密約[編集]

慶応3年(1867年)慎太郎は江戸の乾退助を京に呼び寄せ、5月18日(太陽暦6月20日)、京都東山の料亭「近安楼」で、乾、福岡藤次広島藩船越洋之助らと会見した[1]。さらに5月21日(太陽暦6月23日)、慎太郎は乾を薩摩西郷隆盛に会わせることにし、以下の手紙を書いた[2]

一筆拝呈仕候。先づ以て益々御壮榮に御坐成さらるる可く、恭賀たてまつり候。今日、午後、乾退助、同道御議論に罷り出で申したく、よっては大久保先生吉井先生方にも御都合候はば、御同会願いたてまつりたき内情に御座候。もつとも強いて御同会願いたてまつると申す訳には、御座なく候。何分にも御都合次第之御事と存じたてまつり候。尚又、今日、昼後の処、もし御不工面に候はば、何時にてもよろしき儀に御座候間、悪しからぬ様、願い上げたてまつり候。右のみ失敬ながら愚礼呈上、如比御座候、以上。

(慶応三年)五月廿一日  清之助[3] 再拝

(西郷)南洲先生[4] 玉机下

これにより、慎太郎は同日、京都(御花畑)の薩摩藩家老小松清廉寓居[5] で、土佐藩の谷干城毛利恭助らとともに薩摩藩の西郷吉之助(のちの隆盛)らと武力倒幕を議する事となった。

Takamori Saigo.jpg Komatu Tatewaki.jpg Nakaoka Shintaro 1866.jpg Tateki Tani.jpg Itagaki Taisuke young.jpg
小松帯刀(薩摩藩)
中岡慎太郎(土佐藩)
乾退助(土佐藩)

乾が後年、談話(『維新前後経歴談』)で語った内容によれば、彼は「私に三十日の日を假して呉れれば、土佐へ行って兵を募る。其兵を募ることが出来なかったら私は割腹する」と誓い、慎太郎もまた「私が西郷さんの所に人質に残って、乾の言うことが無になったら私が割腹する」と決意を述べたことで、西郷の信頼を得て、出兵(薩土密約)を約した[6]

ただし、近年の研究によれば、この出兵の約定は、乾や西郷らが個人の資格で結んだものであり、藩を代表した密約とはいえないとされる[7]

「薩土討幕之密約紀念碑」
密約が締結される前段階として京都東山の「近安楼」で会見がもたれたことを記念する石碑
京都市東山区(祇園)

薩土盟約の仲介[編集]

6月17日、土佐藩参政・後藤象二郎は、前土佐藩主・山内豊信に、幕府に自ら政権を返上させ、朝廷を中心とした新政府を樹立する大政奉還の構想を進言し、その実現のための建白運動の了承を得た(大政奉還は従来、坂本龍馬が後藤に献策したとされていたが、現在は、龍馬の献策書船中八策」は後世の創作であるとの説が有力であり[8]、龍馬がどの程度、立案に携わったかは不明)。

22日、慎太郎と龍馬の仲介によって、土佐藩の後藤象二郎、福岡孝弟真辺栄三郎寺村左膳の4名と、薩摩藩の小松帯刀西郷吉之助大久保一蔵の3名の在京重役が、京都三本木の料亭・吉田屋に一堂に会した。後藤ら土佐側はこの会合で、大政奉還の建白を推進していくことを説き、薩摩側もこれを了承し、両藩の提携が結ばれた(薩土盟約)。また、後藤は建白にあたって、土佐藩兵二大隊を率いて上洛し、将軍に圧力をかけることを薩摩側に約した[9]

研究者の家近良樹によれば、西郷らがこの土佐の方針を承認したのは、「万が一、将軍が政権を朝廷に返上して王政復古が実現すれば、それはそれでよい、反対に大政奉還運動が失敗すれば、武力倒幕に踏み切るうえで公然たる名目がたち、いずれにせよ、西郷らにとっては好都合なプランの提示だった」[10]からだと考えられるという。

一方、慎太郎と龍馬が仲介した理由については、会合の翌日23日、佐々木高行の日記『保古飛呂比』に彼らの考えが記されている。それによれば、慎太郎たちは、「これまで土佐藩は幾度も藩論を変えたため、薩摩藩は土佐への疑念を解いていない」「大政奉還を土佐藩が主張し、その主体となれば、薩摩藩も必ず信用するだろうし、薩長人も土佐が主体的な提案をすることを望んでいるだろう」と述べている[11]ように、運動の結果がどうあれ、まずは土佐藩が京都政局に自ら参加し、薩長からの信頼を得て、雄藩同士の提携が進むことを狙っていた。

また、慎太郎はこの前年の10月26日時点ですでに、『時勢論 二』(窃ニ示知己論)において、大政奉還の必要性を説いているように、必ずしも武力倒幕一辺倒ではなかった。

陸援隊結成[編集]

7月22日(太陽暦8月21日)、慎太郎は、土佐藩・大目付(大監察)本山只一郎へ書状を送った[12]

(前文欠)又、乍恐窃に拝察候得者、君上御上京之思食も被爲在哉に而、難有仕合に奉存候。然此度之事、御議論周旋而己に相止り候得者、再度上京の可然候得共、是より忽ち天下之大戰争と相成候儀、明々たる事に御座候。然れば、實は上京不被爲遊方宜敷樣相考申候。斯る大敵を引受、奇變之働を爲し候に、本陣を顧み候患御座候而は、少人數之我藩別而功を爲す事少かるべしと奉存候。

乍恐、猶名君英斷、先じて敵に臨まんと被爲思召候事なれば、無之上事にて、臣子壹人が生還する者有之間敷に付、何之異論可申上哉、只々敬服之次第也。此比長藩政府之議論を聞に、若(し)京師(に)事有ると聞かば、即日にても出兵せんと決せり。依て本末藩共、其内令を國中に布告せり。諸隊、之が爲めに先鋒を争ひ、弩を張るの勢也との事に御座候。
右者、私内存之處相認、御侍中、并(ならびに)、乾(退助)樣あたりへ差出候樣、佐々木(高行)樣より御氣付に付、如此御座候。誠恐頓首。
(慶應三年)七月廿二日、(石川)清之助。
本山(只一郎)樣玉机下。

匆々相認、思出し次第に而、何時も失敬奉恐謝候[13]

研究者の平尾道雄は、上記の書状について、「議論周旋も結構だが、しょせんは武器をとって立つ覚悟がなければ空論となろう。薩長の意気をもってすれば近日開戦は必至の勢であるから、容堂公の上京も、その覚悟がなければ中止した方がよろしい」と要約している[14]。先の薩土盟約を仲介し、大政奉還の推進に協力した慎太郎であったが、一方で、武力倒幕の可能性も視野に入れて動いており、この前年11月には、『時勢論 三』(愚論窃カニ知己ノ人ニ示ス)の中で、長州を手本にした軍制改革を、土佐の同志たちに向けて詳細に説いている。

慶応3年7月27日(1867年8月26日)、慎太郎は京都白川土佐藩邸に浪士たちを集め、陸援隊を組織し、自ら隊長となる。

9月22日、慎太郎は、土佐在国の同志・大石弥太郎(円)宛てに「兵談」と題した書状をしたため、より具体的な軍隊編成案を説いている。

薩土盟約解消[編集]

薩土盟約締結の翌月7月、長崎でイカルス号事件という外国人殺傷事件が発生した。海援隊が容疑者として目されたことから(冤罪)、後藤象二郎はこの処理にしばし忙殺され、上京することができなかった。

9月3日、後藤はようやく上京が叶い、大坂で西郷と会見したが、先の会合で約した土佐藩兵の出兵について、主君の山内容堂から許可を得ることはできなかった。長く待たせた上に、約束を守らず手ぶらでやってきた後藤に、西郷ら薩摩藩在京重役の失望ははなはだしく、薩土盟約は解消された(両藩の友好関係まで決裂したわけではない)。

以降、土佐藩に見切りをつけた薩摩藩は、自藩と長州藩・芸州藩の三藩による三都(京都・大坂・江戸)挙兵計画を企図し、武力行使によるクーデター(武力倒幕)を目指して動くこととなった。

この後藤の失態には、龍馬も大きく失望し、9月20日、木戸準一郎(桂小五郎、木戸孝允)に宛てた書状の中で、「失脚した後藤を土佐か長崎に左遷し、代わりに(強硬派の)乾退助を京に呼び寄せるべきか考えている」と述べている。また、龍馬はもはや大政奉還は潰えたと考えたのか、提携解消後、長崎で大量の小銃を買い込んでいる。このうち、京都へ送られた二百挺の小銃については、慎太郎率いる陸援隊のためのものではないかという説がある[15]

大政奉還成立[編集]

こうして一旦は潰えたかに見え大政奉還であったが、後日、急速な進展を見せる。9月20日、幕閣・永井尚志が、大政奉還建白書の提出を、内々に促してきたのである。

幕府側に、政権返上を検討する意思があると知った後藤象二郎は、10月2日に薩摩藩にも了承を取り付け、翌3日には建白書を提出した。

前述のように、慎太郎は早くから大政奉還の必要性を説き続けていたものの、同時に、現実的な手段として武力倒幕の準備を進めてきた。しかし、薩長芸三藩の挙兵計画が延期するなど、武力倒幕路線が停滞する中、大政奉還の建白書提出が実現されたことを知ると、これに歓喜し、10月3日の本山只一郎宛ての書状で、「これ以上ない良策であり、(大政奉還実現のために)必死の覚悟で尽力していく心得にございます」と述べている。

10月9日、永井は後藤に、建白書を採用するとの内報を告げた。

そして13日、徳川慶喜は二条城に、在京諸藩の重臣たちを集め、大政奉還を表明(幕臣たちには前日に内示)。翌14日に上表文を朝廷へ提出し、15日に受諾された。

暗殺[編集]

霊山護国神社にある中岡慎太郎の墓
(右側、左は坂本龍馬の墓)
中岡慎太郎遺髪埋葬地(北川村)

11月15日(太陽暦12月10日)、京都四条の近江屋に坂本龍馬を訪問中、何者かに襲撃され瀕死となる(近江屋事件)。龍馬は即死ないし翌日未明に息絶えたが、慎太郎は二日間生き延び、暗殺犯の襲撃の様子について谷干城などに詳細に語った。また、陸援隊の香川敬三に対して「岩倉卿(具視)に、王政復古はひとえに卿の御力にかかっていると、伝言を頼む」と言葉を託した。2日後の11月17日に死去。享年30。

墓所

墓所は、京都府京都市東山区京都霊山護国神社内の霊山墓所(中腹)にあり、同時に襲撃をされ亡くなった坂本龍馬と並んで建てられ、左下には土佐藩招魂社がある。墓石脇には顕彰碑と手水場があり、円山公園に建てられた銅像の原型となる銅像が建てられている。また故郷、高知の北川村の中岡家歴代墓所には「中岡慎太郎の遺髪塚」がある。

死後の影響[編集]

天満屋事件[編集]

中岡慎太郎の死後、海援隊士らは犯人をいろは丸沈没事故で多額の賠償金を支払わされた紀州藩であると考え、慶応3年12月7日(1868年1月1日)、海援隊陸援隊士ら総勢16名(15名とも)が、紀州藩士・三浦休太郎を襲撃し、警護に当たっていた新選組と戦った(天満屋事件)。

高野山挙兵[編集]

天満屋事件の翌日にあたる、慶応3年12月8日(1868年1月2日)、陸援隊は岩倉具視から「鷲尾隆聚を擁して高野山で挙兵し紀州藩に対抗するよう」密命を受け[16]慶応3年12月12日(1868年1月6日)、陸援隊士らが侍従鷲尾隆聚を奉じて高野山で挙兵(高野山挙兵)。紀州藩を恭順させ、戊辰戦争が始まると、転戦して奥州追討軍に加わった[16]

薩土密約の履行[編集]

中岡慎太郎は11月17日に死去したが、中岡が奔走し締結させた薩土密約が、その後の土佐藩の将来を決定づけることとなる。慶応3年12月(1867年12月下旬~1868年1月上旬)、武力倒幕論を主張し、大政奉還論に反対して失脚した乾退助を残して土佐藩兵が上洛。同12月28日(1868年1月22日)、土佐藩・山田平左衛門吉松速之助らが伏見の警固につくと、薩摩藩・西郷隆盛は土佐藩士・谷干城へ薩長芸の三藩へは既に倒幕の勅命が下ったことを示し、薩土密約に基づき、乾退助を大将として国元の土佐藩兵を上洛させ参戦することを促した。谷は大仏智積院の土州本陣に戻って、執政・山内隼人(深尾茂延深尾成質の弟)に報告。

慶応4年1月1日(1868年1月25日)、谷は下横目・森脇唯一郎を伴って京を出立。1月3日(太陽暦1月27日)、鳥羽伏見で戦闘が始まり、1月4日(太陽暦1月28日)、山田隊、吉松隊、山地元治北村重頼二川元助らは藩命を待たず、薩土密約を履行して参戦。1月6日(太陽暦1月30日)、谷が土佐に到着。1月8日(太陽暦2月1日)、乾退助の失脚が解かれ、1月13日(太陽暦2月6日)、深尾成質を総督、乾退助を大隊司令として迅衝隊を編成し土佐を出陣、戊辰戦争に参戦した[12]

鳥羽・伏見の戦い[編集]

鳥羽・伏見の戦いが始まると、山内容堂は在京の土佐藩兵に「此度の戦闘は薩摩・長州と会津・桑名の私闘であると解するゆえ、何分の沙汰ある迄は、此度の戦闘に手出しすることを厳禁す[12]」と告ぐが、土佐藩兵は薩土密約に基づき独断で戦闘に参加し、慶応4年1月7日(1868年1月31日)、徳川慶喜が「朝敵」として討伐の勅が下るや、翌1月8日(太陽暦2月1日)には乾の謹慎が解かれ、1月9日(太陽暦2月2日)、迅衝隊の大司令に任ぜられる。同1月13日(太陽暦2月6日)土佐を出陣し、高松藩伊予松山藩を帰順させて上洛を果たす。京都に到着した乾の率いる迅衝隊は、先の伏見の戦いでの土佐藩士の参戦者と合流し、隊の編成を組み直し、乾が総督を兼任して、戊辰戦争で東征の途についた。

土佐藩が初戦より戊辰戦争に参戦し、錦の御旗を下され、戦争で勝利を収め、その後の国会開設などを含めた近代日本国家を形成する契機を作ったのは、ひとえに中岡慎太郎の盡力によるものである[17]

系譜[編集]

  • 中岡氏の藤原氏家紋は「丸に綿の実」。中岡家は名字帯刀を許された大庄屋で、土佐藩では庄屋は転勤の制度があったため、中岡氏の発祥は北川村(柏木村)ではなく、同家が北川郷14ヶ村の大庄屋に赴任したのは、慎太郎の祖父・要七の代からである。そのため、要七以前の中岡家の先祖代々の墓は高知県内の各所に点在していたが、現在は移されて北川村にある。

※実線は実子、点線は養子

 
前代略
 
 
 
 
 
 
 
要七
(5代目)
 
 
 
 
 
 
 
 
ウシ
 
小傳次
(6代目)
 
先妻
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
慎太郎かつ
 
源平照久
(7代目)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
照行照行
 
 
 
 
 
 

(女子)
 
 
 
 
 
 

(女子)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(女子)
 

実姉の夫 川島総次の末裔に劇団ひとりがいる。

銅像[編集]

銅像

評価[編集]

  • 西郷隆盛
    • 「倶に語るべき一種の人物なり」
    • 「節義の士なり」
  • 岩倉具視 「誼を条公(三条実美)に通じ、交を西郷、木戸、広沢、品川、五子に結びたるは中岡、坂本、二子の恵みなり」
  • 坂本龍馬 「我中岡と事を謀る往々論旨相協はざるを憂う。然れども之と謀らざれば、また他に謀るべきものなし」
  • 板垣退助 「中岡慎太郎という男は本当に立派で西郷、木戸らと肩を並べて参議になるだけの智略と人格を備えていた」
  • 佐久間象山 「土州藩の使者(中岡)は頗る頑固な人で、これを辞したら殆ど刺違へぬばかりに議論をした」
  • 土方久元 「至誠剛直の真丈夫であって、一頭地を抜ておった」[20]
  • 三宅謙四郎 「中岡は予と同年か一つ兄か位の人にて身丈も予と同様、五尺ばかりの男なりき。予と頗る馬合いにて極めて親密にしたり。剣は予と同じく武市先生に学びたるも、余り熱心にてもなく、どちらかといえば文学の人なりしが、それかといいて学問も深邃なりしとはいい難し。平生、大の議論好きなり。その風貌、写真の伝うのごとし。似たりとは愚か全くその儘なり。ただし眼光炯々として蒼鷹の羽ばたかんとするがごとき感なるも、実際の人となりは温和にして色白く、声音も尋常なりき」
  • 早川勇
    • 「其誠心可感、其達見可嘉」
    • 「薩長和解は、坂本龍馬が仕遂げたというも過言ではないが、私は内実の功労は中岡慎太郎が多いと思う。中岡は、高杉がまだ長州の内訌を回復せぬ前、四境には兵がかこんでおる。ことに遊撃隊に身をおいて、その苦心は一方ならぬものがあった。坂本は私どもが五卿を迎えて国に帰った後に来た人であるから、どれだけ功労があったかは知らぬが、私は中岡の功労はよく知っている」
    • 「長州における坂本と中岡の周旋を見るに、はでなことは坂本に属するが、中岡はどうかというに、この人ほど苦心した者はないと思う」
  • 大江卓
    • 「元来、土佐の王政復古論の筆頭は坂本龍馬だということになってはいるが、或は中岡慎太郎の方ではないかと自分は思っている。一寸ここで坂本と中岡の人物を評して見るなれば、中岡は後の板垣(退助)、坂本は後藤(象二郎)という形である。中岡坂本両人共に(武市)瑞山の後継で二重鎮であった。ちょうど長州を例にとっていえば、松蔭門下の久坂玄瑞、高杉東行というところである。人物の風格も似ていないではない」
    • 「中岡は台閣の器であり、坂本は広野の猛獣であった。一は宰相の風があり、一は豪傑の面影があった。此の二人を土佐が早くも失ったのは返す返すも惜しいことをしたものである」
  • 尾崎旦爾(熊吉) 「才略と胆力と人格を有し、而して彼の如く刻苦し、彼の如く忍従し、克く結び、克く尽し、回天の大業を空挙に築き、維新の元勲として功績最も多く、稀世の英傑なり」
  • 川北茂馬 「中岡先生は背筋をピンと伸ばして、はるかむこうに目をやり、両手を大きく振りながら、すっ、すっと歩く人であった。えろうなる人は、子供の時から違うちょったぞ」
  • 楢崎龍 「面白い人で、私を見ると『お龍さん、僕の顔に何か附いていますか』などと、何時もでがうて居りました」
  • 縫 「中岡先生はひとときも無駄という時間のない人じゃった」「秋の刈入れの時、先生は所用から夕方烏ヶ森を越えて帰ってくると、百姓たちが稲の取り入れに追われている。先生は家に帰り着くなり稲ざすを持って、すっと手伝いにくるといった人じゃった」
  • 山本左右吉妻女 「中岡さんは大変足の早い人で、私の所にかくれて居た時にも『ちょっとそこで煙草を買うて来る』と言って、夕食を済まして出たまま、幾ら経っても戻って来なかったから、如何したかと心配していると程経て手紙が来て、それによると何でもその夜のうちに十八里歩いて、脱藩したという事で、皆驚きました」[21]
  • 田中光顕
    • 「中岡氏は東群の大里正なり。その在群にあるや郷民皆その徳に伏す。其人となり深沈にして胆力あり。当時土州脱藩士五六十在せりと雖も、恐らくはその巨魁なるべし」
    • 「中岡を以て策士と見做すは誤っている。彼は西郷南州と其型を一にする君子人であった」
    • 「非常に真面目な男であっただけに、坂本が大ビラにお龍を連れて歩いたのに比し、彼は極めて秘密の裡に閑日月を楽しんだものである」
    • 「何時か一人で外出して帰ってきて『今日、祇園で湯に入ったが、素的な代物が一緒に入っていて僕は湯から出られなくて困った』という笑い話をしたことがあった。中岡は大体謹厳な人であったけれども、一方のこともなかなか剛の者であった」
    • 「中岡先生は坂本先生と終始仕事を一緒に致しましたけれども、坂本先生の名が最も広く世界に伝わって居ります。しかし、私は其の識見に於て、其の手腕に於て、中岡先生の方が遥かに優って居ったと思います。維新の原動力が三条、岩倉両公にあることを達観して、両公を握手させたのも先生であります。坂本、後藤に先だって政権を朝廷に奉還せねばならんと言う意見を唱道したのも先生であります。こう言う活眼の人が維新後まで生残って居たなら、吾々土佐人の肩身も一層広かったであろうと誠に遺憾に堪えないのであります」
    • 「先生は弁舌さわやかで、剣をもって坂本龍馬より上であったろう。障害になる人物が現れると、先生が行けば一時間の猶予も必要でなかった。一時間以内に意のままに説き伏せて帰って来た」
    • 「頗る真面目な人で即ち精神家であった。精神家であるだけ、なかなか神経質な所があって、一時は脳を悪くし養生かたがた水戸の住谷寅之介を訪ねたり、信州に佐久間象山を訪ねたりした。品行なども絶対に酒色を遠ざけるという程に融通の利かぬ男ではなく、終始その起居を共にした自分としては天機漏らす可らざる事も知って居るが、大体に於いて謹厳な男で、その性格がよく西郷に似ていた。中岡は何時も西郷の人物を推賞し、西郷もまた中岡を賞賛して居た」

逸話[編集]

  • 生誕の地である高知県安芸郡北川村柏木地区に「中岡慎太郎館」が建てられ、生家も復元・保存されている。土佐くろしお鉄道阿佐線(ごめん・なはり線)奈半利駅より北川村営バスで約20分。近隣には、幼少時代、慎太郎が奈半利川に飛び込みをして遊んだ崖や、村外の私塾や田野学館に通った山越えの道など(「向学の道」)、彼の生い立ちにまつわる跡が多い。
  • 近江屋坂本龍馬と一緒に襲われたが、彼は即死せず二日間生き延びて、刺客が「こなくそ」(四国方言)と言いながら襲ってきたと話している。また、焼飯(焼きおにぎり)を食べたいとも話したらしい。
  • 今日賎しいものが、明日には貴いかもしれない。小人か君子かは、人の心の中にある」という言葉を残している。
  • 慎太郎はかつて、板垣退助を斬ろうとしたことがあったが、果たせなかった。その後、退助と対面する機会があり、「君は以前、京都で私を斬ろうとしただろう」という退助の問いに対し、はじめ、慎太郎はしらを切ったが「中岡慎太郎は男児にあらずや、なんぞその実を直白せざる」と迫られたため、「いかにも、あなたを斬ろうとした」と正直に打ち明けたことをきっかけに、互いに胸襟を開き、昵懇になったという[22]
  • 親しかった高杉晋作とは、漢詩好きという共通点があり、互いに詩を通じて交流を深めた。第二次長州征伐(四境戦争、幕長戦争)の直前にも、晋作は慎太郎に自作の詩を贈っている。
  • 高杉晋作、太田民吉(本名・広田精一。宇都宮浪士)と共に、島津久光の暗殺を企てたことがあったが、未遂に終わった。後年、薩長同盟が成立すると、慎太郎は薩摩へおもむき、久光との対面を果たしているが、当然ながら、かつての暗殺計画について明かした形跡はない。
  • おりょうの談話によれば、坂本龍馬ら土佐浪士の、京都における隠れ家だった、大仏南・河原屋五兵衛の隠居所(下京区塩小路町、現在は「土佐志士寓居跡」の碑がある)に、慎太郎も出入りしていたという。この隠れ家は、「池田屋事件」の残党狩りで幕吏に踏み込まれたが、慎太郎や龍馬は在しておらず、難を逃れた。
  • 第一次長州征伐」において、長州が要求された降伏条件の一つに、「三条実美五卿の身柄を、長州藩外に移す」というものがあった。この実施に際し、慎太郎は長州側の代表として、五卿の受け入れ先である太宰府を管理する福岡藩や、仲介を務める薩摩藩との交渉を行った。また、この交渉過程で、西郷隆盛と初めて対面した。
  • 自著『時勢論』の中で、西郷隆盛高杉晋作久坂玄瑞桂小五郎について、人物評を残している。
  • 薩長連合薩土密約大政奉還は、テレビドラマや歴史小説などフィクションの世界では坂本龍馬が中心に描かれているものが多いが、歴史研究者の立場からは、史実ではその発想や行動において中岡が真の立役者であったとする意見が多い。
  • 2000年にアメリカで発行された『JAPAN』という日本を紹介する本では、何故か坂本龍馬の銅像として室戸の中岡の銅像が紹介されている。
  • 中岡の故郷の北川村では、飢饉から塩に困窮した村の農民らのために、その知らせを受けて江戸から帰郷し、塩の代用として使おうと奔走した村民思いの中岡が柚子の生産に貢献したものの、あえなくも柚子の性質上に無理が出たため、北川村は柚子の生産と収穫するのを一時的に中止したが、昭和後半期を迎えた機に再開された。今や高知県は柚子の生産量が日本の半分を占める日本一屈指の割合となり、柚子の消費を高める観光PRとして暗殺された中岡を弔うかのように10月の下旬頃で「慎太郎とゆずの郷祭」が開催されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『行行日記』中岡慎太郎筆記
  2. ^ 『板垣退助君傳記』宇田朋猪編
  3. ^ 「石川清之助」は中岡慎太郎の変名。
  4. ^ 西郷隆盛のこと。
  5. ^ 室町通り鞍馬口下る西入森之木町462附近
  6. ^ 板垣退助談話『維新前後経歴談』(維新史料編纂会講演速記録)”. 2022年3月14日閲覧。
  7. ^ 中元崇智 『板垣退助 自由民権指導者の実像』中央公論新社、2020年、18頁。 
  8. ^ 知野文哉 『「坂本龍馬」の誕生』人文書院、2013年。 
  9. ^ 家近良樹 『酔鯨 山内容堂の軌跡 土佐から見た幕末史』講談社、2021年、365頁。 
  10. ^ 家近良樹 『酔鯨 山内容堂の軌跡 土佐から見た幕末史』講談社、2021年、361頁。 
  11. ^ 桐野作人 『龍馬暗殺』吉川弘文館、2018年、104-105頁。 
  12. ^ a b c 『板垣退助君戊辰戦略』上田仙吉編、明治15年刊(一般社団法人板垣退助先生顕彰会再編復刻)
  13. ^ 『保古飛呂比』佐々木高行筆、『維新土佐勤王史』瑞山會、『中岡慎太郎』尾崎卓爾著より)
  14. ^ 平尾道雄『陸援隊始末記』
  15. ^ 桐野作人 『龍馬暗殺』吉川弘文館、2018年、120-121頁。 
  16. ^ a b 『幕末諸隊100』三才ブックス
  17. ^ 『薩土討幕之密約紀念碑除幕式祭文』より
  18. ^ 中岡慎太郎銅像 - 高知県立坂本龍馬記念館、2016年4月4日閲覧。
  19. ^ 龍馬の小箱(9) 龍馬の銅像 - 創造広場「アクトランド」、2016年4月4日閲覧。
  20. ^ 『坂本中岡両先生五十年祭記念講演集』
  21. ^ 『中岡慎太郎』尾崎卓爾著、大正15年
  22. ^ 瑞山會『維新土佐勤王史』

全集[編集]

伝記[編集]

  • 尾崎卓爾『中岡慎太郎』(1926年
  • 尾崎卓爾『中岡慎太郎先生』(1927年/復刻版、マツノ書店、2010年
  • 平尾道雄『中岡慎太郎 陸援隊始末記』(中公文庫、1977年、新版2010年)
  • 宮地佐一郎『中岡慎太郎』(PHP研究所、1992年)
  • 宮地佐一郎『中岡慎太郎 維新の周旋家』(中公新書、1993年)
  • 松岡司『中岡慎太郎伝 大輪の回天』(新人物往来社、1999年)
  • 松岡司『中岡慎太郎 龍馬と散った男の生涯』(新人物往来社、2010年)

関連作品[編集]

中岡慎太郎が主人公と登場した作品

小説
映画
テレビドラマ
NHK大河ドラマ
ゲーム
アニメ
漫画

参考文献[編集]

外部リンク[編集]