家近良樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
家近 良樹
(いえちか よしき)
人物情報
生誕 1950年3月
学問
時代 昭和 - 平成
活動地域 大分県
学派 同志社大学大学院文学研究科博士課程文化史学専攻(単位取得満期退学)、中央大学博士(史学)
研究分野 日本近代政治史、近代日本家族史
研究機関 大阪経済大学経済学部経済学科
特筆すべき概念 一会桑政権
学会 日本歴史学会明治維新史学会歴史文化学会
テンプレートを表示

家近 良樹(いえちか よしき、 1950年(昭和25年)3月 - )は、日本歴史学者大阪経済大学経済学部教授。専門は日本近代政治史、特に幕末史

略歴[編集]

大分県出身。1973年(昭和48年)に同志社大学文学部を卒業し、1982年(昭和57年)に同大学院文学研究科博士課程文化史学専攻を卒業(単位取得満期退学)。1997年「幕末政治と倒幕運動」で中央大学博士(史学)。大阪経済大学講師、助教授を経て、大阪経済大学経済学部教授。

一会桑政権[編集]

幕末期の政治状況は従来の薩長と幕府との対立というだけでは説明できないとして、家近は「一会桑政権」と呼ばれる歴史概念を主張している。「一会桑」とはそれぞれ「一」=一橋慶喜、「会」=会津藩主・松平容保、「桑」=桑名藩主・松平定敬のことをさす。従来の薩長史観では見過ごされがちだが、この三者が幕末において果たした役割の再評価を主張している。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『幕末政治と倒幕運動』吉川弘文館、1995年。ISBN 4-642-03324-6オンデマンド版、2013年
  • 『浦上キリシタン流配事件 キリスト教解禁への道』吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー〉、1998年。ISBN 4-642-05434-0 - 文献あり。
  • 『孝明天皇と「一会桑」 幕末・維新の新視点』文藝春秋文春新書〉、2002年。ISBN 4-16-660221-7 - 文献あり。
  • 『徳川慶喜』吉川弘文館〈幕末維新の個性 1〉、2004年。ISBN 4-642-06281-5 - 文献あり。
  • 『その後の慶喜 大正まで生きた将軍』講談社選書メチエ、2005年。ISBN 4-06-258320-8 - 文献あり。
  • 『幕末の朝廷 若き孝明帝と鷹司関白』中央公論新社〈中公叢書〉、2007年。ISBN 978-4-12-003883-9 - 年表あり。
  • 『西郷隆盛と幕末維新の政局 体調不良問題から見た薩長同盟・征韓論政変』ミネルヴァ書房〈大阪経済大学日本経済史研究所研究叢書〉、2011年。ISBN 978-4-623-06006-1
  • 『徳川慶喜』 吉川弘文館〈人物叢書〉、2014年
  • 『老いと病でみる幕末維新 人はどのように生きてきたか』 人文書院、2014年
  • 『ある豪農一家の近代 幕末・明治・大正を生きた杉田家』 講談社選書メチエ、2015年
  • 西郷隆盛 人を相手にせず、天を相手にせよ』 ミネルヴァ書房日本評伝選〉、2017年
  • 『西郷隆盛 維新150年目の真実』NHK出版新書、2017年

編著[編集]

  • 『稽徴録(ケイチョウロク) 京都守護職時代の会津藩史料』家近良樹 編、思文閣出版〈大阪経済大学日本経済史研究所史料叢書 第3冊〉、1999年3月。ISBN 4-7842-0994-8
  • 『幕政改革』家近良樹 編、吉川弘文館〈幕末維新論集3〉、2001年2月1日。ISBN 4-642-03723-3
  • 『もうひとつの明治維新 幕末史の再検討』家近良樹 編、有志舎〈大阪経済大学日本経済史研究所研究叢書 第16冊〉、2006年10月。ISBN 4-903426-05-X
  • 『杉田定一関係文書史料集』第1巻、家近良樹・飯塚一幸共編、大阪経済大学日本経済史研究所〈大阪経済大学日本経済史研究所史料叢書 第8冊〉、2010年3月。
  • 『杉田定一関係文書史料集』第2巻、家近良樹・飯塚一幸共編、大阪経済大学日本経済史研究所〈大阪経済大学日本経済史研究所史料叢書 第9冊〉、2013年3月。

共著[編集]

  • 家近良樹「幕末史再考―ペリー来航は何故瞬時に大騒動となったのか―」『経済史再考 日本経済史研究所開所70周年記念論文集』徳永光俊本多三郎編、大阪経済大学日本経済史研究所(出版) 思文閣出版(製作・発売)、2003年5月。ISBN 4-7842-1153-5

解説[編集]

  • 家近良樹「解説」『王政復古への道』原口清著作集編集委員会 編、原口清、岩田書院〈原口清著作集2〉、2007年9月。ISBN 978-4-87294-477-8

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]