鈴ノ木ユウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずのき ゆう
鈴ノ木 ユウ
本名 鈴木 祐樹
生誕 (1973-09-04) 1973年9月4日(45歳)
日本の旗 日本山梨県甲府市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家シンガーソングライター
活動期間 2010年 -
代表作 コウノドリ
受賞 第52回ちばてつや賞準入賞
第57回ちばてつや賞入賞
第40回講談社漫画賞一般部門
公式サイト 鈴ノ木ユウ Official Web Site
テンプレートを表示

鈴ノ木 ユウ(すずのき ユウ、1973年9月4日[1][2] - )は、日本男性漫画家シンガーソングライター、同人作家。

音楽活動時は本名の鈴木 祐樹(すずき ゆうき)で活動していた。Spring Bellのメンバー。妻はみみずくず林レイナ東京都中野区在住。

同じく漫画家のなかむらみつのりは高校時代の友人[3]

概要[編集]

1973年9月4日山梨県甲府市にて中華料理屋の長男として生まれる[2][4][5]

1980年、友人から借りたゆでたまごの『キン肉マン』に衝撃を受け、1981年頃から模写を始める[1]

1989年に小山ゆう吉田聡に影響を受けて同人作家として同人誌作成し、コミケにて頒布するも振るわず、いったん筆を置くことになった[1][6]

その後、7歳ごろから実家の手伝いにて鍛えられた右手を生かしてミュージシャンを目指す。東海大学教養学部芸術学科卒業後に事務所と契約し、ミュージシャンとして活動[1]。Bambi、Spring Bell、POWDER、Bellboroとバンド活動やソロ活動を展開したが、2006年に友人の漫画家であるたまちゆきの勧めで漫画家を目指した[1][2][4][5]2007年、この時に描いた『東京フォークマン/都会の月』を『モーニング』の第52回ちばてつや賞に応募し、準入賞[7][1][4][5]

この後、2008年に妻に妊娠したことを告げられ、安定した収入を得るために2つのバイトを掛け持ちで始めたため、一時的に出版社と疎遠になる[7][1]2009年に一児をもうけ、「このままお父さんになったら、すごく疲れるな」という思いからバイトを1つに減らし、再度漫画を描いていくこととなった[7]

その後、2010年に第57回ちばてつや賞に『えびチャーハン』が入賞し、『モーニング』2011年31号にてデビュー[4][5]。翌2011年には『モーニング』にて『おれ達のメロディ』を短期集中連載[5]2012年8月に『モーニング』にて短期集中連載された『コウノドリ』が好評であったため、2013年の春より連載開始[4][5]

2014年2月17日日本テレビのテレビ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』内で『コウノドリ』の1エピソードが実写ドラマ化され[8]主人公・鴻鳥サクラを河相我聞が演じた。

2015年10月から『コウノドリ』が実写テレビドラマ化された。

2016年3月30日、甲府大使に委嘱された[4]

2016年5月16日、『コウノドリ』で第40回講談社漫画賞・一般部門受賞[9]した。

2017年9月21日発売の「コウノドリ 命がうまれる現場から」のイラストを、同年10月13日発売の「サクラ先生が教える! コウノドリ 妊娠・出産 Q&Aブック」の絵を担当した。

作品[編集]

  • 東京フォークマン/都会の月 - 第52回ちばてつや賞準入賞作
  • えびチャーハン(『モーニング』、2010年31号) - 第57回ちばてつや賞入賞、デビュー作
  • おれ達のメロディ(『モーニング』、2011年22・23合併号 - 2011年29号)
  • コウノドリ (『モーニング』、2012年35号 - 連載中、既刊24巻) - 2008年に妻の出産に立会い、感動。これを伝える使命を感じ、漫画化を企図する[2]。なお担当医がたまたまジャズピアニストであったため、その人物が主人公のモデルとなっている[2]

ディスコグラフィ[編集]

  • Rainbow Fish(Spring Bell、2001年5月18日)
  • SMOKY SMOKY(Spring Bell、2002年8月9日)
  • WONDER6(Bambi,BIKEMEN,Spring Bell、2002年8月9日)
  • 青春リアル(POWDER、2005年10月7日)
  • AIR 1(Spring Bell)
  • AIR 2(Spring Bell)

※他、CD-Rでリリース多数。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Profile”. 鈴ノ木ユウ Official Web Site (2014年7月16日). 2016年6月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e “コウノドリ 鈴ノ木 ユウ さんに 教えてもらおう マンガでゼミナール 25”. 京都新聞: pp. 朝刊 p.9. (2014年8月16日) 
  3. ^ モーニング』2015年16号より。
  4. ^ a b c d e f 甲府大使 鈴ノ木ユウ プロフィール詳細 (PDF)” (日本語). 都市戦略室シティプロモーション課政策情報係. 甲府市 (2016年6月21日). 2016年6月25日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 『コウノドリ』鈴ノ木ユウ特別インタビュー|コミックプラススペシャルサイト”. 講談社コミックプラス. 講談社 (2015年10月23日). 2016年6月25日閲覧。
  6. ^ ...中学、高校時代、ロックンロールと吉田聡の絵にずっと憧れてた。...”. Twitter (2016年2月17日). 2016年6月25日閲覧。
  7. ^ a b c すべての子の誕生は「奇跡」であり「おめでとう」『コウノドリ』作者・鈴ノ木ユウさん”. 出産準備サイト. ミキハウス (2014年5月21日). 2016年6月25日閲覧。
  8. ^ “鈴ノ木ユウ「コウノドリ」が「深イイ話」内で実写ドラマ化”. ナタリー (コミックナタリー). (2014年2月14日). http://natalie.mu/comic/news/109897 2014年7月8日閲覧。 
  9. ^ “講談社漫画賞が決定!DAYS、私がモテてどうすんだ、コウノドリが受賞”. コミックナタリー. (2016年5月16日). http://natalie.mu/comic/news/187384 2016年5月17日閲覧。 

外部リンク[編集]