川島総次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川島 総次(かわしま そうじ、文政8年(1825年) - 元治元年9月5日1864年10月5日[1])は、尊王攘夷運動家。友利[2]。贈従五位。野根山二十三士の一人で、最も年長者だった[2]。お笑いタレントの劇団ひとり(本名・川島省吾)は子孫(来孫)にあたる。

経歴・人物[編集]

本籍・土佐国安芸郡佐喜浜村で、父の名は七五郎である[2]。家は代々野根山岩佐の番士だった[2]1864年(元治元年)、清岡道之助を首領とする野根山屯集に参加して捕らえられ、同年9月5日に刑死。墓は高知県安芸郡田野町の福田寺にある。人柄は温厚寡言で、人と事を争わなかった[2]

家族・親族[編集]

川島家

土佐国安芸郡佐喜浜村(現在の高知県室戸市佐喜浜町)、長岡郡田井村(現在の土佐郡土佐町)、高知市

長岡郡田井村に居住した[2]
1869年 - 1937年
劇団ひとりは「27、28歳のころ、両親とプライベートで高知を訪れた時に、安芸郡田野町にある二十三士の墓にも足を運んだことがある。」と述べている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『明治維新人名辞典』307頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『二十三士』58-59頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年5月23日閲覧。
  3. ^ 『人事興信録 第9版』カ149頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年5月23日閲覧。
  4. ^ a b “ルーツを語る「勝手ですけど…高知は第二の古里」”. 高知新聞 (高知新聞社). (2017年1月1日). http://www.kochinews.co.jp/article/71148/ 2017年4月1日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 中野浩気『二十三士』中野浩気、1907年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。