岩村透

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩村 透(いわむら とおる、明治3年1月25日1870年2月25日) - 大正6年(1917年8月17日)は明治後期から大正期にかけて活躍した美術評論家東京美術学校教授。

経歴[編集]

東京小石川区生まれ。岩村家は土佐藩家老(宿毛領主)伊賀家の家臣で、父・岩村高俊は後に佐賀県令愛媛県令福岡県知事貴族院議員などを務め、男爵となった。

透は慶應義塾幼稚舎、同人社(中村正直の塾)、東京英和学校(後の青山学院)と進むが中途退学。1888年アメリカに渡り、ニューヨークで絵画を学んだ。この頃アメリカに本多庸一もいてお互いに親交を深めた。1891年ロンドンパリと移り、パリ滞在中に黒田清輝らと交友を持った。1892年イタリア各地の美術を見て回った後、帰国。

1893年、母校・東京英和学校の英語教師となった。1894年、明治美術学校で西洋美術史を講義。1896年黒田清輝が創立した白馬会に参加した。

1899年東京美術学校の講師となり西洋美術史を担当(小倉に赴任した森鴎外の後任)、1903年教授に就任。この間、1900年パリ万博を見学、「巴里の美術学生」(1901年)を新聞連載した。1904年セントルイス万博では美術部審査官を務め、アメリカからヨーロッパ諸国を訪問。1906年に父が亡くなると男爵位を襲爵した。1910年以降、森鴎外の勧めにより慶應義塾で西洋美術史を講義した。

白馬会解散後、1913年には国民美術協会(初代会頭は建築家・中條精一郎)の設立に尽力した。1914年、美術学校を休職し、私費でヨーロッパに4回目の外遊。このときロダンと会見した。また、ロンドンルイージ・ルッソロ未来派音楽の演奏を聴いてレポートを残している[1]

帰国後、美術学校への復職が認められなかった。理由は不明だが、講義中に社会主義に言及したことが一因だとも言われる。まもなく「美術学校改革運動」が起こると、正木直彦校長を激しく批判した。政治家になることも考えたが、持病の糖尿病が悪化して療養生活に入り、1917年に逝去。岩村の墓は、三崎の本瑞寺にあり、美術史家の児島喜久雄の設計になる[1]

関連文献[編集]

  • 『芸苑雑稿』 宮川寅雄編 (平凡社東洋文庫 初版1971年) 「巴里の美術学生」など代表的な評論を収めたもの
  • 田辺徹 『美術批評の先駆者、岩村透 ラスキンからモリスまで』 (藤原書店 2008年)

[編集]

  1. ^ 五十殿利治「美術史学の成立検討する評伝『美術批評の先駆者、岩村透』田辺徹著」日本経済新聞2009年2月8日付夕刊、21面。

外部リンク[編集]