中條精一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ちゅうじょう せいいちろう
中條 精一郎
生誕 1868年5月10日
(旧暦慶応4年4月18日
出羽国置賜郡米沢館山口町
死没 (1936-01-30) 1936年1月30日(67歳没)
東京府東京市四谷区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
ケンブリッジ大学
職業 建築家
受賞 レジオンドヌール勲章(1929年)
所属 文部省
曽禰中條建築事務所
建築物 慶應義塾大学図書館
岩崎家熱海別邸

中條 精一郎(ちゅうじょう せいいちろう、慶応4年4月18日1868年5月10日) - 昭和11年(1936年1月30日)は日本の建築家曽禰達蔵とともに曽禰中條建築事務所を主宰し、オフィスビルを中心にして多くの建築作品を手がけた。

人物[編集]

米沢(現・山形県米沢市)生まれ。幕末の米沢藩士中條政恒の長男。東京帝国大学建築学科を卒業後、文部省の建築技師となり、建築課札幌出張所長として札幌農学校などの建設に当たった。同校土木工学科の建築学講師の嘱託も務めた[1]。1902年に東京に戻り千駄木に一家を構えたが、翌年旧米沢藩主家の上杉憲章とともにイギリスに留学(1904-1907年)、ケンブリッジ大学で建築を学んだ。

帰国後文部省を退官し、1908年に曽禰達蔵とともに東京丸の内に設計事務所を開設[1]慶應義塾の記念図書館が最初期の代表作である。曽禰中條建築事務所はオフィスビルの佳作を多く生み出した。

晩年には「建築士法」の成立に尽力し、また国民美術協会の会頭も15年間務めた。妻の蕗江は西村茂樹の次女で、華族女学校を首席で卒業し皇后から『言海』を賜わったという才媛であり、『葭の影』の著書もある[1]。長女の百合子は17歳で小説『貧しき人々の群』を著し天才少女と呼ばれた。後の宮本百合子である。父親について自伝的作品のほか「わが父」、「父の手紙」、「父の手帳」などで触れている[1]

作品[編集]

顧問
以下、「曽禰達蔵・中條精一郎建築事務所作品集」(国立国会図書館所蔵)より

 (主なもの)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 宮本百合子 自己形成への軌跡−デビュー作『貧しき人々の群』が書かれるまで正本君子、日本大学大学院総合社会情報研究科紀要 No.6, 427-438 (2005)

関連項目[編集]