松田九郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松田九郎
まつだ くろう
生年月日 1922年8月1日
出生地 日本の旗 日本 長崎県北松浦郡佐々町
没年月日 (2015-02-09) 2015年2月9日(92歳没)
出身校 法政大学専門部法科卒業
子女 長男・松田正民

選挙区 旧長崎2区
当選回数 2回
在任期間 1983年12月18日 - 1990年1月24日

長崎県の旗 第43代 長崎県議会議長
在任期間 1975年5月10日 - 1979年5月11日

長崎県の旗 長崎県議会議員
テンプレートを表示

松田 九郎(まつだ くろう、1922年8月1日[1] - 2015年2月9日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員(2期)、長崎県議会議長[1]、自民党国対副委員長[2]、自治政務次官[3]、宗教政治研究会事務局長[4]などを務めた。国会では『ヤジ将軍』として知られた。長男は元長崎県議会議員の松田正民[1]

人物・経歴[編集]

長崎県北松浦郡佐々町出身[1]1943年法政大学専門部法科卒業[1]長崎県議会議員、同議長[5]を経て、1983年12月の第37回衆議院議員総選挙で当選[1]旧河本派(当時)に所属[1]。自治政務次官となった。2期連続当選したが[2]1990年2月の第39回衆議院議員総選挙で落選した[4]

1993年第40回衆議院議員総選挙にも出馬したが落選。1995年第17回参議院議員通常選挙では、無所属で一人区長崎県選挙区に出馬して自民党公認の新人宮島大典と共倒れとなり(新進党新人田浦直が当選)、落選後は新進党に移籍。ついで自由党に移り、国政復帰を目指して立候補を続けたが果たすことはできなかった。そうした中、1998年2月の金子原二郎の長崎県知事転身に伴う長崎4区補欠選挙で宮島に敗れた際買収で逮捕された[6]。一審、二審を経て、2000年最高裁で懲役1年10ヶ月の実刑が確定[7]。1994年秋の叙勲で勲三等旭日中綬章を受章しているが[8]、2000年7月7日、褫奪された[9]

2008年2月21日夜、江迎町内で国道204号を横断中に乗用車にはねられ重傷を負った[2]

2015年2月9日急性呼吸不全のため死去[10]。92歳没。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新訂 現代政治家人名事典』2005年。
  2. ^ a b c 長崎の国道で元衆院議員はねられ重傷, 2008年2月21日, 日刊スポーツ
  3. ^ 参議院会議録情報 第114回国会 選挙制度に関する特別委員 第1号
  4. ^ a b 中野毅戦後日本国家と民衆宗教の政治参加 : 宗教学的一考察」 資料:「現代日本の宗教と政治」関連年表, 2000年
  5. ^ 長崎県 もっと知りたい県議会”. www.pref.nagasaki.jp. 2022年2月28日閲覧。
  6. ^ 西川孝純『連立政治の舞台裏: 政界再編・流砂の六年間』p334「小沢・武村の憂色」
  7. ^ 「選挙違反の松田九郎被告、実刑が確定へ 最高裁、上告棄却」朝日新聞2000年07月04日夕刊15ページ
  8. ^ 『官報』号外第208号5頁 平成6年11月4日号
  9. ^ 『官報』第3671号8頁 平成15年8月15日号
  10. ^ 松田九郎・元自民党衆院議員死去 時事通信 2015年2月10日閲覧

参考文献[編集]