宮崎県立宮崎大宮高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮崎県立宮崎大宮高等学校
MiyazakiOhmiya High School Entrance.jpg
国公私立の別 公立学校県立
設置者 宮崎県の旗 宮崎県
併合学校 宮崎県立宮崎中学校
宮崎県立宮崎第一高等女学校
校訓 自主自律
設立年月日 1888年(明治21年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
文科情報科
高校コード 45117H
所在地 880-0056
宮崎県宮崎市神宮東1丁目3番10号
北緯31度55分58.5秒東経131度25分31.1秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

宮崎県立宮崎大宮高等学校(みやざきけんりつみやざきおおみやこうとうがっこう)は、宮崎県宮崎市に所在する県立高等学校

概要[編集]

歴史
1888年(明治21年)宮崎県内初の県立中学校(旧制)として創立した「宮崎県立宮崎中学校」と、1896年(明治29年)に県内初の高等女学校として創立した「宮崎県立宮崎高等女学校」の2校を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により、以上の2校と商業学校2校が統合され、普通科と商業科を有する総合制の新制高等学校となる。現在は普通科と文科情報科の2学科を有している。旧制中学校の創立した(設置が議決された)1888年(明治21年)を創立年としており、2013年(平成25年)に創立125周年を迎え、宮崎県内の高等学校では最古の歴史を有する[1]
進学
生徒の大半が国公立大学をはじめとする上級学校へ進学を目指している。1950年(昭和25年)-2010年(平成22年)の東大合格者数累計205名。1985年11名、1995年8名、2008年6名、2009年5名、2010年1名、2012年7名等[2]
設置課程・学科
全日制課程 2学科
  • 普通科 - 1年時8クラス。2・3年時は理系4クラス、文系3クラス、文理混合1クラスを編成(ただし希望数によって異なる[3])。
  • 文科情報科 - 全学年、自然学級2クラス。
語学や社会科系の科目を重点的に指導するカリキュラムが組まれている。しかし文系進学希望者だけではなく理系進学者も数多くいる。「英語宿泊学習(2学年・7月)」「文科情報科プレゼンテーション(全学年・3月)」「新教科群『探究活動』」など、文科情報科独自の行事や教科が設けられている。
校是(校訓)
「自主自律」
校章
新制高等学校の発足した1948年(昭和23年)に校章が生徒・保護者に公募され、生徒の作品が選出された。結晶を図案化したものを組み合わせ、中央に「高」の文字を置いている。
校歌
1950年(昭和25年)に制定。作詞は長嶺宏、作曲は園山民平による。歌詞は3番まであり、各番に校名の「大宮」が登場する。
姉妹校
中華民国の旗高雄市立高雄高級中學(台湾高雄市)- 2015年(平成27年)11月締結
同窓会
かつて校地のそばにあった湖の名称[4]にちなみ「弦月会」(げんげつかい)と称している。組織として宮崎弦月会、東京弦月会、関西弦月会、福岡弦月同窓会があり、各会とも毎年一回総会が開かれる。東京弦月会においては毎年8月に帝国ホテルにて、関西弦月会においては毎年4月に大阪梅田新阪急ホテルで総会・懇親会が開催され、福岡弦月同窓会は毎年6月に博多エクセルホテル東急にて総会が開催される。

沿革[編集]

旧制中学校(男子校)時代
  • 1888年(明治21年)- 宮崎県会において、尋常中学校の設置が決議される(創立年)。
  • 1889年(明治22年)- 「宮崎県尋常中学校」が設立される。校地は宮崎県尋常師範学校附属小学校の跡地[5]
    • 入学資格を高等小学校2年を修了した12歳以上の男子、修業年限を5年(現在の中1から高2に相当)とする。
  • 1899年(明治32年)4月1日 - 中学校令の改正により「宮崎県宮崎中学校」と改称(「尋常」が除かれる)。
  • 1901年(明治34年)4月1日 - 「宮崎県立宮崎中学校」に改称。
  • 1908年(明治41年)4月1日 - 小学校令の改正により、入学資格を尋常小学校6年を修了した12歳以上の男子に改める。
  • 1919年(大正8年)- 火災により校舎を焼失。現在地に校舎を新築し移転。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令の施行により、入学資格を国民学校初等科を修了した12歳以上の男子に改める。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 中等学校令の施行により、この時の入学生から修業年限が4年(現在の中1から高1に相当)となる。
  • 1944年(昭和19年)4月1日 - 教育ニ関スル戦時非常措置方策により、中等学校令施行前に入学した生徒にも修業年限4年が適用される。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 修業年限が5年となる(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施、新制中学校の発足)が行われる。
    • 旧制中学校の募集を停止。
    • 新制中学校を併設し(以下・併設中学校)、旧制中学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
    • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 旧制中学校3・4年修了者はそのまま旧制中学校4・5年生として在籍した(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
    • 夜間部を設置(定時制課程の始まり)。
  • 1948年(昭和23年)3月31日 - 学制改革により旧制中学校が廃止される。
旧制高等女学校時代
  • 1896年(明治29年)- 「宮崎町・大淀町組合立宮崎高等女学校」が設置される。校地は現在のNTT西日本宮崎支店(宮崎市広島1-5-3)の位置にあった。
  • 1899年(明治32年)4月1日 - 県立移管により「宮崎県高等女学校」と改称。
  • 1901年(明治34年)4月1日 - 「宮崎県立高等女学校」と改称。
  • 1918年(大正7年)4月1日 - 県立高等女学校の新設[6]に伴い、「宮崎県立宮崎高等女学校」と改称。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 宮崎市内に県立高等女学校が新設[7]されたため、「宮崎県立宮崎第一高等女学校」に改称。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 修業年限が5年となる(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施、新制中学校の発足)が行われる。
    • 高等女学校の募集を停止。
    • 新制中学校を併設し(以下・併設中学校)、高等女学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
    • 併設中学校は経過措置としてあくまで暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 高等女学校3・4年修了者はそのまま高等女学校4・5年生として在籍した(ただし4年修了時点で卒業することもできた)。
  • 1948年(昭和23年)3月31日 - 学制改革により高等女学校が廃止される。
旧制宮崎県立宮崎商業学校
旧制宮崎県立宮崎女子商業学校
新制高等学校
  • 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革により県立の旧制中等教育学校4校が統合の上、新制高等学校「宮崎県立宮崎大宮高等学校」(現校名)が発足。
    • 県立旧制中等教育学校(以下・旧制中等学校)4校 - 宮崎中学校・宮崎第一高等女学校・宮崎商業学校・宮崎女子商業学校
    • 通常制[8](普通課程・商業課程・家庭課程)、定時制(普通課程)、通信教育部を設置し、男女共学を実施。
    • 旧制中等学校卒業者(5年修了者)を新制高校3年生、旧制中等学校4年修了者を新制高校2年生、併設中学校卒業者(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
    • 4校の併設中学校も統合され「宮崎県立宮崎大宮高等学校併設中学校」となり、在校生が1946年(昭和21年)に旧制中等学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
  • 1949年(昭和24年)3月31日 - 併設中学校を廃止。
  • 1950年(昭和25年)1月26日 - 校歌を制定。
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 家庭課程に被服科と家庭科の2コースを設置。
  • 1957年(昭和32年)4月1日 - 商業課程が分離し、「宮崎県立宮崎商業高等学校」として独立。
  • 1962年(昭和37年)- 補習教室を開設。
  • 1963年(昭和38年)3月 - 宮崎県立宮崎南高等学校との間で合同選抜を開始。
  • 1964年(昭和39年)- プールが完成。
  • 1969年(昭和44年)4月1日 - 定時制課程と通信制課程が「宮崎県立宮崎大宮第二高等学校」として独立。
  • 1974年(昭和49年)3月 - 合同選抜入試に新設の宮崎県立宮崎西高等学校が加わる。
  • 1984年(昭和59年)3月 - 合同選抜入試に新設の宮崎県立宮崎北高等学校が加わる。
  • 1988年(昭和63年)- 創立百周年記念館が完成。
  • 1989年(平成元年)4月1日 - 文科情報科を設置。
  • 1992年(平成4年)4月1日 - 家政科の募集を停止。
  • 1994年(平成6年)3月31日 - 家政科を廃止。
  • 1995年(平成7年)4月 - 65分授業を開始。
  • 1997年(平成9年)3月10日 - 図書館東側自転車置き場の新設工事で戦時中の不発弾が発見される。
  • 1998年(平成10年)- 創立110周年を記念して「自主自律」の石碑を設置。
  • 2001年(平成13年)- 管理棟の大規模改修を実施。プールを新設。
  • 2002年(平成14年)3月 - この時の入試が最後の合同選抜となる。
  • 2003年(平成15年)3月 - 合同選抜制度の廃止に伴ない単独選抜を開始。新体育館が完成。
  • 2005年(平成17年)4月 - 50分授業に戻る。
  • 2006年(平成18年)- 社会科の必修科目の未履修が発覚。平成18年度3学年に70時間分の補習が課せられた。
  • 2008年(平成20年)- 宮崎県内高校普通科の通学区域が撤廃される。
  • 2015年(平成27年)

学校行事[編集]

3学期制

1学期
  • 4月 - 始業式、新任式、入学式、1年文科情報科合宿、歓迎遠足、四校定期戦
  • 5月 - PTA総会、中間考査
  • 6月 - 宮崎県高校総合体育大会(高総体)、生徒議会
  • 7月 - 期末考査、クラスマッチ(球技大会)、終業式、夏季課外
  • 8月 - 夏季課外、3年宿泊学習
2学期
  • 9月 - 始業式、弦月祭(文化祭)、体育大会、宮崎県高校総合文化祭
  • 10月 - 1・2年中間考査、3年学年末考査
  • 11月 - 1・2年期末考査
  • 12月 - 文科情報科探究発表会、1年文科情報科イングリッシュキャンプ、修学旅行、終業式、冬期課外
3学期
  • 1月 - 始業式
  • 2月 - 高校入試(推薦)、1・2年学年末考査
  • 3月 - 卒業式、同窓会入会式、高校入試(一般)、遠歩会([駅伝]]・ロードレース)、終業式、春季課外

部活動[編集]

運動部
文化部
同好会

著名な出身者[編集]

政官界
経済界
学術
その他(文化・芸能・スポーツ等)

交通[編集]

最寄りの鉄道駅
最寄りのバス停
  • 宮崎交通 宮崎神宮行き 「大宮高校前」バス停
最寄りの幹線道路

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1873年(明治6年)に私立中学校「延岡学社」として創立した宮崎県立延岡高等学校が最古という見方もできるが、宮崎県立延岡高等学校は県立の中学校として創立した1899年(明治32年)を創立年としている。
  2. ^ 東大合格高校盛衰史(光文社新書): 小林哲夫:
  3. ^ 2010年度及び2012年度入学生は9クラスであった。
  4. ^ 三日月の形をしていた湖は「弦月湖」と呼ばれていたが、宮崎県立宮崎東高等学校の校舎建設にあたり埋め立てられた。
  5. ^ 現在、宮崎大学教育文化学部附属小学校の校地となっている。
  6. ^ この時、北諸県郡立都城高等女学校(1914年(大正3年)創立)が県立移管により「宮崎県立都城高等女学校」となった。宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校の前身。
  7. ^ この年宮崎県立宮崎女子高等技芸学校(1904年(明治37年)創立)が「宮崎県立宮崎第二高等女学校」に改称。宮崎県立宮崎工業高等学校宮崎県立宮崎南高等学校の前身の1つ。
  8. ^ 後の全日制課程。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]