折小野良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

折小野 良一(おりおの りょういち、1919年1月25日[1] - 1986年10月20日[1])は、衆議院議員(2期)。延岡市長(2期)。

略歴[編集]

鹿児島県薩摩郡宮之城町(現・さつま町)出身[1]1941年京都帝国大学法学部卒[1]延岡市総務課長を経て、三浦虎雄(元衆議院議員)市長によって助役に起用。1960年の延岡市長選挙に立候補。現職の青木善祐を1139票差で破り初当選。延岡市長を戦後初めて2期務める。1965年、助役に房野博(後に延岡市長)を起用。1966年、衆議院議員総選挙立候補のため 延岡市長退任。1967年の第31回衆議院議員総選挙宮崎1区民主社会党から出馬し、初当選。1969年の第32回衆議院議員総選挙では、落選。1972年の第33回衆議院議員総選挙で返り咲く。1976年の第34回衆議院議員総選挙には出馬せず、政界引退。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ株式会社、2003年、149頁。

参考文献[編集]


公職
先代:
第11代 青木善祐
Flag of Nobeoka, Miyazaki.svg 延岡市長
第12-13代:1960 - 1966
次代:
第14-16代 房野博