鈴木憲太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鈴木憲太郎

鈴木 憲太郎(すずき けんたろう、1882年明治15年)9月21日[1] - 1953年昭和28年)1月17日)は、日本の政治家実業家衆議院議員延岡市長

経歴[編集]

宮崎県出身。衆議院議員・小林乾一郎の二男として生まれる[2]1901年(明治34年)、鈴木シマの入夫となり家督を相続した[2]

1904年(明治37年)、明治法律学校(現明治大学)卒業。陸軍三等主計、岡富村議、宮崎県議、県農会長等を経て、1928年(昭和3年)宮崎県より衆議院議員に初当選(民政党)。以後3回当選した。また、第2,3,7代の延岡市長を務めた。実業界に於いては、延岡電気神都電気興業各取締役等を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、33頁。
  2. ^ a b 『人事興信録』第10版 上、ス72頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第10版 上、1934年。