奥村栄親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥村 栄親(おくむら てるちか、文政8年11月13日1825年12月22日) - 天保15年9月5日1844年10月16日))は、加賀藩人持組頭、加賀八家奥村宗家第12代当主。

父は奥村栄実。養子は奥村栄通。幼名元松丸、純松丸。通称助十郎。

文政8年(1825年)、加賀藩家老奥村栄実の子として金沢に生まれる。天保14年(1843年)、父栄実の死去により家督と遺知1万7000石を相続する。天保15年(1844年)9月5日没。享年20。家督は分家奥村質直の八男栄通が末期養子となって相続した。

参考文献[編集]

  • 「幕末維新人名事典」