四竈孝輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四竈 孝輔(しかま こうすけ、1876年10月26日 - 1937年12月12日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将宮城県仙台市出身。

経歴[編集]

仙台藩家老・四竈信直の四男として生まれる。海軍予備校第二高等学校中退を経て、1897年12月、海軍兵学校25期)を卒業し、1899年2月、海軍少尉任官。「磐手」回航委員、横須賀海兵団分隊長心得、「天城」航海長心得、「愛宕」航海長などを経て、日露戦争には「宇治」航海長として出征し、日本海海戦時には第2艦隊参謀であった。呉鎮守府参謀兼副官南清艦隊参謀などを経て、1909年11月、海軍大学校(甲種7期)を卒業した。

敷島」「薩摩」の各分隊長、皇族付(伏見宮博恭王付)武官、第3艦隊参謀、横須賀鎮守府艦隊参謀、兼博恭王付武官、「敷島」「肥前」「霧島」の各副長、第2戦隊参謀、「津軽艦長などを歴任し、1917年2月、侍従武官となった。1921年12月、海軍少将に進級。

さらに、軍令部出仕、大湊要港部司令官を経て、1925年12月、海軍中将となり予備役に編入された。のち、伏見宮別当を勤めた。

親族[編集]

著書[編集]

  • 『侍従武官日記』芙蓉書房、1980年。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。