木村駿吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木村 駿吉(きむら しゅんきち、1866年11月12日慶応2年10月6日) - 1938年10月6日)は、日本海軍軍属(教授、技師)、教育者特許弁理士

経歴[編集]

幕臣木村芥舟の三男として江戸で生まれた。東京大学予備門を経て、1888年7月、帝国大学理科大学物理学科を卒業し、さらに大学院で学ぶ。第一高等中学校教諭を務めた後、1893年8月から1896年7月までアメリカに留学し、ハーバード大学院イェール大学で学んだ。

帰国後、1896年9月から第二高等学校教授を務めた後、1900年3月、海軍に奉職し、海軍教授・無線電信調査委員となった。以後、イギリス出張、海軍技師・横須賀工廠造兵部員、ドイツ出張、無線電信改良委員、艦政本部員兼造船廠電気部員を歴任し、1914年3月に免官となった。

海軍時代の最大の功績は、艦船用無線電信機の開発に貢献したことである。グリエルモ・マルコーニが無線電信を発明してからしばらくして、逓信技師・松代松之助が無線電信について研究を始めた。それを見学した外波内蔵吉海軍中佐山本権兵衛海軍大臣に進言し、海軍においても研究を開始することとし無線電信調査委員会が設置され、兄・木村浩吉の仲立ちでその委員に任命された。委員会は、3年以内に80海里の距離間で使用できる無線電信を開発することを目標に掲げた。1901年末には目標を達成し、さらに寝食を忘れて改良に努力した結果、駿吉たち関係者の努力が実り1903年三六式無線電信機が制式採用された。この無線機により「信濃丸」のバルチック艦隊発見が通報され、また、日本海海戦中も艦船間の情報交換が可能となり、その勝利に貢献した。

海軍退職後に、日本無線電信電話会社取締役となった。

栄典[編集]

著書[編集]

記述様式は、Webcat に従っている。出版年順。

  • 科學の原理 / 木村駿吉著. -- 金港堂, 1890.
  • 物理學現今之進歩 / 木村駿吉著 ; 卷1 - 卷6. -- 内田老鶴圃, 1890.
  • Shunkichi Kimura, On the nabla of quaternions, Reprinted from annals of mathematics, vol. 10, no. 5. -- [s.n.], 1896.
  • 四元法講義 = Lectures on quaternions / 木村駿吉講述 ; 波木井九十郎編輯 ; 第1冊. -- 内田老鶴圃, 1897.
  • スフェリカル ハルモニックス講義 : 緒論 / 木村駿吉著. -- 大日本圖書, 1898.
  • 磁氣及電氣 / 木村駿吉著 ; 第1冊, 第2冊, 第3冊. -- 内田老鶴圃, 1898.
  • 世界之無線電信 : 戦役紀念 / 木村駿吉著. -- 内田老鶴圃, 1905.
  • イムピーダンス / 木村駿吉著. -- 内田老鶴圃, 1914.
  • ポテンシオメートル / 木村駿吉著. -- 内田老鶴圃, 1914.
  • レジスタンス / 木村駿吉著. -- 内田老鶴圃, 1914.
  • 趣味の電氣 / 木村駿吉著. -- 内田老鶴圃, 1914.
  • 川村清雄 作品と其人物 / 木村駿吉著. -- 私家版, 1926.
  • 日本海軍初期無線電信思出談 / 木村駿吉述. -- 海軍省教育局, 1935. -- (思想研究資料 / 海軍省教育局 [編] ; 号外)

編書[編集]

  • 新編物理學 / 木村駿吉編 ; 上, 下. -- 内田老鶴圃, 1890.
  • 精神的基督教 / 木村駿吉編. -- 内田老鶴圃, 1890.
  • 新編小物理學 / 木村駿吉編. -- 増訂. -- 内田老鶴圃, 1892.
  • 新編中物理學 / 木村駿吉編. -- 内田老鶴圃 (發兌), 1893.
  • ダクチル・タングステンの発明 / 木村駿吉編. -- 内田老鶴圃, 1918.

訳書[編集]

  • 物理學原論 / アルフレッド・ダニエル著 ; 木村駿吉補訳 ; 第1冊 - 第4冊. -- 内田老鶴圃, 1892.
  • 電氣學術之進歩 / メンデンホール著 ; 木村駿吉, 重見經誠合譯述. -- 内田老鶴圃, 1893.
  • 物理般論 : 自習及講義用 / エヅァルド・リーケ原著 ; 木村駿吉譯述 ; 第1 卷, 第2卷. -- 大日本圖書, 1901.

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7091号・付録「叙任及辞令」1907年2月21日。
  2. ^ 木村駿吉『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]