本多政以

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本多政以

本多 政以(ほんだ まさざね、元治元年10月21日1864年11月20日)- 大正10年(1921年7月16日) は、加賀八家本多家第12代当主。男爵貴族院議員。

妻は荒木左次馬の娘。子は本多政樹長基連。幼名資松。家紋は「丸ノ内立葵」。

生涯[編集]

加賀藩家老本多政均の長男として生まれる。明治2年(1869年)、父政均が暗殺され5歳で家督を相続する。

明治24年(1891年)葵製糸場を創業、明治26年(1893年)羽二重機業場に発展させた。明治30年(1897年)石川県農工銀行頭取となる。明治33年(1900年従五位、男爵に叙され華族となる[1]。明治37年(1904年貴族院議員。大正10年(1921年)7月16日没。享年58。

栄典[編集]

親族[編集]

  • 本多政樹 - 長男。男爵・貴族院議員。
  • 長基連 - 次男、男爵長克連の養子。男爵・貴族院議員。
  • 茨木清次郎 - 長女の夫。東京音楽学校校長・東京外国語学校校長・松本高等学校校長・東京女子高等師範学校校長・浦和高等学校校長。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』号外、明治33年5月9日。
  2. ^ 『官報』第1518号「彙報」1888年7月21日。

参考文献[編集]

  • 国会図書館所蔵「人事興信録」


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
加賀本多家初代
1900年 - 1921年
次代:
本多政樹