千坂智次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千坂 智次郎
Chisaka Chijiro.jpg
生誕 1868年3月8日
死没 (1936-02-23) 1936年2月23日(67歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1889 - 1923
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

千坂 智次郎(ちさか ちじろう、慶応4年2月15日1868年3月8日) - 昭和11年(1936年2月23日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

米沢藩士・千坂高雅の二男として生まれる。米沢中学校攻玉社を経て、明治20年(1887年)7月に海軍兵学校14期)を卒業し、同22年(1889年)9月に海軍少尉任官。練習艦館山分隊長などを経て、日清戦争では「扶桑」分隊長として出征した。

練習艦「満珠」航海長、「高雄」航海長、「須磨」航海長、皇族(有栖川宮威仁親王)付武官、「松島」航海長、「八雲」回航委員、同航海長、「夕霧艦長などを歴任。日露戦争には「初瀬」航海長として出征したが、明治37年(1904年)5月に乗艦が触雷により沈没した。その後、佐世保鎮守府参謀、「出雲」副長、「磐城」艦長、「大和」艦長などを勤めた。

明治40年(1907年)12月、東宮武官となり、「津軽」艦長、「生駒」艦長、「八雲」艦長、舞鶴鎮守府参謀長を経て、大正2年(1913年)12月、海軍少将に進級。佐世保水雷戦隊司令官、佐世保鎮守府参謀長、練習艦隊司令官、教育本部第1部長、第2戦隊司令官などを歴任し、大正6年(1917年)12月に海軍中将となった。さらに馬公要港部司令官、第2遣外艦隊司令官、鎮海要港部司令官、海兵校長、将官会議議員を経て、大正12年(1923年)7月、予備役に編入された。米沢海軍武官会会員。

栄典[編集]

親族[編集]

  • 弟 千坂洋三郎(陸軍中佐
  • 姉・千坂光子
  • 娘・美代子は大倉喜八郎の孫・大倉彦一郎に、千恵子はアポロインターナショナル社長・ヤナセ取締役の藤田稔に嫁ぐ[2]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第451号「叙任及辞令」1914年1月31日。
  2. ^ 藤井孝男系図近現代・系図ワールド