肥田浜五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
咸臨丸の乗船者達 1860年、サンフランシスコにて。右側から、福澤諭吉岡田井蔵、肥田浜五郎、小永井五八郎浜口興右衛門根津欽次郎

肥田 浜五郎(ひだ はまごろう、文政13年(1830年)1月 - 明治22年(1889年4月28日[1])は、豆州肥田氏の末裔で幕末期の幕臣技術者、明治期の官僚長崎海軍伝習所第二期生。は為良(ためよし)。

生涯[編集]

維新前[編集]

韮山代官江川英龍の手代見習として、伊東玄朴に蘭学を学び、長崎海軍伝習所で機関学を修めた。1859年安政6年)に軍艦操練所教授方出役となる。1860年万延元年)、咸臨丸蒸気方(機関長)に選ばれ、山本金次郎(副長)、岡田井蔵小杉雅之進(機関方見習士官)を率い、太平洋往還を成功に導いた。病気の勝海舟に代わり、肥田と小野友五郎(測量方)、浜口興右衛門(運用方)が操船の指揮をしていたという。

帰国後、1861年文久元年)、軍艦操練所頭取手伝出役を経て、軍艦頭取出役となる。1862年(文久2年)、幕府軍艦としては最初となる蒸気軍艦千代田形の蒸気機関を設計。1863年(文久3年)、小十人格軍艦頭取、海路上洛する徳川家茂の御座舟翔鶴丸艦長[2]を務めた。1864年元治元年)、両番格軍艦頭取となる。

1865年慶応元年)、横須賀造船所の工作機械を購入のため、オランダに派遣された。帰途、レオンス・ヴェルニーと会見している。1866年(慶応2年)軍艦役、1868年(慶応4年)、軍艦頭に昇進、富士山丸艦長を務めた。

維新後[編集]

維新後、静岡藩海軍学校頭となるが、1869年(明治2年)8月15日民部省出仕となり、以後新政府に仕える。工部少丞、次いで造船頭兼製作頭となり、岩倉使節団理事官として欧米各国を歴訪した。帰朝後は工部大丞海軍大丞兼主船頭と進み1875年(明治7年)4月4日海軍少将となる。主船頭頭、横須賀造船所長、主船局長を経て1883年(明治15年)12月27日機関総監、1887年(明治19年)7月12日海軍機技総監、宮内省御料局長官などを歴任。日本海軍機関科士官第一号[3]である。

明治22年(1889年)4月27日、藤枝駅で走りはじめた列車に飛び乗ろうとして転落、負傷したため同地において療養するも翌28日午後1時卒去した[1]。当時の列車に便所がなかったため、駅で用を足した後、無理に戻ろうとしたためとされる[4]。同年中に列車内への便所の設置が始まっていたが、この事故も後押しした。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『官報』第1747号、「彙報 - 故肥田宮内省御料局長官履歴」1889年4月30日。
  2. ^ 『回想の日本海軍』p248
  3. ^ 『回想の日本海軍』p245、p251
  4. ^ 停車時間に余裕のある静岡停車場で用便を済まそうとしていたが、生憎便所が満員でやむなく藤枝停車場になってしまった。列車が進みはじめたのでいそいで飛び乗ろうとした途端に下に落ちた。客車2両まではよけられたが3両目のときに外套の裾が何かに搦みつきレールのところに引き込まれ肩から轢かれてしまった。列車は直ちに停車したが手の施しようがなかった。「肥田御料局長没す 汽車に便所なき犠牲」明治22年4月29日付時事新報『新聞集成明治編年史 7』263頁(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 『官報』第1324号「叙任及辞令」1887年11月26日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]