乾正成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
乾 正成
The tomb of INUI(ITAGAKI) MASASHIGE.jpg
乾正成の墓(板垣山)
時代 江戸時代後期
生誕 1802年享和2年)
死没 1860年4月30日万延元年閏3月10日
改名 信成、正成
別名 魚之助、榮六、左賀江、丈右衛門、左近兵衛
墓所 高知県高知市薊野東町(板垣山)
土佐藩
氏族 源姓乾氏
父母 父:乾信武、母:谷村自熈の女
花井義抽の妹、中村仲住の妹、林勝長の妹、近藤秀行の姉、高屋長容の伯母、
板垣退助、乾久馬、女子、女子(高屋長豪の妻)、女子(日野成雄の妻)

乾 正成(いぬい まさしげ、1802年享和2年) - 1860年4月30日万延元年閏3月10日)は、土佐藩士・乾庄右衛門信武の長男。母は谷村久之丞自熈の娘。板垣退助の父。

来歴[編集]

は初め信成(のぶしげ)、のち藩主山内豊信の諱を避け、正成と改める。幼名は魚之助。榮六(えいろく)、左賀江(さかえ)、丈右衛門、左近兵衛と称す。土佐藩馬廻格で、家禄300石。

  • 1807年4月3日(文化4年2月26日)、惣領御目見仰せ付けられる。
  • 1810年11月29日(文化7年11月3日)、正成9歳の時、亡父信武の跡目を無相違下し置かれる。
  • 痩せ気味の退助と違い、力士のような30余貫[1]の体格であった。
  • 1819年文政2年)[2]頃、藩主がお忍び駕籠で領内視察をしていたのに気づかずに、乗馬したまま横切って泥を掛ける失態が噂となったため、改易となるのではないかと気に病んで乱心気味[3]の振る舞いがあったという。
  • 1843年天保14年)、子女による不品行の責任を問われ、家禄270石に減ぜられる。
  • 1860年4月30日(万延元年閏3月10日)[4]卒去。年59歳。土佐国土佐郡薊野山に葬る。

家族[編集]

家紋(榧之内十文字)

補註[編集]

  1. ^ 『板垣退助君傳記』による。
  2. ^ 18歳の頃と言われる。
  3. ^ 一説には難を免れるため乱心を装ったとも言う。
  4. ^ 死亡日については、土佐藩届出文書、譜類は全て「閏3月10日」であるが、墓碑・過去帳類は「閏3月3日」である。

乾正成を主人公とした小説[編集]