東京六大学理工系野球連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京六大学理工系野球連盟(とうきょうろくだいがくりこうけいやきゅうれんめい)とは、東京を所在地とした特定の6校の大学の理工系学生による硬式野球部で構成された大学野球リーグである。

日本学生野球協会 及び、全日本大学野球連盟には加盟していない。

加盟大学[編集]

東京六大学野球連盟に所属する大学と同一である。以下五十音順。

略史[編集]

1964年に有志によって発足し、昭和42年に連盟規約を制定。同年から春秋2季制のリーグ戦を開始した。

沿革[編集]

特徴[編集]

運営方法[編集]

構成[編集]

固定した6校

対戦方法[編集]

かつては、春秋でそれぞれリーグ戦を行なう。2回戦総当りによる勝率制。 年によって違うが一年間の一リーグ戦での勝率を競い、優勝を決める。

順位決定方法[編集]

勝率制[編集]

勝率が同じ場合は、優劣の決定が必要な場合に限り決定戦(プレイオフ)を行なう。 決定戦の成績は選手個人の成績を含めリーグ戦の成績に加算しない。

使用球場[編集]

東京ドーム・東大駒場グラウンド・江戸川区球場東大検見川運動場保土ケ谷球場・瀬谷本郷公園野球場・上柚木球場駒沢公園野球場・昭島市立昭和公園野球場など

関連項目[編集]