東京六大学学園祭連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京六大学学園祭連盟(とうきょうろくだいがくがくえんさいれんめい)(英称:Festival Project of the 6 universities、通称FP6)は、東京六大学野球連盟に加盟する特定した6校の大学(東京六大学)の学園祭運営学生らで構成された組織である。基本的には各校の学園祭実行委員会が所属する。

構成大学[編集]

以下、五十音順

概略[編集]

東京六大学の学園祭における相互協力と発展のために、2006年度から連盟を組み活動をしている。その名の通り、東京六大学の学園祭実行委員らが所属し、六大学合同のプロジェクトなどを実施している。 毎月数回の会議と打ち合わせを中心としており、各校の学生間の交流を計る。その他、六大学合同ゴミ拾いボランティアなどの地域貢献や、合同宣伝チラシの作成など学園祭の周知徹底も計っている。

連盟形成の根本となっている六大学OB・OG、大学関係者、大学周辺地域住民からも支援を集めており、これらの協力の下、運営されている。

理念[編集]

文化的活動の東京六大学」の発信

  • 以上を根本となる理念とし、「東京六大学 学園祭の発展」「学生間の地域・文化的交流」「学園祭と環境問題関係」「六大学間の相互協力と宣伝」を軸とする。


略史[編集]

各大学のページや、学園祭公式ホームページなども参照。

  • 2006年 設立

加盟学園祭[編集]

六大学では各大学内でも複数の学園祭が存在するが、当連盟に加盟する学園祭は以下の通りである[1]。カッコ内は開催されるキャンパス名。

実績[編集]

連盟全体としての実績を記載する。

  • 六大学合同ゴミ拾いボランティア (2008年度は渋谷)
  • 六大学学園祭宣伝ポスター
  • 六大学学園祭宣伝チラシの配布 (主に神宮球場など)
  • 六大学学園祭クラッチバッグの作成


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、加盟のない学園祭とはまったく連携がないわけではない。各校内でサポートし合っている部分もある。

 外部リンク [編集]