東京六大学対校陸上競技大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京六大学対校陸上競技大会(とうきょうろくだいがくたいこうりくじょうきょうぎたいかい)は、東京に本部を置く6つの大学の陸上部、競走部によって行なわれる陸上競技の大会である。 なお、「対校」が「対抗」と誤って表記されることもある。


概要[編集]

1968年に第1回大会が挙行され、毎年春に国立霞ヶ丘陸上競技場などで東京六大学OB会や関東学生陸上競技連盟の後援で開催されており、トラックおよびフィールドの各種目の合計得点によって争われる。 総合優勝の他に、トラックおよびフィールドの各部門でも、優勝校は表彰される。 オリンピック出場選手や世界陸上メダリストなどもこの大会に出場しており、OBがオープン参加することもある。 また、付属校による対校戦も同時に開催されている。

構成大学[編集]

五十音順で以下の通りである。

競技内容[編集]

対校種目は16種目であり、以下の通りである。

  • トラック種目:100M、400M、800M、1500M、5000M、110MH、3000MSC、4×100MR、4×400MR
  • フィールド種目:走高跳、棒高跳、走幅跳、三段跳、砲丸投、円盤投、やり投

[編集]

  • 優勝校: 優勝杯、賞状
  • 最優秀選手(トラック・フィールド各1名): トロフィー
  • 各種目優勝者・2位・3位: 賞状及びメダル
  • トラック・フィールド各優勝校: 賞状

年表[編集]

  • 1968年 第1回大会が開催される
  • 2007年 第40回大会を迎える

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

(五十音順)