声を出すと気持ちいいの会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

演劇集団 声を出すと気持ちいいの会(えんげきしゅうだんこえをだすときもちいいのかい)は2008年5月明治大学演劇学専攻在籍の学生によって旗揚げされた日本劇団
2011年、シアターグリーン学生芸術祭vol.5にて最優秀賞を受賞。役者・後藤祐哉、照明・山本創太はそれぞれ個人賞を受賞した。

コエキモ』、『KOEKIMO』と略称される。

特徴[編集]

旗揚げ当時、明治大学の学生を中心に結成された劇団。

第二回公演以降、主宰山本タカが執筆、演出を行っている。

劇団員[編集]

公演[編集]

  • 第八回公演『A MIDSUMMER NIGHT`S DREAM at DISCO』
  • 学生版日本の問題参加『役者乞食』
  • 第七回公演『黒猫』
  • 第六回公演『被告人ハムレット』
  • 番外公演『覗絡繰』―ノゾキカラクリ―
  • 第五回公演『百年時計』
  • 第四回公演『家無子』
  • 第三回公演『黒猫』
  • 第二回公演『THE BEE』
  • 第一回公演『ピースロスト』

外部リンク[編集]