金子角之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 角之助(かねこ かくのすけ、旧姓・武藤1867年1月慶應2年12月) - 1937年昭和12年)9月24日[1])は、日本政治家(神奈川県高座郡藤沢町長[1])、自由民権運動[1]会社重役[2]。関東興信銀行[3]、神奈川県農工銀行各取締役[2][4][5]。高座郡農会長[2][5]。全国町村長会長[2][5]。中央報徳会理事[2]

人物[編集]

相模国(現神奈川県)出身[1]。武藤卯左衛門の三男[2][5]。先代・小左衛門の養子となる[2][5]耕余塾に学んだ。1885年、有一館の館長・磯山清兵衛の誘いで大井憲太郎らの大阪事件に加わり、軽懲役2年の刑をうける[1]1908年家督を相続した[2]1909年、藤沢町会議員に当選[6]1912年、神奈川県藤沢町長となり、のち全国町村長会を組織して会長に就任した[1]

金子について『武相のぞき』では「自由党時代からの政客だけ党人らしい人柄の持主だけに談論風発、垢抜けた仁」と紹介されている[7]。趣味は公共的事業[2]。宗教は真言宗[2]。住所は藤沢町大庭[4]

家族・親族[編集]

金子家
  • 養父・小左衛門[2]
  • 養母・カネ1847年 - ?、神奈川、角田重兵衛の長女)[3]
  • 妻・ハナ1874年 - ?、養父・小左衛門の姪)[2][3]
  • 長男・小一郎[2]1895年 - 1983年神奈川県会議員[4]、藤沢市長)
    • 同妻・フヂ1900年 - ?、神奈川、近藤嘉太郎の三女)[2][3]
  • 二男・威信(1895年 - ?、東京、萩原繁太郎の養子となる)[2][3]
  • 四男・四郎1909年 - ?、分家)[2]
  • 五男・五郎1907年 - ?、神奈川、露木要之助の養子となる)[2]
  • 六男・睦雄1909年 - ?、東京、宮内秀雄の養子となる)[2]
  • 七男・1915年 - ?)[5]
  • 二女・伊代子1904年 - ?、神奈川、遠藤留治の妻)[2][3]
  • 三女・正子1913年 - ?、神奈川、山本務本の妻)[2]
  • [3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 金子 角之助とはコトバンク。2019年3月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『人事興信録 第11版 上』カ132頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年3月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第9版』カ89頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年3月13日閲覧。
  4. ^ a b c 『日本紳士録 第40版』神奈川カの部23頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年3月13日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 『人事興信録 第10版 上』カ95頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年3月12日閲覧。
  6. ^ 『神奈川県史 別編1』231頁。
  7. ^ 『武相のぞき』61頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年3月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 荒井酒竹『武相のぞき』武相大観社、1926年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版 上』人事興信所、1934年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937-1939年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第40版』交詢社、1936年。
  • 神奈川県県民部県史編集室編『神奈川県史 別編1』人物 : 神奈川県歴史人名事典、神奈川県、1983年。