久保市三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久保 市三郎
くぼ いちさぶろう
生年月日 1867年慶応3年7月
出生地 武蔵国三田ヶ谷村
没年月日 1956年3月1日
出身校 慶應義塾大学部理財科
前職 銀行員
所属政党 研究会
称号 従四位

選挙区 多額納税者議員栃木県
在任期間 1907年10月4日 - 1911年9月28日
1932年9月29日 - 1939年9月28日
テンプレートを表示

久保 市三郎(くぼ いちさぶろう、1867年慶応3年7月) - 1956年昭和31年)3月1日)は、明治時代から昭和時代実業家政治家。旧姓、小沢。

経歴[編集]

武蔵国三田ヶ谷村(現・埼玉県)生まれ[1]。上京後明治義塾三菱商業学校)、慶應義塾大学部理財科で学ぶ(1893年卒)[1]

耕余義塾で教員になり、日本銀行を経て森林山野の開発に尽力する。福沢諭吉のすすめで栃木県真岡町の久保家の養子となり、1900年4月2日に久下田銀行(後に足利銀行へ合併)、1912年に真岡銀行(後に常陽銀行へ合併)などを創立する。

1907年(明治40年)10月4日に貴族院多額納税者議員に任命される[2]。その後、栃木県芳賀郡中村の村長、栃木県教育会長、栃木県農工銀行頭取[1]下野新聞会長[1]を務めた。

1956年3月1日に死去、同日従四位に叙された。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 日外アソシエーツ『20世紀日本人名事典』2004年、紀伊国屋書店ISBN 9784816918537
  2. ^ 『官報』第7282号、明治40年10月5日。