得能通昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
得能通昌

得能 通昌(とくのう みちまさ、嘉永5年1月25日[1]1852年2月14日) - 大正2年(1913年5月14日[2])は、日本大蔵官僚印刷局長貴族院勅選議員錦鶏間祗候[3]

経歴[編集]

薩摩藩士得能良介の長男として鹿児島に生まれ、1869年明治2年)に上京して英学を学んだ[4]1874年(明治7年)、陸軍省に入り、信号士官として台湾出兵に従軍した[4]。その後、東京府属として教育行政を担当し、さらに愛知県に転任して勧業課に勤務した[4]。ついで内務省に転じて地理局に勤務し、のち兵庫県地理課長となった[4]

1883年(明治16年)、大蔵省印刷局長であった父が死去すると、大蔵省権少書記官に昇進して印刷局勤務となった[4]。大蔵省三等技師、同印刷局事務次長、同事務長、同印刷局長、内閣印刷局長を歴任した[1][4]

1906年(明治39年)1月7日、貴族院議員に勅選された[1][4][5]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『巡回日記』(印刷局、1889年)
  • 『米国巡回紀行』(印刷局、1889年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 人事興信録 1908.
  2. ^ 『官報』第238号、大正2年5月17日。
  3. ^ 『官報』第7286号、明治40年10月10日。
  4. ^ a b c d e f g 成功偉人名家列伝 1906, p. 153.
  5. ^ 『官報』第6754号、明治39年1月8日。
  6. ^ 『官報』第4319号「叙任及辞令」1897年11月22日。

参考文献[編集]

  • 飯山正秀編『成功偉人名家列伝(信用公録)第1編』国鏡社、1906年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第2版』人事興信所、1908年。