坪井仙次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坪井 仙次郎(つぼい せんじろう、1854年安政元年) - 1945年昭和20年))は、明治期の教育家。

経歴[編集]

紀伊新宮藩坪井玄益の次男。江戸生まれ。13歳で開成所に入り、17歳で新銭座の慶應義塾に入る。1870年(明治3年)更進生として大学南校に転じ園田孝吉田尻稲次郎津田純一らと同門となり、1873年(明治6年)慶應義塾大阪分校の教員として赴任する。京都府師範学校島根県師範学校和歌山県師範学校を経て岐阜師範学校校長となり、1905年(明治38年)、大阪府立岸和田中学校長となる。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第8257号、「叙任及辞令」1910年12月28日。

参考文献[編集]