山本直也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本 直也(やまもと なおや、1963年8月13日 - )は、兵庫県[1]加古川市出身のフリーアナウンサー。獅子座・O型。

略歴[編集]

関西大学文学部卒業[2]後、1988年ラジオたんぱ(現・ラジオNIKKEI)アナウンサーとして入社。1989年に大阪支社へ転勤、1994年に再び本社へ異動。2003年、ラジオたんぱを退社しフリーアナウンサーとなる。

1989年から競馬中継を担当し、これまでに多数のレースを実況。競馬ゲームなどでも実況音声を提供している。

2011年からはホッカイドウ競馬で不定期に実況を担当している。

逸話[編集]

近年は中山グランドジャンプ中山大障害の実況を優先的に配されている[3]。その関係もあり、障害競走の実況を担当する際に発せられる、障害に差し掛かる場面での「踏み切ってジャンプ!」は彼の代名詞となっており、踏み切ってジャンプー!TシャツがラジオNIKKEIのネットショップ<さうんろーど>で発売されるほどである[4]

踏み切ってジャンプ!」以外では1999年にメイセイオペラが地方競馬所属馬として史上初の中央競馬GI制覇を達成したフェブラリーステークス[5]9頭落馬事故の際の実況も担当した。

現在担当中の主な番組[編集]

ほか

競馬実況[編集]

中央競馬のGI、J・GI競走[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ グリーンチャンネル キャスター詳細
  2. ^ 山本 直也|アナウンサープロフィール|局アナnet”. 局アナnet. 2015年6月3日閲覧。
  3. ^ 2017年の中山大障害は山本直アナが担当し、その日は阪神競馬場での後半部分を担当した。
  4. ^ ラジオNIKKEI公式グッズ
  5. ^ 挑戦!聴く『競馬クイズ』第7問:去年はドゥラメンテが勝ったんでしたねぇ。”. 日経ラジオ社 (2017年2月21日). 2018年4月18日閲覧。
  6. ^ 【2017年3月の実況担当】山本直アナ、フラワーCで重賞初実況!高松宮記念は8年ぶりに山本直也アナ日経ラジオ社、2017年3月1日閲覧
  7. ^ 【2018年5月の実況担当】山本直アナ、NHKマイルカップで平地GI初実況!山本直也アナはヴィクトリアM初担当ラジオ日経、2018年5月3日閲覧
  8. ^ 【2018年11月の実況担当】今年のJBCは京都で。スプリント・クラシックは檜川アナ、レディスCは山本直也アナが実況!日経ラジオ社、2018年11月1日閲覧
  9. ^ 【2017年11月の実況担当】マイルCSは山本直也アナ、京都のGI初担当!エリザベス女王杯は小塚アナ初担当日経ラジオ社、2017年11月3日閲覧
  10. ^ 【2017年12月の実況担当】大一番・有馬記念は小林アナ。朝日杯FSは大関アナ、中山大障害は山本直アナがそれぞれ初担当!ラジオ日経、2017年11月28日閲覧
  11. ^ ラジオNIKKEIの「代打の神様」!?山本直也アナウンサーの"初" [私の初◯◯実況レース]”. 日経ラジオ社. 2016年4月12日閲覧。