古谷剛彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

古谷 剛彦(ふるや たけひこ、1975年 - [1])は、東京都出身[1]競馬評論家である。内外タイムス記者[2]を経て2009年12月から「楽天競馬スペシャルアドバイザー」となり[1]地方競馬を中心に独特の相馬眼を元にしたパドック解説を行っている。

JRDBとの関わり[編集]

関西大学総合情報学部在学中に赤木一騎率いるJRDBに参加し、相馬眼を磨く。大学卒業後はローカル競馬場を中心としてJRDBのパドック馬体診断担当者を務める。2001年からホッカイドウ競馬の解説者となり[1]、そのころからJRDBとしての仕事は少なくなっている。

その他[編集]

出演番組[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 楽天競馬スペシャルアドバイザーに古谷剛彦氏が就任” (日本語). 楽天競馬からのお知らせ. 楽天競馬 (2009年12月1日). 2011年2月4日閲覧。
  2. ^ 第3回船橋競馬イベント案内(6月9、10、11日)” (日本語). イベント. 千葉県競馬組合 (2008年6月5日). 2011年2月4日閲覧。

外部リンク[編集]