KEIBAコンシェルジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日曜レース展望 KEIBAコンシェルジュ
ジャンル スポーツ・公営競技
放送時間 土曜19:30-21:00(90分)
放送期間 2008年1月5日-
放送国 日本の旗 日本
制作局 グリーンチャンネル
出演者 小木茂光守永真彩ほか
外部リンク グリーンチャンネル

特記事項:
月曜日に競馬開催がある場合、日曜日に「月曜レース展望 KEIBAコンシェルジュ」を放送する。
テンプレートを表示

KEIBAコンシェルジュ (けいばこんしぇるじゅ)は、グリーンチャンネルで放送されている競馬に関するテレビ番組

2006年頃から、主要G1レースの前々日に単発番組として放送され、2008年1月5日からは、「日曜レース展望 KEIBAコンシェルジュ」のタイトルで、毎週土曜日にレギュラーでの放送となっている。2009年からは、3日間開催の場合はその前日(日曜日)に、「月曜レース展望 KEIBAコンシェルジュ」として放送されるようになった。[1]

2017年11月の変則3日間開催の際は、11月3日(金曜日)に「土曜レース展望 KEIBAコンシェルジュ」として放送された。[2]

放送時間[編集]

  • 初回放送
    • (土曜日)19:30~21:00
  • 再放送
    • (土曜日)23:30~25:00、27:30~29:00
    • (日曜日)7:30~9:00

「月曜レース展望」として放送する際は、初回放送は上記と同じだが、再放送は別途時間を定める。

日本ダービー有馬記念の前日や、日本で馬券発売がある海外競馬の展望を行う際は、放送時間を30分拡大する。

概要[編集]

競馬ファンが宿泊する「ホテルクラシック」を舞台に、中央競馬のレース予想を行う番組。単発放送時は、日本ダービーやジャパンカップ、有馬記念などの、重要G1レースが開催される前々日に放送され、そのレースの予想に絞った形で放送されてきた。

2008年1月からのレギュラー放送では、翌日(原則日曜開催分)行われるレースを、コンシェルジュ役である競馬ライター陣が、データ、血統、馬場適性、前走内容などあらゆる角度から展望する。初回放送分は生放送。

これまで同時間帯に放送されてきた「明日のレース分析」(現:「トラックマンTV」)と大きく異なるのは、予想者陣が固定化された点と、予想者が競馬専門紙専属記者から競馬ライターへと変更されたことである[3]。また、毎回テーマを設けて、メールによる視聴者投稿を募り、番組内で紹介している(番組の最後で、翌週のテーマも発表している)。

なお、従来の競馬専門紙記者などによる日曜開催分の予想番組は、「明日の勝ち馬検討社」(現:「教えてVANdaくん! 勝ち馬リサーチャー」)として、別途新設されている。

司会[編集]

過去の司会[編集]

コンシェルジュ[編集]

毎週2名が出演する。[4]小木が出演できない場合[5]は3名体制となり、その内の1名が司会を代行する。

「月曜レース展望」の放送がある場合は、「日曜」と「月曜」で別々のコンシェルジュが出演する。また、拡大スペシャルの際は、コンシェルジュ2名にゲスト解説者を加えた、3名体制とする事がある。

ナレーション[編集]

コーナー[編集]

  • MORNING PLAN
午前中に行われるレース(2008年7月12日までは3連単発売のないレース)から、各コンシェルジュが、それぞれ1レースを予想
  • ORIGINAL PLAN
WIN5対象の特別レース、最終レースをのぞいた午後に行われるレースからコンシェルジュのおすすめのレースをそれぞれ1レースを予想。夏競馬開催中は「SUMMER SELECT PLAN」として、前週の新馬戦の勝ち馬から注目馬の紹介、および、翌日に行われる新馬戦などからコンシェルジュのおすすめのレースをそれぞれ1レースを予想。
  • STANDARD PLAN
WIN5対象の特別レース(SPECIAL PLANで展望したレースを除く)を、各コンシェルジュが、それぞれ1~2レースを予想。
  • SPECIAL PLAN
各場のメインレースを予想、なおGIレースに関しては、その週に出演していないコンシェルジュの予想も発表する。
  • AFTERCARE PLAN
各場の最終レースを予想。なお、夏競馬開催中は「TWILIGHT PLAN」として、各場の最終レースと札幌・函館のはくぼレースの中から1レースを予想。
  • DREAM PLAN
小木が1レースを選んで予想(概ね3連単で1,3着を3頭で固定し、2着にその3頭を含めた6頭程度を選ぶ。通称:小木式)
  • SUMMER PLAN
6-9月の夏季開催限定コース。2歳戦(2016・17年度は馬券還元キャンペーン「夏の2歳単勝」対象)の中から2-3レースを選んで予想する。
  • 今週のメール募集のお知らせ(コーナー名は特にない)
毎月1つのテーマから毎週異なる内容の募集を呼び掛け、メールを紹介するコーナー。
2009年は今週のテーマ(2択式で回答を募る)に寄せられたメールを集計し、その結果を発表。

過去のコーナー[編集]

  • コンシェルジュの控室
前週出演のコンシェルジュ2名と、小木・岡部が、今週のメインレースについて語る。
  • 牝馬限定 PLAN
メインレースが牝馬限定重賞の場合に秘書が本命馬を指名。
  • PREMIUM PLAN
2011年4月23日放送分から2015年12月26日放送分までWIN5の予想を行っており、各コンシェルジュが本命・対向に指名した馬から選ぶ。2011年4月16日までと祝日開催でWIN5の発売がない日は、SPECIAL PLANから1レースを選び、各コンシェルジュ中の予想に小木の予想を加えて、3連複のボックス馬券を推奨する。

番組内の演出[編集]

番組全体を「競馬ファンが宿泊するホテル」に見立てている事から、以下の様な演出を施している。

  • 出演者は、全員がフォーマルウェアを着用する。[10]また、胸元には各自の役職を記したネームバッジを着用する。
    • ネームバッジに関しては、小木が「草野仁のGate.Jプラス」にゲストとして出演した際(2018年3月放送分)、同番組MCの草野仁に対し、小木から直々に草野の名前が記されたバッジを進呈。同時に、当番組への出演を熱望した。
    • その草野は、2018年5月26日放送の「日本ダービースペシャル」に、前述のバッジを着用の上でゲスト出演した。
  • 小木は「支配人」という立場から、他の出演者を「○○君」と呼ぶ。
  • 番組視聴者を、ホテルの宿泊客に見立て、メッセージ紹介の際は「お客様からのメッセージ」と表現する。また、番組エンディングは、宿泊客が競馬観戦に出発する、という設定で、小木が「日曜日の競馬へ、行ってらっしゃいませ。」と言って番組を締めくくる。[11]

特別番組[編集]

競馬予想フェスティバル

グリーンチャンネル・フジテレビONE・BSスカパー!共同制作による番組で、グリーンチャンネルでは、2015年12月17日・19:00 - 20:00に放送。

当番組からは、小木・須田・辻が参加したほか、当番組への出演開始前だった守永も参加した。[12]

KEIBAコンシェルジュ放送開始10周年記念~小木支配人の夏休み

2017年7月20日・23:00-24:00に初回放送。番組開始から10年間、支配人(総合司会)を務め続けてきた小木が、そのご褒美として函館競馬場を訪れ、つかの間の夏休みを過ごした時の様子を放送。競馬開催終了後には津田、古谷を交えた居酒屋トークも行われた。[13]

脚注[編集]

  1. ^ 競馬番組発表時に3日間開催が予定されていた場合に限られ、代替開催や続行競馬の場合には放送されない。
  2. ^ 通常、金曜日夜に放送される「トラックマンTV」は、前日の2日(木曜日)に放送された。
  3. ^ ただし、途中で専門紙(競馬エイト)記者の津田が加わっている。また、辻・津田は、かつてホースニュース・馬の専属記者だった。
  4. ^ 調教・馬体判定を専門としない須田と棟広が同時に出ることはない。
  5. ^ 番組中では「所用により外出」としている。
  6. ^ かつては、初回放送の時間が重複する「競馬予想TV!」(フジテレビONE)に出演していた。
  7. ^ 出演開始時点で競馬エイト専属評論家、2018年現在は同紙トラックマン。
  8. ^ 夏の函館札幌開催期間中は、滞在取材の為スタジオ出演をしない代わりに、毎週現地から電話出演する。
  9. ^ 2016年に数回ゲスト出演し、2017年からレギュラーとして加わる。
  10. ^ ただし、夏競馬期間中の男性出演者は、ノーネクタイとなる。
  11. ^ 「日曜日の競馬」の部分は、回により異なる場合がある。(例えば、G1レース前日なら、そのレース名に変わる、など)
  12. ^ 当時、守永は「トレセンまるごと情報局」の美浦担当リポーターだった。
  13. ^ KEIBAコンシェルジュ放送開始10周年記念~小木支配人の夏休み

外部リンク[編集]

番組公式サイト。コンシェルジュの登場予定など。