月曜馬劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
月曜馬劇場
ジャンル スポーツ・公営競技
放送時間 月曜 23:00 - 23:30(30分)
放送期間 2010年1月11日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 グリーンチャンネル
出演者 本文参照
テンプレートを表示

月曜馬劇場(げつよううまげきじょう)は、グリーンチャンネルで放送されている競馬に関するテレビ番組である。

目次

放送時間[編集]

  • 初回放送
    • 月曜日 23:00 - 23:30
  • 再放送
    • 火曜日 16:30 - 17:00
    • 水曜日 23:00 - 23:30
    • 木曜日 24:00 - 24:30

概要[編集]

2006年から2009年まで放送されたOdds On TV!の実質的な後継枠である。2011年2月28日から同枠で『ハートランド物語』が放送され、「月曜馬劇場」のタイトルではなくなっていたが2013年1月放送の『ターフからの贈り物』から再び放送されている。本枠で放送された番組の一部は平日のアグリネット枠で再放送されることが多い。

番組内容[編集]

2010年[編集]

Gうーまんシリーズ おしえて!競馬の舞台裏[編集]

「Odds On TV!」から続く『Gうーまんシリーズ』の第3弾で、『中央競馬中継』のキャスターが係わる仕事の現場を体験レポートする。1月11日から3月29日まで放送された。全12回。

亀和田武が行く 競走馬のいる風景[編集]

2009年夏に放送された特別番組『馬とともに年中無休 〜土佐黒潮牧場15年目の夏〜』の続編。作家の亀和田武が「馬を愛する人」、「愛情を注がれる馬たち」との出会いと風景を求め、さまざまな場所を訪れた。ナレーターは岡部玲子が務めた。4月5日から6月28日まで放送された。全13回。

  • 第1回、第2回、第3回 ホーストラスト「競走馬に安心した余生を送らせてあげたい」
  • 第4回、第5回 南相馬市ふれあい牧場「相馬野馬追にかける男たち」
  • 第6回、第7回 コスモスホースケア
  • 第8回、第9回、第10回 「九州産馬の命を守る」
  • 第11回、第12回 写真家・内藤律子
  • 第13回 総集編

2012年4月から9月まで『亀和田武が行く競走馬のいる風景2』として続編が放送されている。

KEIBAなんでも調査室[編集]

競馬ファンの疑問を徹底的に調査して解決する。7月5日から9月27日まで放送された。全13回。

  • 第1回「手前をかえるとは?」池山心
  • 第2回「馬の蹄鉄」池山心
  • 第3回「寝藁の行方」前川紘毅
  • 第4回「続・寝藁の行方」前川紘毅
  • 第5回「競馬場で開門を待つ人々」浅野靖典
  • 第6回「競馬場で1日競馬を楽しむ人々」浅野靖典
  • 第7回「競走馬の馬具について」六車奈々
  • 第8回「パドックの見方について」浅野靖典・赤見千尋
  • 第9回「障害馬の調教について」赤見千尋
  • 第10回「競走馬の放牧について」浅野靖典
  • 第11回「競馬に関するお宝鑑定について」池山心
  • 第12回「競走馬のゼッケン/馬の絵画教室について」前川紘毅
  • 第13回「総集編」

岡部フロンティア・NIPPON馬紀行 完結編[編集]

Odds On TV!」の時代から続く、日本の馬事伝承文化を取材したシリーズ・『OKABE Frontier・NIPPON馬紀行』の完結編。10月4日放送開始。

2011年[編集]

うまラボ 〜ランニングフォーム研究所[編集]

1月10日から2月14日まで全6回で放送された。

  • 第1回「ステイヤーVSスプリンター(前編)」
  • 第2回「ステイヤーVSスプリンター(後編)」
  • 第3回「グラスホースVSダートホース(前編)」
  • 第4回「グラスホースVSダートホース(後編)」
  • 第5回「道悪巧者の条件とは?(前編)」
  • 第6回「道悪巧者の条件とは?(後編)」
出演

2013年[編集]

ターフからの贈り物[編集]

レースの裏側に隠された心温まる感動の物語から、時には涙するエピソードを伝える。1月7日から3月25日まで放送された。

  1. オグリキャップ
  2. ステイゴールド
  3. スティルインラブアパパネ
  4. ダイユウサクマティリアル
  5. 記憶に残る名勝負「1999年有馬記念」他(スペシャルウィークグラスワンダーナリタブライアンマヤノトップガン
  6. ディープインパクト
  7. ヤマニングローバルカネヒキリ
  8. ウオッカメジロドーベル
  9. テイエムオペラオー
  10. ノースフライトホクトベガ
  11. サクセスブロッケン
  12. ウィナーズサークルアイネスフウジン

教えてGうーまん日本ダービーを学ぶ[編集]

4月1日から6月24日まで放送された。

新・競馬ワンダラー2[編集]

7月1日から9月30日まで放送された。実質的な前身企画である「Odds On TV!」で正編全3部作(他特番2作)、新編の第1部(近代競馬150周年記念作品。他特番1作)から続くもので、主に関西・中四国・九州地方を訪れた取材の様子を放送した。

週刊競馬用語百識〜知って得する競馬の基礎知識[編集]

10月7日から12月23日まで放送された。

2014年[編集]

ターフからの贈り物 Season 2[編集]

1月6日から3月29日まで放送された。

  • ナビゲーター:金子昇
  1. トウカイテイオー
  2. デュランダル
  3. ヘヴンリーロマンス
  4. ヒシミラクル
  5. ファレノプシス
  6. エイシンプレストン
  7. キングカメハメハ
  8. アグネスデジタル
  9. エアグルーヴ
  10. マンハッタンカフェ
  11. テイエムオーシャン
  12. ダイワメジャー
  13. サイレンススズカ

競馬列伝〜ターフの思い出バトル!![編集]

4月5日から6月30日まで放送された。

JRA60周年記念・競馬タイムトリップ[編集]

7月7日から9月29日まで放送された。

アメリカ横断 馬旅6000キロ[編集]

10月6日から12月22日まで放送された。

2015年[編集]

グリーンチャンネル開局20周年記念番組『細江純子の美しきホースマンたち Try Again』[編集]

1月5日から3月30日まで放送された。

淑子の見た北の大地[編集]

4月6日から6月29日まで放送された。

  • 出演:鈴木淑子

ザ・ベストレースあなたが選んだ名馬たち[編集]

7月6日から9月28日まで放送された。

グリーンチャンネル開局20周年記念番組『岡部幸雄のLife with horses』[編集]

10月5日から12月28日まで放送された。

  • 出演:岡部幸雄

2016年[編集]

新・競馬ワンダラー3[編集]

1月4日から3月28日まで放送された。一連のワンダラーシリーズの通算第6作(他特番3作)で、番組未開の地とされた北陸・東北の日本海側、そして本州最北端・青森県までの旅を追った。

タイムトラベル世界の競馬[編集]

4月4日から6月27日まで放送された。

  • 出演:荘司典子

知っトル!?海外馬券[編集]

7月4日から9月26日まで放送された。

淑子の見た北の大地2016[編集]

10月3日から12月26日まで放送された。2015年放送の正編に続く第2章。2017年に「サマープログラム」として第3章「淑子の見た北の大地2017夏」(単発放送)が企画された。

  • 出演:鈴木淑子

2017年[編集]

競馬と趣味と僕と。〜ホースマン探訪〜[編集]

1月9日から3月27日まで放送された。

うまのこTIM[編集]

4月3日から6月26日まで放送された。

日本列島ダービーの旅[編集]

7月3日から9月25日まで放送された。中央競馬の日本ダービー九州ダービー栄城賞を振り出しに、全国の地方競馬で行われた2017年度の「ダービーシリーズ」、さらに7月の「ジャパンダートダービー」を取材。

  • 出演:小堺翔太、三遊亭五九楽
  • ナレーション:奈波果林
  1. 日本ダービー[1]
  2. 九州ダービー栄城賞[1]
  3. 北海優駿[2]
  4. 東海ダービー[3]
  5. 東京ダービー[4]
  6. 番外編「ダービー馬に会いに行こう(社台スタリオン編)」
  7. 岩手ダービー ダイヤモンドカップ[5]
  8. 兵庫ダービー[6]
  9. 高知優駿[6][7]
  10. 石川ダービー[6]
  11. 番外編「ダービー馬に会いに行こう(日高編)」
  12. ジャパンダートダービー[5]
  13. 総集編「ダービーの旅回顧」
  14. 番外編・ダービーグランプリばんえいダービー(2018年1月17日「水曜馬スペ」にて放送)

未来へ輝け!ヤングジョッキーズファイル2017[編集]

10月2日から12月25日まで放送された。

  1. 横山武史武藤雅藤本現暉藤田凌
  2. 野中悠太郎藤田菜七子保園翔也
  3. 木幡初也木幡巧也臼井健太郎岡村健司
  4. 伴啓太井上敏樹中越琉世櫻井光輔
  5. 松木大地塚本雄大山口以和
  6. 坂井瑠星鮫島克駿水野翔山本咲希到
  7. 森裕太朗岩崎翼渡邊竜也加藤聡一
  8. 川又賢治富田暁永井孝典長谷部駿弥
  9. 荻野極加藤祥太小林凌田村直也
  10. 城戸義政三津谷隼人木村直輝鈴木祐
  11. 義英真小崎綾也栗原大河
  12. トライアルラウンド西日本地区ダイジェスト&ファイナルラウンド出場騎手紹介
  13. トライアルラウンド東日本地区ダイジェスト&ファイナルラウンド出場騎手紹介

2018年[編集]

競馬書記〜語り部たちの記録[編集]

1月15日から放送開始された。競馬中継を担当してきたアナウンサーや司会者・評論家らを毎回1名ずつ取り上げ、その人物の競馬に対する愛情や情熱を鈴木淑子がインタビューする。

  • 出演:鈴木淑子、大関隼(ラジオNIKKEIスポーツアナウンサー)
  1. 長岡一也(元ラジオたんぱアナウンサー)
  2. 杉本清(元関西テレビアナウンサー)
  3. 原良馬(元デイリースポーツ記者→競馬ライター)
  4. 盛山毅(元フジテレビアナウンサー)

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本ダービーと九州ダービー栄城賞は同日開催。このため三遊亭五九楽が日本ダービーを、小堺翔太は九州ダービー栄城賞をそれぞれ取材した
  2. ^ 端役で井上オークス(競馬ライター)、古谷剛彦(ホッカイドウ競馬解説者)が参加
  3. ^ 端役で坂田博昭津田麻莉奈浅野靖典と、東海地方のローカル「競馬タレント」・神田舞が参加
  4. ^ 端役で大井競馬場場内実況の山中寛が参加
  5. ^ a b 端役で井上が参加
  6. ^ a b c 五九楽が兵庫ダービーの取材中に足を骨折する事故を起こしたため、兵庫・高知・石川については小堺単独で取材
  7. ^ 端役で井上、浅野が参加