ひかりTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
4th MEDIAから転送)
ぷらら > ひかりTV
ひかりTV
Hikari-TV logo.svg
ひかりTVのロゴ
開局日2008年3月31日
ネットワークフレッツ光NURO光
所有者NTTドコモ
映像方式MPEG-4 AVC/H.264、MPEG-2、H.265/HEVC(4K)
日本の旗 日本
言語日本語
放送エリア日本の旗 日本
ウェブサイトhttps://www.hikaritv.net/
視聴可能
IP放送
ひかりTVチャンネル101 ch
ひかりTVチャンネル2102 ch
ひかりTVチャンネル4K104 ch
ショップチャンネル150 ch
QVC(キュー・ヴィー・シー)151 ch
ジュエリー☆GSTV153 ch
NHK WORLD TV181 ch
中国テレビ★CCTV大富182 ch
ほか上記の内容は「基本放送サービス」のみ
株式会社アイキャスト
I-Cast, Inc.
Sunshine 60.JPG
アイキャストが入居するサンシャイン60
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
170-6025
東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60 25階
設立 2005年1月17日
業種 情報・通信業
事業内容 有線テレビジョン放送事業
代表者 永田 勝美 (代表取締役社長
資本金 3,000万円
純利益 3億0619万5000円
(2022年03月31日時点)[1]
総資産 57億7976万円
(2022年03月31日時点)[1]
決算期 3月
主要株主 株式会社NTTドコモ 100%
外部リンク http://www.i-cast.co.jp/
テンプレートを表示
株式会社オン・デマンド・ティービー
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 東京都渋谷区渋谷1丁目11番8号
渋谷パークプラザ5F
設立 2002年10月4日
業種 情報・通信業
事業内容 テレビ向け映像配信事業
代表者 上間功也 (代表取締役社長
資本金 30億2750万円
決算期 3月
主要株主 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(45.85%)
伊藤忠商事株式会社(44%)
株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(5%)
西日本電信電話株式会社(5%)
東日本電信電話株式会社(0.15%)
特記事項:上記は、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社2007年12月21日ニュースリリース別紙[2]による。
テンプレートを表示

ひかりTV(ひかりティーヴィー)は、NTTドコモが展開する映像配信サービスを中心としたブランドである。

本項では、「ひかりTV」のブランドを冠した各種サービスや関連するサービスについても併せて解説する。

概要[編集]

過去にNTTぷららが運営していた「4th MEDIA」や、同社に譲渡された「オンデマンドTV」、同社と同じNTTグループのNTTコミュニケーションズが運営していた「OCNシアター」の3サービスを統合する形で2008年3月31日より提供を開始した。

当ブランドの根幹を成す映像配信サービスの「ひかりTV」は、NTT東日本西日本フレッツ光およびそれを利用する光コラボレーション事業者[3]、もしくはソニーネットワークコミュニケーションズNURO光と契約し、光通信回線の敷設工事が完了している世帯で利用できる。通信事業者によってはオプションサービスとして光通信回線と同時に契約することもできる一方で、敷設されている回線のタイプによっては利用できない場合もあるため、あらかじめひかりTVや通信事業者へ確認するのが望ましい[4]

ケーブルテレビにおける多チャンネル放送に相当するサービス(IP放送)で、テレビ放送(電気通信役務利用放送法に基づく有線役務利用放送放送法に基づく有線一般放送)とビデオ・オン・デマンド(VOD、電気通信事業法に基づく有線電気通信)を、同一のIPマルチキャストリソースを用いて提供している。解像度ハイビジョン画質では最大1440×1080、4K画質では最大3840×2160で、ビットレートはハイビジョン画質では15Mbps、4K画質では30Mbpsである(いずれもテレビ・ビデオの各サービス共通)。

テレビ放送サービスは、前身の4th MEDIAからの流れで、NTTぷらら→NTTドコモの子会社である一般登録放送事業者の「株式会社アイキャスト」により提供されている(VOD等のその他のサービスはNTTドコモによる直営である)。

サービスキャラクターは「ひかりカエサル」。

沿革[編集]

2002年(平成14年)
10月4日 - 前身の一つである「オンデマンドTV」を運営する株式会社オン・デマンド・ティービーが設立。
2003年(平成15年)
10月 - 前身の一つである「4th MEDIA」のテレビ放送サービスを担う株式会社オンラインティーヴィが株式会社ジュピター・プログラミング(後のジュピターTVSCメディアコム)により設立。
2005年(平成17年)
1月18日 - 現在のテレビ放送サービスの提供元である株式会社アイキャストが設立。
2008年(平成20年)
3月1日 - 前述のオンラインティーヴィ社がアイキャストに吸収合併され、オン・デマンド・ティービー社がNTTぷららに事業譲渡される。
3月31日 - ひかりTV(テレビ・VOD)のサービスを開始[5]
5月 - 東京都・大阪府で地上デジタル放送の再送信を開始[6][7]。以後、順次対象の都道府県を拡大。
7月 - カラオケサービスを開始[8]
7月31日 - 4th MEDIAとオンデマンドTVがひかりTVに統合され、サービス終了。
12月 - NHKオンデマンドの提供開始。
2009年(平成21年)
3月11日 - 50万会員突破[9]
6月15日 - 「MM総研大賞2009」において「次世代ネットワーク製品・サービス部門」の最優秀賞を受賞[10][11]
2010年(平成22年)
3月 - TBSチャンネルTBSニュースバードの放送を開始。民放キー局系の専門チャンネルをIP放送として初めて提供する[12][13]。一方、J:COMの関連会社が提供するチャンネルのほとんどが月末で放送終了となった[14][15](後年に提供を再開したチャンネルもある)。月末に100万会員突破[16]
9月 - ひかりTVショッピングの提供開始。
12月 - NHKのBSデジタル放送の提供開始[17]
2011年(平成23年)
7月 - ひかりTVをスマートフォン・タブレット端末で視聴出来るアプリ「ひかりTVどこでも」の提供開始[18]
2012年(平成24年)
3月末 - 200万会員達成[19]
6月6日 - World IPv6 Launchに参加。完全にIPv6対応となる[20]
2013年(平成25年)
3月1日 - 定額音楽配信サービス「ひかりTVミュージック」を開始[21]
2014年(平成26年)
10月27日 - 4K映像によるVOD配信「ひかりTV 4K」を開始[22]
2015年(平成27年)
2月末 - 300万会員達成[23]
11月30日 - 4K画質の独自チャンネル「ひかりTVチャンネル4K」の放送開始[24][25]
12月8日 - 「JC-HITS」を運営するケーブルテレビ向けの有料放送管理事業者ジャパンケーブルキャストの株式を取得[26]。これに先立つ同年11月24日より、「JC-HITS」を利用している愛媛CATVと業務提携を結び、ひかりTVの各サービスを同社との契約者向けに提供開始[27][28]
2016年(平成28年)
12月1日 - 吉本興業系列のアイドル専門チャンネル・Kawaiian TVと提携し、「Kawaiian for ひかりTV」を開局。4K映像による放送チャンネル「Kawaiian for ひかりTV4K」も同時開局[29](3年後の2019年11月30日閉局[30])。ひかりTV向けの独自番組として、NMB48が出演する『ぽくぽく百景もぐもぐ旅』を放送開始。
12月1日 - 民放系のBS5局(BS日テレBS朝日BS-TBSBSジャパン→BSテレ東BSフジ)の放送開始[29]
2017年(平成29年)
4月25日 - スマートフォン向け映像配信アプリ「大阪チャンネル」の提供開始[31]
2018年(平成30年)
3月 - ソニーネットワークコミュニケーションズNURO光にて、「ひかりTV for NURO」としてサービス開始[32]
2022年(令和4年)
7月1日 - 運営会社のNTTぷららをNTTドコモが吸収合併し、同日付で本サービスもNTTドコモのサービスに組み込まれた[33][34]。これに合わせ、同日以降の新規契約者向けの料金プランの変更などが行われた[35]

テレビ向けサービス[編集]

あらかじめ光回線と接続した外付けの専用チューナーを用意し、テレビ等と接続して視聴する[36]。専用チューナーは契約と同時にレンタルするか、別途「ひかりTVショッピング」等で購入しておく必要がある。チューナーを内蔵したテレビやPCも発売されており、対応する機種であればインターネットのLANケーブルを接続するのみで視聴できる[37]

地上デジタル放送(20都道府県のみ[注 1])やBSデジタル放送・各種専門チャンネル、およびビデオ配信(VOD)サービスを提供している。なお、専門チャンネルでは権利の関係で放送できない番組があり(民放各局で過去に放送されたもののごく一部)、該当する番組の放送中は別の番組に差し替えられる。

地上デジタル放送については、2008年5月9日開始の東京都を皮切りに、2021年11月現在は20都道府県[注 1]で取り扱っている。ただし、区域外再放送は各放送局などからの同意が得られておらず、全く実施されていないため、隣接する県の放送局をアンテナやケーブルテレビ等で受信・視聴できる地域の世帯(スピルオーバー)では、従来視聴できていた隣接県の放送局が視聴できなくなるという問題が生じている[注 2][注 3]

PCでの視聴時はDLNAアプリを使用し、OSがWindowsの場合はソニーの『PC TV Plus』もしくは『DiXiM Digital TV plus』[38]OS XおよびmacOSでは『Stationtv TV Link』が対応している。外出先からの視聴や後述のスマホ・タブレット向けサービスでの利用は不可(録画・視聴予約の設定は可能[39])。ビデオサービスについてはブラウザを介して視聴できる[40]

番組の録画には別売りのハードディスクが必要となる[41](チューナー内蔵のテレビ[42]では一部機種のみ対応)。いずれのチャンネルにもコピーガード信号が混入しているため、BDレコーダーDVDレコーダー等のデジタル式レコーダーでは録画することができない。アナログ式レコーダーには録画可能[注 4]だが、コピーガード信号自体は記録されるため、そこからデジタル式レコーダーへのコピーはできない。ブルーレイディスクダビングをする場合は、PCを使用し前述の『PC TV Plus』をインストールして行う(有料だが、一定期間無料の体験版あり[43])。

料金プラン[編集]

専門チャンネルおよびビデオサービスの有無に応じて、複数の料金プランが用意されている。地上波およびBSの全チャンネルと、一部の専門チャンネル(ひかりTVオリジナルのチャンネルと、通販系などの少数のチャンネル)はどのプランでも視聴することができ、別料金のオプションチャンネル(旧・プレミアムチャンネル)を追加することもできる。4K放送のBSチャンネルやビデオ作品にも対応している[44][45](対応するテレビ等の受信機[46]が必要、専用チューナーは一部の機種のみ対応[47][48][49][50])。ビデオサービスについては、月額課金制のビデオパック(旧・プレミアムビデオ)と、PPV形式のレンタル/購入ビデオ(旧・オプションビデオ)を利用できる。

新規契約者向けに「ひかりTVはじめて割」(2022年6月30日までは「2ねん割」)というキャンペーンが常に行われており(基本プランでは対象外)、2年間の継続利用を条件に月額料金が2年間割引される。専用チューナーをレンタルする場合は割引の適用の有無で機種が変わり、申し込む場合はトリプルチューナーモデルに、申し込まない場合はシングルチューナーモデルになる[51]。2年以内に解約もしくは「基本プラン」や「お手がるプラン」に変更した場合は違約金を請求される。

2022年7月1日の運営会社変更に合わせ、同日以降の新規契約者向けのプランの内容が変更された(既存の契約者は従来通り)[35]

2022年7月1日以降の新規契約者[編集]

  • 基本プラン
基本放送のみ
  • 専門チャンネルプラン
基本放送と見放題チャンネル、ビデオサービスの一部の無料作品
  • 専門チャンネル・ビデオプラン
基本放送と見放題チャンネル、ビデオサービスの全ての見放題作品

2022年6月30日までの既存契約者[編集]

  • 基本放送プラン
基本放送(旧・基本サービス)のみ
  • テレビおすすめプラン
基本放送と見放題チャンネル(旧・ベーシックチャンネル)、ビデオサービスの一部の無料作品(旧・ベーシックビデオ)
  • ビデオざんまいプラン
基本放送とビデオサービスの全ての見放題作品
  • お値うちプラン
基本放送と見放題チャンネル、ビデオサービスの全ての見放題作品

両者共通[編集]

  • お手がるプラン
基本料0円で、一時的にどのチャンネルも視聴できなくなる[52]プランで、解約手続きを行おうとするとこのプランを勧められる[53]。ビデオ配信については、個別に料金を支払えば視聴できる(専用チューナーが必要)。

スマートフォン・タブレット向けサービス[編集]

前述のテレビ向けサービスとは別に、光回線や専用チューナーがなくても、スマートフォンやタブレットを通じてビデオ配信を視聴できるプランが用意されている[54]。料金プランは以下の通り。

一部の専門チャンネルも視聴可能だったが、エントリープランでは2021年12月6日をもって[55]、バリュープランと無料会員プランでは2022年6月30日をもって[56]、それぞれ提供を終了した。ビデオパックについては、いずれのプランでも別料金で視聴可能。

  • バリュープラン[57]
「バリュープラン見放題」の作品が視聴可能[注 5]。これらのビデオはエントリープラン・無料会員プランでは視聴不可。
テレビサービスはひかりTVチャンネル中国テレビ★CCTV大富と、追加契約でプレミアムチャンネルを含む一部の専門チャンネルが視聴可能であった。
  • エントリープラン[58]
「エントリープラン見放題」の作品が視聴可能。NTTぷらら→NTTドコモのプロバイダ「ぷらら」の契約者に限り、特典として追加料金なしでこのプランが付帯される[59](ぷららの契約者以外も有料で契約可能)。
  • 無料会員プラン
「無料」の作品が視聴可能。
テレビサービスについては、「バリュープラン」で無料で視聴できるひかりTVチャンネル・中国テレビ★CCTV大富は視聴できず、その他の一部専門チャンネルについては同様に追加契約をすれば視聴可能であった。

テレビサービスのチャンネル一覧[編集]

地上波については、契約世帯の都道府県を放送対象地域とする放送局を視聴できる。前述の通り区域外再放送が一切行われていないため、隣接する他府県の放送局はアンテナ等で受信できる地域であっても視聴できない[注 2][注 3]

スマートフォン・タブレットで視聴できるチャンネルについては、以下の凡例のように、契約内容により異なる(地上波・BS各局は対象外)。

凡例
  • ◎ - 料金プランを問わず「全契約者」が追加料金なしで視聴可能(オプションチャンネルは各チャンネルの契約者のみ)
  • ○ - 「専門チャンネル・ビデオプラン」・「専門チャンネルプラン」・「お値うちプラン」・「テレビおすすめプラン」の契約者は追加料金なしで視聴可能
  • △ - 「バリュープラン」の契約者は追加料金なしで視聴可能(2022年6月30日をもって提供終了)
  • ▲ - バリュープランおよび無料会員プランの契約者は、「別途有料の追加契約」を行うことで視聴可能(2022年6月30日をもって提供終了)

BSデジタル放送[編集]

Ch リモコン番号 チャンネル名 放送開始日 放送終了日 備考
101 1 NHK BS1 2010年12月1日[17] [注 6]
102
103 3 NHK BSプレミアム 2011年4月1日
104
141 4 BS日テレ 2016年12月1日[29]
151 5 BS朝日
161 6 BS-TBS
171 7 BSテレ東
181 8 BSフジ
211 11 BS11 2019年4月1日[60]
222 12 BS12 トゥエルビ
231 放送大学BSキャンパスex
232 放送大学BSキャンパスon

新4K8K衛星放送[編集]

4K放送対応のチューナーを使用することで視聴可能。左旋4K・8K放送には未対応である。

Ch リモコン番号 チャンネル名 放送開始日 放送終了日 備考
101 1 NHK BS4K 2019年9月12日[61]
141 4 BS日テレ 4K
151 5 BS朝日 4K
161 6 BS-TBS 4K
171 7 BSテレ東 4K
181 8 BSフジ 4K

基本放送[編集]

全ての料金プランで視聴できる。2022年6月30日までの名称は「基本サービス」。

ジャンル Ch チャンネル名 放送開始日 放送終了日 記号・備考
基本放送 101 ひかりTVチャンネル ◎△/コミュニティチャンネルに相当
102 ひかりTVチャンネル2 2021年2月12日(再開[62] 2020年3月30日[63] ◎△/同上
104 ひかりTVチャンネル4K 同上。4K画質放送
テレビ通販 150 ショップチャンネル
151 QVC(キュー・ヴィー・シー)
153 ジュエリー☆GSTV 2014年11月1日[64]
外国語・ニュース 181 NHK WORLD TV 2013年11月4日[65] [注 7]
182 中国テレビ★CCTV大富 2011年4月1日(再開[67] 2010年3月31日[68] ◎△[注 8][注 9]

見放題チャンネル[編集]

「専門チャンネル・ビデオプラン」と「専門チャンネルプラン」の契約者が視聴可能。2022年6月30日までの名称は「ベーシックチャンネル」で、同日までの契約者については「お値うちプラン」と「テレビおすすめプラン」の契約者が視聴可能。

ジャンル Ch チャンネル名 放送開始日 放送終了日 記号・備考
映画 251 WOWOWプラス 映画・ドラマ・スポーツ・音楽
252 ザ・シネマ
260 日本映画専門チャンネル 2009年4月1日[70]
261 映画・チャンネルNECO 2009年10月1日[71]
アニメ 350 アニマックス
351 キッズステーション テレビアニメ・劇場版・OVA
352 海外アニメ!カートゥーン ネットワーク
353 ディズニージュニア 2013年4月1日[72]
ドラマ 450 FOX
451 スーパー!ドラマTV
452 AXN 海外ドラマ
455 AXNミステリー 2010年4月1日[73]
460 ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ 2009年4月1日[70]
461 時代劇専門チャンネル 2010年4月1日[73]
エンターテインメント 470 TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画 2010年3月1日[12]
471 TBSチャンネル2 名作ドラマ・スポーツ・アニメ 2014年4月1日[74] [注 10]
550 ディズニー・チャンネル
554 MONDO TV
555 日テレプラス ドラマ・アニメ・音楽ライブ 2010年5月1日[75]
556 テレ朝チャンネル1
557 テレ朝チャンネル2 2013年4月1日[注 11][72]
2017年3月1日(再開[76]
2016年3月31日[77]
558 ファミリー劇場 2011年4月1日[67]
559 エンタメ〜テレ☆シネドラバラエティ 2011年4月1日[67]
560 フジテレビONE スポーツ・バラエティ 2010年10月1日[78]
2016年4月1日(再開[77]
2012年6月30日[注 12][79] ○▲[注 13]
561 フジテレビTWO ドラマ・アニメ
韓流・華流 552 KBS World ○▲
553 アジアドラマチックTV(アジドラ)
音楽 650 音楽・ライブ! スペースシャワーTV
651 100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス
653 MUSIC ON! TV(エムオン!)
655 歌謡ポップスチャンネル 2009年11月1日[71]
スポーツ・ニュース 750 GAORA SPORTS
751 スカイA 2009年4月1日[70]
752 日テレジータス 2010年5月1日[75]
753 スポーツライブ+ 2021年4月1日[80]
860 TBS NEWS 2010年3月1日[12]
861 BBCワールドニュース ○▲
862 日テレNEWS24 2015年4月1日[81]
2019年4月26日(再開[60]
2017年3月31日[76]
863 CNNj 2020年4月1日(再開[63] 2010年3月31日[14]
ドキュメンタリー 811 ナショナル ジオグラフィック
812 ヒストリーチャンネル 日本・世界の歴史&エンタメ 2009年4月1日[70]
趣味・教養 830 旅チャンネル 2019年4月26日(再開[60] 2014年3月31日[74]
831 ダンスチャンネル by エンタメ〜テレ 2019年4月26日[60]
832 囲碁・将棋チャンネル ○▲

オプションチャンネル[編集]

全ての料金プランで、別途追加契約を申し込むことで視聴できる。2022年6月30日までの名称は「プレミアムチャンネル」。

オプションチャンネル(BS)[編集]

ジャンル Ch リモコン番号 チャンネル名 放送開始日 放送終了日 記号・備考
エンターテインメント 191 9 WOWOW プライム 2010年10月1日[78] 3チャンネルセット
192 WOWOW ライブ
193 WOWOW シネマ

オプションチャンネル(専門チャンネル)[編集]

ジャンル Ch チャンネル名 放送開始日 放送終了日 記号・備考
映画 280 スターチャンネル1 3チャンネルセット
281 スターチャンネル2
282 スターチャンネル3
290 衛星劇場 2009年4月1日[70]
291 東映チャンネル 2009年10月1日[71]
292 V☆パラダイス 2010年4月1日[73] ◎▲
アニメ 380 アニメシアターX (AT-X) 2009年11月1日[71]
韓流・華流 570 KNTV 2009年11月1日[71] [注 14]
571 Mnet
エンターテインメント 562 フジテレビNEXT ライブ・プレミアム [注 12]
スポーツ・ニュース 754 ゴルフネットワーク 2012年4月1日(再開[84]
2018年3月20日(再開[85]
2010年3月31日[14]
2015年3月31日[81]
[注 15]
757 J SPORTS 1 2013年4月1日(再開[72] 2010年3月31日[14] 4チャンネルセット[注 16]
758 J SPORTS 2
759 J SPORTS 3
760 J SPORTS 4
761 FIGHTING TV サムライ
766 CNN/US 2014年4月1日[74]
877 日経CNBC [注 17]
ドキュメンタリー 820 ディスカバリーチャンネル 2020年8月1日(再開[89] 2010年3月31日[14]
趣味・教養 840 釣りビジョン
841 パチ・スロ サイトセブンTV
842 パチンコ★パチスロTV! 2010年10月1日[78]
843 刺激ストロングチャンネル 2021年10月1日[90] ◎▲
公営競技 770 グリーンチャンネル
771 グリーンチャンネル2
772 SPEEDチャンネル1 2015年10月1日[91] ◎▲
773 SPEEDチャンネル2
774 南関東地方競馬チャンネル 2021年10月1日[90] ◎▲
775 地方競馬ナインSELECT 2022年4月1日[92] ◎▲
776 レジャーチャンネル 2022年4月1日[92] ◎▲
外国語 876 フランス国際放送TV5MONDE
アダルト[注 18] 900 パラダイステレビ
901 ミッドナイト・ブルー
902 レインボーチャンネル
903 チェリーボム
904 プレイボーイチャンネル
905 レッドチェリー

放送を終了したチャンネル[編集]

HDSDの両方で放送されていたチャンネルはHDの番号のみ記載。

ジャンル Ch チャンネル名 放送開始日 放送終了日 記号・備考
エンターテインメント 103 Kawaiian for ひかりTV 2016年12月1日 2019年11月30日[30] [注 19]
105 Kawaiian for ひかりTV4K 上記103chと同一内容の4K画質チャンネル[注 19]
258 Dlife 2012年4月10日[95]
2014年4月1日(再開[74]
2013年3月31日[72]
2020年3月31日[96]
532 EXエンタテイメント 2010年3月31日[68]
551 ディズニーXD 2014年4月1日(再開[74] 2013年3月31日[72]
2021年1月31日[97]
テレビ通販 113 プライム365.TV 2009年4月1日[70] 2010年6月30日[98]
152 ジャパネットチャンネルDX 2021年3月31日[99]
映画 250 ムービープラス 2010年3月31日[14]
253 FOXムービー プレミアム 2009年4月1日[70] 2016年3月31日[77]
アニメ 301 ニコロデオン/アニメ・子どもTV 2009年9月30日[71]
ドラマ 453 FOXクラシック 名作ドラマ 2016年3月31日[77]
454 FOXライフ 2009年4月1日[70] 2011年10月31日[100]
456 ユニバーサルチャンネル 2013年3月31日[72]
501 LaLa TV 2010年3月31日[14]
韓流・華流 572 DATV 2013年7月1日[101] 2021年5月31日[102]
音楽 604 安らぎの音楽と風景/エコミュージックTV 2010年3月31日[14]
670 クラシカ・ジャパン 2020年10月31日[103]
652 MTV 2012年3月31日[104]
654 Music Japan TV 2012年3月31日[104]
スポーツ 741 FOXスポーツ&エンターテインメント 2012年4月10日[95] 2020年3月31日[96] [注 20]
753 ザ・ゴルフ・チャンネル 2010年4月1日(再開[73] 2009年3月31日[105]
2012年3月31日[104]
ドキュメンタリー 502 アニマルプラネット 2010年3月31日[14]
813 ナショジオ ワイルド 2011年10月1日[100] 2013年3月31日[72]
趣味・教養 305 Baby TV 2009年4月1日[70] 2013年3月31日[72]
820 ベネッセチャンネル 2009年3月31日[105]
824 ファッションTV 2010年4月1日[73] 2013年3月31日[72]
831 FOODIES TV 2016年3月18日[106]
891 DOGTV 2015年9月30日[107]
外国語・ニュース 183 euronews 2015年12月1日[108] 2022年3月31日[109] ◎△[注 21]
853 e-天気.net 2011年3月31日[67]
870 ブルームバーグテレビジョン 2009年4月30日[105]
871 Bloomberg Television(英語版)
880 Australia Network 2008年9月30日[111]
881 DEUTSCHE WELLE 2008年9月30日[111]
886 TVB大富 2010年3月31日[68] [注 9]
887 鳳凰衛視 2010年3月31日[71]

テレビ・ビデオ以外のサービス[編集]

カラオケサービス
専用チューナーには通信カラオケの機能が搭載されており、追加料金を支払うことでカラオケを楽しむことができる(テレビ・ビデオのいずれかのプランに契約している必要がある)。料金は月額制の「歌い放題パック」(2022年6月30日までは「カラオケ・プレミアムパック」)と1日単位の「24時間パック」の2つがあり、曲ごとの課金ではない。タイトーとの協働[8]
楽曲の一覧はチューナーまたはひかりTVの公式サイトから閲覧可能。選曲番号はJOYSOUNDと互換性があり、本サービス向けに配信されている楽曲であれば、同じ番号で再生が可能である。ガイドボーカル機能にも対応している。
ライブサービス
専用チューナーを使用して、PPV形式でライブ公演を視聴できるサービス。料金は公演ごとに異なる。2021年11月より提供開始[112]
ひかりTVショッピング
ひかりTVが運営する通販サイト。ひかりTVの契約者以外も利用できるが、商品の購入には会員登録が必要。
当初は専用チューナーや録画用のハードディスクといったひかりTVに関連する商品が中心だったが、後に流通各社との提携[113]により品数が増え、2021年現在は家電製品を中心に多くの品目を取り扱っている。価格.comに登録されている商品もある[114]
購入金額に応じてぷららポイントが貯まるほか、ショッピング内外で貯まったポイントによる決済も可能。専用チューナーからも利用できる(一部の機種を除く)。
ひかりTVブック
電子書籍の販売サービス。オプティムとの協働。雑誌読み放題を展開しており、雑誌はタブホから提供される。
ひかりTVミュージック
2013年3月1日より定額制ストリーミングサービスとして開始した音楽配信サービス[21]レコチョクとの協働で、楽曲はレコチョクから提供される。2015年10月29日よりダウンロードサービスも開始。
スマートフォンにも対応。専用チューナーではPM-700、ST-770、M-IPS200が対応する。
ひかりTVゲーム
ゲームサービス。定額遊び放題あり。
ひかりTVどこでも
スマートフォンやタブレットでひかりTVのテレビ・ビデオサービスを利用するための純正アプリ[115]。2011年8月1日提供開始[18]
りもこんプラス
スマートフォンまたはタブレット端末を、リモコンのように扱えるサービス[116]。2021年11月30日12時をもって提供終了[117]

ひかりカエサル[編集]

ひかりカエサルは、ひかりTVのサービスキャラクターである。水色のの外見に似合わず、渋い男性の声で話す。元々服を着ていないが、自分が裸であることを自覚しており、テレビCMではそれをネタにすることもある。そのテレビCMは電通電通テック、およびTUGBOATによる制作で、2009年2月7日より順次全国で放映された[118]

テレビCMでは基本的に画面中央に直立しており、ほとんど動かない。しかし過去に提供されたスクリーンセーバー内では動き回り、時にバク宙も披露したり、瞬間移動をしたりする。特技はダンス・漫才・歌。夜には家でカラオケの練習をしている(前述の通り、ひかりTVでは専用チューナーを使ってカラオケを楽しむこともできる)。詳細は不明だが、家族がいる。

2010年には短編のオリジナルアニメ『あっ、どうも。ひかりカエサルです。〜これでも一生懸命やっているんです〜』が制作され、同年2月より「ひかりTV STYLE」(現在のひかりTVチャンネル)およびビデオサービスで放送・配信された[119]

4Kサービスの開始に合わせ、高精細を強調した「リアルなひかりカエサル」も登場した[120]

めちゃ×2イケてるッ!』では岡村隆史により「わらわザル」としてCMのパロディが行われた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b
  2. ^ a b 主に三大都市圏の各都府県での、契約世帯の所在地に隣接する独立県域放送局においてこの問題が生じやすい。独立局に限定しなければ、兵庫県京都府におけるテレビ大阪テレビ東京系列)などの事例もある。
  3. ^ a b 専用チューナーを使用する場合、住宅等にアンテナが設置されていれば、テレビ等の受信機と部屋側の端子をアンテナケーブルで直接接続することで、チューナーを介さずに従来通り視聴可能。
  4. ^ マクロヴィジョンやカラーストライプ等とは異なり、これらのコピーガード特有の乱れは表れない。
  5. ^ NMB48の番組は、大阪チャンネル契約者のみ視聴可能の回もある。また、見逃し視聴ができない番組もある。
  6. ^ 2010年12月1日から2011年3月31日までは、(旧)BS1・BS2BSハイビジョンの3チャンネル体制。
  7. ^ 2015年11月30日までは「NHK WORLD TV(ひかりTVチャンネル3)」として「ひかりTVチャンネル」の第3チャンネルという扱いだったが、翌12月1日より「NHK WORLD TV」に変更された[66]
  8. ^ 2012年10月1日より、プレミアムチャンネルから基本サービスに変更された。また、2010年3月31日の放送終了までの期間もプレミアムチャンネルだった[69]
  9. ^ a b 2010年3月31日(新規契約は同年2月28日)までは、CCTV大富(当時)とTVB大富は「中国総合大富セット」と称する2チャンネルセットでプレミアムチャンネルとして放送していた。
  10. ^ 横浜DeNAベイスターズ主催のプロ野球中継のみ視聴可能。
  11. ^ 朝日ニュースター」として放送開始。
  12. ^ a b 2012年6月30日(新規契約は同年4月30日)までは、ONE・TWO・NEXTの3チャンネルセットでプレミアムチャンネルとして放送していた。
  13. ^ フジテレビONE・フジテレビTWOのスマートフォン・タブレット向け配信は、2チャンネルセットでの契約となる。
  14. ^ 契約者は公式アプリ「KNTV+」を無料で利用可能(申し込みが必要)[82][83]
  15. ^ 2015年の放送終了まではベーシックチャンネルだったが、2018年の放送再開後はプレミアムチャンネルに変更された。また、スマートフォン・タブレット向け配信については、エントリープランでは当チャンネルのみ対象外だった(その他のチャンネルは全て両プラン共通)。
  16. ^ 「J SPORTS 1・2・3」の放送を再開した2013年4月1日以降。広島東洋カープ主催のプロ野球中継の一部は、広島県および隣接する岡山県・島根県・山口県の全域と兵庫県・鳥取県の一部地域では視聴不可となる(2017年までは地域以外にも条件があった[86][87])。
  17. ^ 2013年7月1日より、ベーシックチャンネルからプレミアムチャンネルに変更[88]
  18. ^ 申し込みに加えて、契約者本人が18歳以上(2022年6月30日までは20歳以上)であることを証明する身分証明書類の提出が必要[93][94]
  19. ^ a b スカパー!などでも「Kawaiian TV」の名称で放送していたが、一部ひかりTV向けの独自番組があり、番組表も別に用意されていた(生放送は基本的に同じ)。
  20. ^ FOX bs238」として放送開始。2013年4月1日より、基本サービスからベーシックチャンネルに変更された[72]
  21. ^ 2017年5月10日までは英語とフランス語の2か国語放送を行っていたが、翌日以降は英語音声のみとなった[110]

出典[編集]

  1. ^ a b 株式会社アイキャスト 第18期決算公告
  2. ^ エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社. “別紙” (日本語). 2008年6月4日閲覧。
  3. ^ ひかりTV | インターネット | ソフトバンク
  4. ^ 導入ステップ | 加入ガイド | ひかりTV
  5. ^ フレッツ光 ネクスト、フレッツ光に対応したTV向け映像配信サービス『ひかりTV(ひかりティービー)』のサービス開始について”. ひかりTV (2008年3月31日). 2022年1月23日閲覧。
  6. ^ 映像配信サービス「ひかりTV」における地上デジタル放送IP再送信の開始について”. NTTぷらら (2008年5月8日). 2022年2月6日閲覧。
  7. ^ 映像配信サービス「ひかりTV」における、地上デジタル放送IP再送信の提供エリア拡大について”. NTTぷらら (2008年5月22日). 2022年2月6日閲覧。
  8. ^ a b 「ひかりTV」でカラオケサービスの提供を開始〜ポップス、演歌、アニメソングなど新譜を含む13,000曲以上をラインナップ〜”. NTTぷらら (2008年3月31日). 2022年2月6日閲覧。
  9. ^ 「ひかりTV」、会員50万契約突破について”. NTTぷらら (2009年3月23日). 2022年2月6日閲覧。
  10. ^ 映像配信サービス「ひかりTV」が、「MM総研大賞2009」の次世代ネットワーク製品・サービス部門の最優秀賞を受賞”. NTTぷらら (2009年6月15日). 2022年2月6日閲覧。
  11. ^ 「MM総研大賞2009」実施と審査結果のお知らせ”. MM総研 (2009年6月15日). 2022年2月6日閲覧。
  12. ^ a b c チャンネルラインナップ追加のお知らせ”. ひかりTV (2010年2月16日). 2022年1月29日閲覧。
  13. ^ 「ひかりTV」で、「TBSチャンネル」「TBSニュースバード」を3月より放送開始! 〜民放キー局チャンネル、IP放送で初提供〜”. NTTぷらら (2010年1月29日). 2022年2月6日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i 3月31日(水)放送終了チャンネルについて<差替>”. ひかりTV (2010年3月24日). 2022年1月29日閲覧。
  15. ^ ひかりTV,「J sports系3ch」と「ゴルフネットワーク」が3月31日に放送終了へ - ニュース:ITpro 2010年3月19日
  16. ^ 「ひかりTV」、100万会員突破について〜記念キャンペーン、『いったよ100万!キャンペーン』を実施〜”. NTTぷらら (2010年4月8日). 2022年2月6日閲覧。
  17. ^ a b BSデジタル放送「NHK BS」提供開始!NHKオンデマンドでは「特選見放題パック」が新登場!”. ひかりTV (2010年12月1日). 2022年1月29日閲覧。
  18. ^ a b 「ひかりTV」をスマートフォン、タブレット端末で視聴できる『ひかりTVどこでも』サービスの提供開始”. NTTぷらら (2011年7月29日). 2022年2月6日閲覧。
  19. ^ 「ひかりTV」における200万会員の達成および今後の展開について”. NTTぷらら (2012年4月9日). 2022年2月6日閲覧。
  20. ^ “「World IPv6 Launch」への参加について” (プレスリリース), NTTぷらら, (2012年5月18日), http://www.nttplala.com/news_releases/2012/5/20120518.html 
  21. ^ a b “邦楽も充実、月額980円で聴き放題の音楽配信サービス「ひかりTVミュージック」、レコチョク社との協業により提供開始” (プレスリリース), NTTぷらら, (2013年1月25日), http://www.nttplala.com/news_releases/2012/1/20130125.html 
  22. ^ 中林暁「国内初の4K商用配信「ひかりTV 4K」、10月27日開始で月額1,080円〜。NHK含む110本以上」『AV Watch』、2014年10月3日。2022年2月6日閲覧。
  23. ^ 「ひかりTV」 300万会員の達成について
  24. ^ ひかりTV、11月30日より4K-IP放送を開始〜2チャンネルを開局。お笑いライブや独自番組の生中継も!〜 〜4Kによる放送とVOD、両サービスを唯一楽しめるスマートTVサービスへ〜”. NTTぷらら (2015年11月17日). 2022年2月6日閲覧。
  25. ^ 中林暁「ひかりTVが4K-IP放送を11月30日開始、4K STBレンタルは月額900円に値下げ」『AV Watch』、2015年11月17日。2022年2月6日閲覧。
  26. ^ ジャパンケーブルキャスト株式会社の株式取得および協業による事業推進について”. NTTぷらら (2015年12月17日). 2022年2月6日閲覧。
  27. ^ NTTぷららとジャパンケーブルキャスト、愛媛CATVの業務提携による「ひかりTV with 愛媛CATV」の提供開始について〜IPTV事業者とCATV事業者、国内で初めての業務連携〜”. NTTぷらら (2015年11月17日). 2022年2月6日閲覧。
  28. ^ 山本敦「NTTぷららがCATVとの提携を拡大する狙いは?」『RBB TODAY』、2015年11月20日。2022年2月6日閲覧。
  29. ^ a b c 新チャンネル追加のお知らせ〜「BS民放5チャンネル」「Kawaiian for ひかりTV4K」が登場!〜”. ひかりTV (2016年11月28日). 2022年1月23日閲覧。
  30. ^ a b 「Kawaiian for ひかりTV」チャンネル終了のお知らせ”. ひかりTV (2019年9月2日). 2022年1月23日閲覧。
  31. ^ NTTぷらら×吉本興業の新・映像配信サービス 関西の放送局と連携した「大阪チャンネル」の提供開始について〜関西で人気の番組を、アーカイブや見逃しで全国配信。劇場公演の独占ライブ配信も!〜”. NTTぷらら (2017年4月18日). 2022年2月6日閲覧。
  32. ^ a b 超高速光インターネット「NURO 光」、映像サービス「ひかりTV for NURO」を販売開始」『ソニーネットワークコミュニケーションズ』 ソニーネットワークコミュニケーションズ、2018年2月1日
  33. ^ ご利用料金のお支払いでdポイントがたまる、新たな「ひかりTV」の提供を開始”. 株式会社NTTドコモ (2022年5月26日). 2022年5月26日閲覧。
  34. ^ NTTぷらら、NTTドコモとの事業統合後もサービスはほぼ継続 「dポイント」付与も”. ITmedia NEWS (2022年5月26日). 2022年5月26日閲覧。
  35. ^ a b ひかりTV各種サービス名称の変更”. ひかりTV (2022年6月15日). 2022年7月2日閲覧。
  36. ^ 導入ステップ|導入ガイド|ひかりTV|ひかりTV”. NTTぷらら. 2014年2月7日閲覧。
  37. ^ ひかりTVチューナー機能対応テレビ・PC | 対応チューナー | ひかりTV
  38. ^ さまざまな視聴方法 | ご利用ガイド | ひかりTV
  39. ^ リモート録画・視聴予約 | Web会員サービス マニュアル|ひかりTV
  40. ^ PCでの視聴方法 | ビデオ | ひかりTV
  41. ^ 録画機能 | 番組の録画方法 | ひかりTV
  42. ^ ひかりTVチューナー機能対応テレビ・PC | 対応チューナー | ひかりTV
  43. ^ ブルーレイディスクダビングマニュアル | 番組の録画方法 | ひかりTV
  44. ^ ひかりTVで4K映像を見る方法|ひかりTV
  45. ^ 4K視聴方法|ひかりTV
  46. ^ ひかりTVチューナー内蔵4K対応テレビと4K対応ひかりTVチューナーサービス対応表
  47. ^ ST-3400 トリプルチューナーモデル | 対応チューナー | ひかりTV
  48. ^ ST-3400で4Kテレビサービスならびに4Kビデオサービスを使うためには何が必要ですか | よくあるご質問|ひかりTV
  49. ^ ST-4100 トリプルチューナー(4K対応)モデル | 対応チューナー | ひかりTV
  50. ^ ひかりTVで4K映像作品を観たい | よくあるご質問|ひかりTV
  51. ^ 料金プラン | 加入ガイド | ひかりTV
  52. ^ お手がるプラン | 料金プラン | ひかりTV
  53. ^ 【ご解約前に】お手がるプランについて|解約をご検討中の方へ|サポート・Q&A|ひかりTV
  54. ^ エントリープラン・バリュープラン | 料金プラン | ひかりTV
  55. ^ エントリープランにおける「ひかりTVどこでも」アプリ提供終了および新アプリ「ひかりTVビデオ」へ移行のお願い”. ひかりTV (2021年11月10日). 2022年1月23日閲覧。
  56. ^ モバイル専用プラン(エントリープラン・バリュープラン・無料会員プラン)における「インターネット配信サービス」終了のお知らせ”. ひかりTV (2022年6月29日). 2022年6月30日閲覧。
  57. ^ 専門チャンネルのインターネット配信|ひかりTV
  58. ^ 専門チャンネルのインターネット配信|ひかりTV
  59. ^ ひかりTV エントリープラン”. ぷらら. 2021年11月3日閲覧。
  60. ^ a b c d 新チャンネル追加のお知らせ〜「BS11」「BS12トゥエルビ」「BSキャンパスex/BSキャンパスon」「日テレNEWS24」「旅チャンネル」「ダンスチャンネル by エンタメ~テレ」が登場!〜”. ひかりTV (2019年2月26日). 2022年1月23日閲覧。
  61. ^ BS4Kデジタル放送の提供開始について”. ひかりTV (hikaritv.net). NTTぷらら (2019年9月11日). 2022年3月3日閲覧。
  62. ^ 新チャンネル追加のお知らせ〜チャンネルラインナップに「ひかりTVチャンネル2」が登場!〜”. ひかりTV (2021年2月6日). 2022年1月23日閲覧。
  63. ^ a b 新チャンネル追加および名称変更・チャンネル終了のお知らせ〜チャンネルラインナップに「CNNj」が登場!〜”. ひかりTV (2020年3月18日). 2022年1月23日閲覧。
  64. ^ 「ひかりTV」新チャンネル追加のお知らせ〜宝石専門チャンネル「ジュエリー☆GSTV」が登場!〜”. ひかりTV (2014年10月31日). 2022年1月29日閲覧。
  65. ^ 海外向け英語チャンネル「NHKワールドTV」を放送開始〜独自編成チャンネル「ひかりTVチャンネル3」で24時間365日放送〜”. NTTぷらら (2013年10月21日). 2022年2月6日閲覧。
  66. ^ チャンネル終了およびチャンネル名称・番号変更のお知らせ”. ひかりTV (2015年11月20日). 2022年1月23日閲覧。
  67. ^ a b c d 「ひかりTV」テレビサービスがさらに充実!チャンネルラインナップ追加のお知らせ”. ひかりTV (2011年3月1日). 2022年1月29日閲覧。
  68. ^ a b c 「EXエンタテイメント」など一部プレミアムチャンネルの放送終了のお知らせ”. ひかりTV (2010年2月18日). 2022年1月29日閲覧。
  69. ^ 「CCTV大富」のチャンネルカテゴリーおよびチャンネル番号の変更に関するお知らせ”. ひかりTV (2012年9月3日). 2022年1月29日閲覧。
  70. ^ a b c d e f g h i 「ひかりTV」テレビサービスにおける、チャンネルラインナップ拡充について〜充実のHDチャンネル追加で大幅リニューアル!本邦初チャンネルも多数〜”. NTTぷらら (2009年3月9日). 2022年1月29日閲覧。
  71. ^ a b c d e f g 「ひかりTV」テレビサービスにおける、チャンネルラインナップ拡充について〜本邦初チャンネルが10チャンネル!ハイビジョンチャンネルが32チャンネルに!〜”. NTTぷらら (2009年8月19日). 2022年1月29日閲覧。
  72. ^ a b c d e f g h i j 「ひかりTV」新チャンネル追加および終了チャンネルのお知らせ〜「ディズニージュニア」「朝日ニュースターHD」「FOXbs238」「J SPORTS 1」「J SPORTS 2」「J SPORTS 3」が登場!〜”. ひかりTV (2013年2月28日). 2022年1月29日閲覧。
  73. ^ a b c d e 「ひかりTV」テレビサービスにおける、チャンネルラインナップのリニューアルについて 〜時代劇専門チャンネル、AXNミステリーなど人気チャンネルが新登場!〜”. NTTぷらら (2010年2月25日). 2022年2月6日閲覧。
  74. ^ a b c d e 「ひかりTV」新チャンネル追加および終了チャンネルのお知らせ〜「TBSチャンネル2」「ディズニーXD」「Dlife」「CNN US」が登場!〜”. ひかりTV (2014年2月21日). 2022年1月29日閲覧。
  75. ^ a b 「ひかりTV」で、「日テレG+」「日テレプラス」を5月より放送開始! 〜日本テレビ系列のCSチャンネルが、IP放送で初提供〜”. NTTぷらら (2010年3月29日). 2022年2月6日閲覧。
  76. ^ a b 新チャンネル追加および終了チャンネルのお知らせ〜「テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ」が登場!〜”. ひかりTV (2017年2月21日). 2022年1月23日閲覧。
  77. ^ a b c d 新チャンネル追加および終了チャンネルのお知らせ〜「フジテレビONE スポーツ・バラエティ」「フジテレビTWO ドラマ・アニメ」が登場!〜”. ひかりTV (2016年2月22日). 2022年1月23日閲覧。
  78. ^ a b c 10月『テレビサービス新登場チャンネル』のお知らせ”. ひかりTV (2010年10月1日). 2022年1月29日閲覧。
  79. ^ 「フジテレビONE・TWO・NEXT(HD)」の提供終了および「フジテレビNEXT(HD)」新規提供開始のお知らせ”. ひかりTV (2012年4月23日). 2022年1月29日閲覧。
  80. ^ 新チャンネル追加のお知らせ〜チャンネルラインナップに「スポーツライブ+」が登場!〜”. ひかりTV (2021年3月12日). 2022年1月23日閲覧。
  81. ^ a b 新チャンネル追加のお知らせ〜「日テレNEWS24(HD)」が登場!〜”. ひかりTV (2015年2月25日). 2022年1月23日閲覧。
  82. ^ KNTV+”. KNTV. 2022年1月23日閲覧。
  83. ^ 「KNTV+」新規提供開始のお知らせ”. ひかりTV (2021年10月15日). 2022年1月23日閲覧。
  84. ^ 「ひかりTV」チャンネルラインナップに「ゴルフネットワークHD」が登場!”. ひかりTV (2012年3月23日). 2022年1月29日閲覧。
  85. ^ 新チャンネル追加のお知らせ〜日本唯一のゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」が登場!〜”. ひかりTV (2018年3月20日). 2022年1月23日閲覧。
  86. ^ 2018年度プロ野球中継に関するお知らせ〜今シーズンから広島東洋カープ主催試合の全試合が視聴可能に!〜”. ひかりTV (2018年3月30日). 2022年2月6日閲覧。
  87. ^ J SPORTS 1の『広島東洋カープ戦』一部主催試合について”. ひかりTV. 2022年2月6日閲覧。
  88. ^ 「日経CNBC」がプレミアムチャンネルに変更、最大2ヶ月無料キャンペーンのお知らせ”. ひかりTV (2013年5月24日). 2022年1月29日閲覧。
  89. ^ 新チャンネル追加のお知らせ〜チャンネルラインナップに「ディスカバリーチャンネル」が登場!〜”. ひかりTV (2020年7月27日). 2022年1月23日閲覧。
  90. ^ a b 新チャンネル追加のお知らせ〜チャンネルラインナップに「刺激ストロングチャンネル」、「南関東地方競馬チャンネル」が登場!〜”. ひかりTV (2021年9月21日). 2021年11月14日閲覧。
  91. ^ 「ひかりTV」新チャンネル追加のお知らせ〜競輪専門TV!「(ケイリンライブ)SPEEDチャンネル」が登場!〜”. ひかりTV (2015年9月30日). 2022年1月23日閲覧。
  92. ^ a b 新チャンネル追加のお知らせ〜チャンネルラインナップに「地方競馬ナインSELECT(Ch775)」、「レジャーチャンネル(Ch776)」が登場!”. ひかりTV (2022年3月22日). 2022年7月2日閲覧。
  93. ^ 成人向けテレビ番組を視聴するにはどのような手続が必要ですか? | よくあるご質問|ひかりTV
  94. ^ 成年年齢の引き下げに伴う、成人向けコンテンツの視聴可能年齢の変更について”. ひかりTV (2022年6月17日). 2022年7月2日閲覧。
  95. ^ a b 「ひかりTV」新チャンネル追加のお知らせ〜「Dlife」「FOX bs238」が登場!〜”. ひかりTV (2012年4月9日). 2022年1月29日閲覧。
  96. ^ a b 「Dlife」「FOXスポーツ&エンターテイメント」放送終了に関するお知らせ”. ひかりTV (2020年1月30日). 2022年1月23日閲覧。
  97. ^ 「ディズニーXD」終了のお知らせ”. ひかりTV (2020年11月20日). 2022年1月23日閲覧。
  98. ^ 7月より、「ひかりTV」テレビサービスのチャンネルラインナップがさらに充実!〜「テレ朝チャンネル」「ユニバーサルチャンネル」がスタート!!提供チャンネルの半数以上がハイビジョンに!〜”. NTTぷらら (2010年5月25日). 2022年1月29日閲覧。
  99. ^ 「ジャパネットチャンネルDX」終了のお知らせ”. ひかりTV (2021年2月6日). 2022年1月23日閲覧。
  100. ^ a b 「ひかりTV」テレビサービスがさらに充実!チャンネルラインナップリニューアルのお知らせ〜「ナショジオ ワイルド HD」が新登場! HD画質(ハイビジョン)チャンネルがさらに充実〜”. ひかりTV (2011年9月22日). 2022年1月29日閲覧。
  101. ^ 7月1日より「ひかりTV」のプレミアムチャンネルがパワーアップ!”. ひかりTV (2013年6月25日). 2022年1月29日閲覧。
  102. ^ 「DATV」終了のお知らせ”. ひかりTV (2021年2月19日). 2022年1月23日閲覧。
  103. ^ 「クラシカ・ジャパン」終了のお知らせ”. ひかりTV (2020年9月1日). 2022年1月23日閲覧。
  104. ^ a b c 提供終了チャンネルのお知らせ〜「MTV HD」「Music Japan TV HD」「ザ・ゴルフ・チャンネル (HD)」が終了〜”. ひかりTV (2012年2月21日). 2022年1月29日閲覧。
  105. ^ a b c 「ベネッセチャンネル」「ザ・ゴルフ・チャンネル」「ブルームバーグ テレビジョン」「Bloomberg Television[英語版]」放送終了のお知らせ”. ひかりTV (2009年3月24日). 2022年1月29日閲覧。
  106. ^ 【訂正】ベーシックチャンネル「FOODIES TV」提供終了に関するお知らせ”. ひかりTV (2016年2月10日). 2022年1月23日閲覧。
  107. ^ プレミアムチャンネル「DOGTV HD」提供終了のお知らせ”. ひかりTV (2015年8月28日). 2022年1月23日閲覧。
  108. ^ 臼田勤哉「ひかりTVで欧州ニュースチャンネル「euronews」を12月放送開始」『AV Watch』、2015年11月26日。2022年2月6日閲覧。
  109. ^ 「euronews」終了のお知らせ」『』NTTぷらら、2022年2月28日。2022年4月29日閲覧。
  110. ^ 「euronews」におけるフランス語提供終了について”. ひかりTV (2017年11月18日). 2022年1月23日閲覧。
  111. ^ a b 「Australia Network」「DEUTSCHE WELLE」放送終了のお知らせ”. ひかりTV (2008年8月20日). 2022年1月29日閲覧。
  112. ^ PPV(ペイ・パー・ビュー)ライブサービスがひかりTVに登場!”. ひかりTV (2021年11月1日). 2022年1月23日閲覧。
  113. ^ 『ひかりTVショッピング』、大手流通5社と連携〜「ひかりTV」であの有名店の商品が買える!〜”. NTTぷらら (2011年10月12日). 2022年2月6日閲覧。
  114. ^ 価格.com経由でおトク”. ひかりTVショッピング. 2021年11月6日閲覧。
  115. ^ 「ひかりTVどこでも」アプリ | さまざまな視聴方法 | ひかりTV
  116. ^ お持ちのスマホやタブレットがリモコンになる(ひかりTVりもこんプラス) | 便利な機能 | ひかりTV
  117. ^ 「りもこんプラス」サービス終了のお知らせ”. ひかりTV (2021年11月19日). 2022年1月23日閲覧。
  118. ^ NTTぷらら、「ひかりTV」のテレビCMと、WEB限定キャンペーンを開始!〜2月7日(土)から、全国にてスタート〜”. NTTぷらら (2009年2月6日). 2022年2月6日閲覧。
  119. ^ 「ひかりTV」サービスキャラクター『ひかりカエサル』、「ひかりTV」でアニメ化決定!”. NTTぷらら (2010年1月21日). 2022年2月6日閲覧。
  120. ^ 中林暁「ひかりTV、4K IP放送を12月開始。HDR高画質化も検討」『AV Watch』、2015年4月9日。2022年2月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]