NTTクレド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社エヌ・ティ・ティ・クレド
NTT Hiroshima 20111116.JPG
本社を置いていたNTT基町ビル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
730-0011
広島県広島市中区基町6-77
(NTT基町ビル)
設立 1989年(平成元年)7月
業種 不動産業
事業内容 NTTに関連した不動産の取得、処分及び管理など
代表者 福井敏明(代表取締役社長
資本金 6億6600万円
売上高 101億4552万3000円
1999年3月期)
営業利益 4億9417万5000円
(1999年3月期)
従業員数 43人
主要株主 日本電信電話 100%
特記事項:表の情報は『広島会社手帳 平成11年版』435ページ(経済レポート)を元にしている
テンプレートを表示

NTTクレドエヌ・ティ・ティ クレド)は、以前存在した。NTTの遊休地を活用するために設立されたデベロッパー1999年(平成11年)4月に、他の地域会社5社と共にNTT都市開発と合併した。

概要[編集]

当時の『NTT中国支社』(現『NTT西日本中国事業本部 』)が、1989年(平成元年)7月11日に『エヌ・ティ・ティ・中国不動産株式会社』として設立することを発表。同月20日に会社設立。翌8月1日より営業を開始した。当時、NTTが各地に設置していた不動産会社では8番目の設立になった[1]

資本金は6億6600万円で、NTTが全額出資。本社はNTT基町ビルに置き、事業内容は『NTTに関する不動産の取得や設計・施工・ビル管理など』。設立目的は『保有資産の有効活用』とした。当初の社員数は25人で、1994年(平成6年)度までに300人を予定。社長は、当時のNTT中国支社長が就任した[1]

当面は『NTT基町ビル』(広島県広島市中区基町・現『NTTクレド基町ビル』)、『中国資材センター跡地』(広島県広島市中区東白島町・現『NTTクレド白島ビル』)、『岡山中営業所』(岡山県岡山市北区中山下1丁目・現『NTTクレド岡山ビル』)、『山口配送センター跡地』(山口県山口市葵1丁目)の4ヶ所を事業展開するとした[1]

NTT中国不動産として1施設目になる、後日『NTTクレド白島ビル』になる施設を1990年(平成2年)9月に着工し1992年(平成4年)4月に開業。2施設目は、後日『NTTクレド基町ビル』になる施設を1991年(平成3年)3月に着工し1994年(平成6年)4月に開業。3施設目は、後日『NTTクレド岡山ビル』になる施設も1997年(平成9年)春に着工し1999年(平成11年)2月に開業させた。

名称の『クレド』は、『NTT中国不動産』の英社名『"Chugoku Real Estate Development"』(訳・中国地区の不動産開発)の頭文字より取られた。

名称の利用は、『NTTクレド白島ビル』完成時の施設名に『NTT-CRED白島ビル』と名付けた時から使われ、後に完成する『NTTクレド基町ビル』でも施設名として使われた。そして、社名も1994年(平成6年)に『株式会社エヌ・ティ・ティ・クレド』に変更された[2]

本社所在地は、当初は広島市中区基町6-77に置かれたが、1992年(平成4年)に『NTTクレド白島ビル』がある広島市中区東白島町14-15に移動[3]1994年(平成6年)に、広島市中区上八丁堀6-65に移された[4]。そして、当初本社が置かれた広島市中区基町6-77に再度移された[5]

1999年(平成11年)4月にデベロッパーの『NTTクレド』は、他の地域会社4社(『NTT東海不動産株式会社』・『NTT関西建物株式会社』・『NTT九州不動産株式会社』・『株式会社NTT北海道エステート』)と共に『NTT都市開発』に吸収合併され、現在施設に関してはNTT都市開発の管理となっている。吸収合併後も『クレド』は施設名として使われている。

年表[編集]

  • 1989年(平成元年)7月11日 - NTT中国支社が『エヌ・ティ・ティ・中国不動産』の設立を発表
  • 1989年(平成元年)7月20日 - 『エヌ・ティ・ティ・中国不動産株式会社』として会社設立。本社所在地は広島市中区基町6-77
  • 1989年(平成元年)8月1日 - 営業開始
  • 1990年(平成2年)9月 - 『NTTクレド白島ビル』着工
  • 1991年(平成3年)3月 - 『NTTクレド基町ビル』着工
  • 1992年(平成4年)4月17日 - 『NTTクレド白島ビル』開業
  • 1992年(平成4年)中 - 本社所在地を『NTTクレド白島ビル』がある広島市中区東白島町14-15に移す
  • 1994年(平成6年)4月22日 - 『NTTクレド基町ビル』商業棟開業
  • 1994年(平成6年)4月25日 - 『NTTクレド基町ビル』宿泊棟開業
  • 1994年(平成6年)中 - 会社名を『エヌ・ティ・ティ・中国不動産株式会社』から『株式会社エヌ・ティ・ティ・クレド』に社名変更
  • 1994年(平成6年)中 - 本社所在地を広島市中区上八丁堀6-65に移す
  • 1996年(平成8年)中 - 本社所在地を広島市中区基町6-77に再度移す
  • 1997年(平成9年)春 - 『NTTクレド岡山ビル』着工
  • 1999年(平成11年)2月 - 『NTTクレド岡山ビル』開業
  • 1999年(平成11年)4月1日 - 他の地域会社4社と共に『NTT都市開発』に合併

施設[編集]

以下の3施設が整備され、営業している。

また『山口配送センター跡地』(山口県山口市葵1丁目)も、1992年(平成4年)4月にスポーツセンター『ハロースポーツプラザ山口』が整備された[6]。その後、コナミスポーツ&ライフに他の4施設と合わせて営業譲渡された。

そのほか1998年(平成10年)に『ヘルシーネット』が広島市南区宇品に整備された[7]

正式名称 愛称 所在地 着工 竣工 前利用目的
NTTクレド白島ビル 白島キューガーデン 広島県広島市中区東白島町14-15 1990年(平成2年)9月 1992年(平成4年)4月 中国資材センター跡地
NTTクレド基町ビル 基町クレド 広島県広島市中区基町6-78 1991年(平成3年)3月 1994年(平成6年)3月 NTT基町ビル
NTTクレド岡山ビル クレド岡山 岡山県岡山市北区中山下1-8-45 1997年(平成9年)春 1999年(平成11年)2月 岡山中営業所

補足[編集]


参照 [編集]

  1. ^ a b c 中国新聞 1989年7月12日 6ページ『NTT中国 不動産事業の新会社を設立』
  2. ^ 『広島会社手帳 平成6年版』及び『広島会社手帳 平成7年版』。表記の違いで、社名変更したことは確認出来るが具体的な移動時期の記載はない
  3. ^ 『広島会社手帳 平成4年版』440ページ及び『広島会社手帳 平成5年版』438ページ。『1992 広島企業年鑑』440ページ及び『1993 広島企業年鑑』438ページ。表記の違いで、移動したことは確認出来るが具体的な移動時期の記載はない
  4. ^ 『広島会社手帳 平成6年版』423ページ及び『広島会社手帳 平成7年版』422ページ。『1994 広島企業年鑑』474ページ及び『1995 広島企業年鑑』467ページ。表記の違いで、移動したことは確認出来るが具体的な移動時期の記載はない
  5. ^ 『広島会社手帳 1996』457ページ及び『広島会社手帳 1997』456ページ。『1996 広島企業年鑑』417ページ及び『1997 広島企業年鑑』405ページ。表記の違いで、移動したことは確認出来るが具体的な移動時期の記載はない
  6. ^ 『1993 広島企業年鑑』438ページ
  7. ^ 『1999 広島企業年鑑』393ページ

参考書籍[編集]

  • 『広島会社手帳』(広島経済リポート編、株式会社広島経済研究所) 各バックナンバー
  • 『広島企業年鑑』(株式会社経済リポート)各バックナンバー
  • 中国新聞』(中国新聞社)各バックナンバー

外部リンク[編集]