NTT東日本-東北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 NTT東日本-東北
NTTEAST-TOHOKU CORPORATION
ItsutsubashiEki2005-4.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 984-8519
仙台市若林区五橋3-2-1
設立 2005年7月1日
業種 情報・通信業
法人番号 1370001007295
事業内容 NTT東日本からの受託業務等
代表者 代表取締役社長 柴田基靖
資本金 4,000万円
売上高 178億3,628万円
(2010年3月期、合併前)
決算期 3月末日
主要株主 NTT東日本 100%
外部リンク http://www.tohoku.ntt-east.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社NTT東日本-東北(エヌティティひがしにほん-とうほく)は、宮城県仙台市若林区に本社を置く、NTT東日本の業務を受託した地域子会社の1つである。

2014年7月1日に株式会社NTT東日本-宮城が、株式会社NTT東日本-青森、株式会社NTT東日本-秋田、株式会社NTT東日本-岩手、株式会社NTT東日本-山形、株式会社NTT東日本-福島の5社を吸収合併し、商号変更した。

概要[編集]

東北地方の電柱敷地管理業務などを行う目的で、1986年に「株式会社エヌ・ティ・ティ テレコムエンジニアリング東北」として設立。2000年には、「株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー東北」に商号変更し、東北地方のプライベートネットワークおよび各種システム商品の調査 企画、販売、設計、建設、保守、アウトソーシング業務や電話機等各種通信機器、OA機器、複写機の販売および工事、保守などを行っていた。

2001年NTTが発表した「NTT東西の構造改革について」に基づき、NTT東日本各支店の業務を都道県地域会社へ委託することになり、2002年にNTT東日本宮城支店においては営業系の「株式会社エヌ・ティ・ティサービス宮城」、共通系の「株式会社エヌ・ティ・ティビジネスアソシエ宮城」の2社が設立。宮城県以外の東北5県でも営業系・共通系の子会社が設立された。エヌ・ティ・ティ エムイー東北はNTT東日本宮城支店の設備系の業務を受託するとともに、宮城県以外の東北5県の業務を各県に設立した「株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(県名)」に移管した。

2005年には都道県地域会社の統合により、「株式会社エヌ・ティ・ティエムイー東北」を存続会社として宮城県内の3社が合併し、「株式会社NTT東日本-宮城」となる。営業、設備、共通の他、宮城支店の法人営業部の業務も受託した。宮城県以外の東北5県でも同様に営業系・技術系・共通系の3社が合併し、「株式会社NTT東日本-青森」、「株式会社NTT東日本-秋田」、「株式会社NTT東日本-岩手」、「株式会社NTT東日本-山形」、「株式会社NTT東日本-福島」となった。

2014年に「株式会社NTT東日本-宮城」が、「株式会社NTT東日本-青森」、「株式会社NTT東日本-秋田」、「株式会社NTT東日本-岩手」、「株式会社NTT東日本-山形」、「株式会社NTT東日本-福島」の5社を吸収合併し、「株式会社NTT東日本-東北」へ商号変更。東北地方を統括する子会社となった。

組織[編集]

秋田支店
  • 企画部
  • ビジネスイノベーション部
  • 営業部
  • 設備部
  • 総務部
  • 宮城支店
  • 福島支店
  • 岩手支店
  • 青森支店
  • 秋田支店
  • 山形支店

沿革[編集]

NTT東日本-宮城時代まで[編集]

ここでは、民営化以降のNTT東日本宮城支店の沿革についても記述する。

  • 1985年(昭和60年)4月1日 - 民営化に伴い、NTT仙台青葉通電話局となる
  • 1986年(昭和61年)10月31日 - 株式会社エヌ・ティ・ティ テレコムエンジニアリング東北(NTT-TE東北)として設立
  • 1989年(平成元年)4月1日 - NTT仙台支店に改称。
  • 1999年(平成11年)
    • 1月25日 - NTT宮城支店に改称。お客さま窓口などを除く支店機能を、仙台市青葉区一番町から同市若林区五橋に移転。
    • 7月1日 - 会社分割により、NTT東日本宮城支店となる。
  • 2000年(平成12年)
    • 3月31日 - 株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー東北(NTT-ME東北)に商号変更[1]
    • 10月1日-12月24日 - 宮城での電話事業100周年を記念し、仙台市科学館にて「みやぎの電話100年展」を開催[2]
    • 12月4日 - 県内9支店・営業所[3]を廃止。石巻、古川支店を販売拠点として石巻、古川営業所に改称[4]
  • 2002年(平成14年)
    • 1月28日 - 仙台市の一部地域において「Bフレッツ」の提供開始。
    • 4月1日 - 株式会社エヌ・ティ・ティサービス宮城、株式会社エヌ・ティ・ティビジネスアソシエ宮城が設立[5]
  • 2005年(平成17年)
    • 3月1日 - 仙台市の一部地域において「ひかり電話」の提供開始[6]
    • 7月1日 - 宮城県内の都道県地域会社3社が合併し、株式会社NTT東日本-宮城が設立。仙南、古川、石巻、気仙沼の4営業支店を設置[7]
  • 2008年(平成20年)10月1日 - 仙台市の一部地域において「フレッツ 光ネクスト」の提供開始[8]
  • 2011年(平成23年)9月29日 - NTT新青葉通ビル(仮称)建設に伴う、安全祈願祭が行われる[9]

NTT東日本-東北時代[編集]

  • 2014年(平成26年)7月1日 - 株式会社NTT東日本-宮城が、株式会社NTT東日本-青森、株式会社NTT東日本-秋田、株式会社NTT東日本-岩手、株式会社NTT東日本-山形、株式会社NTT東日本-福島の5社を吸収合併し、株式会社NTT東日本-東北に商号変更[10]
  • 2017年(平成29年)7月1日 - 法人営業部とオフィス営業部を統合し、ビジネスイノベーション部を設置[11]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NTT公式ホームページ「NTT-TE各社の商号変更について」平成12年2月28日発表分
  2. ^ NTT東日本宮城支店公式ホームページ「「みやぎの電話100年展」の開催について」平成12年9月27日発表分
  3. ^ 仙台榴ヶ岡営業所、仙台長町営業所、仙台泉営業所、塩釜支店、仙南支店、白石営業所、気仙沼支店、迫支店、築館支店の9支店・営業所
  4. ^ NTT東日本宮城支店公式ホームページ「宮城支店の業務運営効率化施策について」平成12年10月11日発表分
  5. ^ NTT東日本グループの新たな業務運営形態等について
  6. ^ NTT東日本宮城支店公式ホームページ「「ひかり電話」のサービス提供開始について 」平成17年2月24日発表分
  7. ^ NTT東日本宮城支店公式ホームページ「株式会社NTT東日本-宮城の設立について」平成17年7月1日発表分
  8. ^ NTT東日本宮城支店公式ホームページ「「フレッツ 光ネクスト」の提供開始について」平成20年9月16日発表分
  9. ^ NTT新青葉通ビル(仮称)への「安心・安全」情報発信ギャラリーの設置についてNTT東日本宮城支店公式ホームページ 平成23年9月26日発表分
  10. ^ 業務運営体制の見直しについてNTT東日本宮城支店公式ホームページ 平成26年5月14日発表分
  11. ^ NTT東日本-東北公式ホームページ「組織の見直しについて」2017年6月30日発表分

外部リンク[編集]