札幌都市圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
札幌都市圏
—  都市雇用圏  —
札幌市
札幌都市圏の位置(日本内)
札幌都市圏
札幌都市圏
座標: 北緯43度4分 東経141度21分 / 北緯43.067度 東経141.350度 / 43.067; 141.350
都道府県 北海道の旗北海道
中心都市
面積(2011)[1]
 - 計 3,205.12km2 (1,237.5mi2)
人口(2010)[2]
 - 計 2,341,599
域内総生産 (2010)[1]
 - 名目 7兆4384億円
札幌都市圏衛星写真

札幌都市圏(さっぽろとしけん)とは、政令指定都市である札幌市を中心とする地域で、札幌市と周辺の衛星都市をまとめて指す呼び名である。なお、一般的な定義の詳細は都市圏を参照。

公共の定義[編集]

公共サービスの枠組み[編集]

札幌市および周辺市町村による複合的一部事務組合として、「札幌広域圏組合[3]」がある。構成している自治体は以下の6市1町1村であり、石狩管内の全市町村が該当する。人口は約231万人(→都道府県の人口一覧)。

都市機能的な枠組み[編集]

都市機能的な枠組みでは、石狩管内に限らずに必要に応じた枠組みが用いられる。

  • 「道央都市圏」は、札幌市総合交通計画部交通計画課が1994年に実施した「交通行動実態調査」で用いられた名称[4]。調査対象は7市3町であり、石狩管内の札幌市、石狩市、江別市、北広島市、恵庭市、千歳市、当別町、後志管内小樽市空知管内南幌町長沼町が含まれる。
  • 北海道が定めた札幌圏都市計画区域には、札幌市、江別市、北広島市、石狩市、小樽市の一部が指定されている。

通勤通学圏による定義[編集]

「10%都市圏」(通勤圏)[編集]

札幌都市圏(都市雇用圏)の範囲。藍色は中心都市。

2010年国勢調査に基づく札幌市の都市雇用圏の人口は約234万人。中心市は2000年国勢調査までは札幌市1市のみ、2005年国勢調査では札幌市と小樽市(中心数2)。

都市圏の変遷[編集]

  • 都市雇用圏に含まれない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
支庁 自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
振興局
石狩 浜益村 - - - - 札幌 都市圏
232 5653人
札幌 都市圏
234 1599人
石狩市 石狩
後志 余市町 - - - - 余市町 後志
仁木町 - - - - 仁木町
空知 南幌町 - - 札幌 都市圏
216 2000人
札幌 都市圏
221 7162人
南幌町 空知
石狩 厚田村 - - 石狩市 石狩
石狩町 札幌 都市圏
175 1996人
札幌 都市圏
209 1946人
後志 小樽市 小樽市 後志
石狩 札幌市 札幌市 石狩
当別町 当別町
江別市 江別市
広島町 北広島市
恵庭市 恵庭 都市圏
4 2911人
千歳 都市圏
14 7204人
千歳 都市圏
15 8129人
千歳 都市圏
16 2957人
千歳 都市圏
17 1714人
恵庭市
千歳市 千歳 都市圏
6 6748人
千歳 都市圏
7 8786人
千歳市
胆振 追分町 - - 安平町 胆振
早来町 苫小牧都市圏 苫小牧都市圏 苫小牧都市圏 苫小牧都市圏 苫小牧都市圏
  • 1996年9月1日:広島町が広島市に市制施行し、同時に北広島市に改称した。
  • 1996年9月1日:石狩町が市制施行し、石狩市となった。
  • 2005年10月1日:石狩市が、厚田郡厚田村と浜益郡浜益村を編入した。
  • 2006年3月27日:追分町と早来町が新設合併し、安平町が発足した。

「1.5%都市圏」(通勤通学圏)[編集]

総務省統計局国勢調査の統計表で用いられる地域区分では、周辺各市町村の15歳以上の人口の1.5%以上が札幌市に通勤通学している場合、「札幌大都市圏」含まれるとみなしている(絶対都市圏)。2000年平成12年)国勢調査に基づいた人口は250万9530人[5]2005年(平成17年)のそれは260万6214人[6][7]

札幌経済圏[編集]

札幌市小売商圏を札幌経済圏とすると、人口約340万人を擁すると見られている。道庁は、この経済圏を 「道央圏」 と名づけている。札幌経済圏を構成しているのは以下の支庁

北海道(78,417 km2北方領土を除く)は、東北6県新潟県を加えた面積 (79,473.01 km2) とほぼ同等であるが、その半分にも満たない道南から道央にかけての地域に道内人口の8割程度(四国4県の合計より多い)が集中しており、防衛司法をはじめその他道内を管轄する政府機関も置かれるなど行政の面で札幌都市圏の拠点性は高い。また、北海道全体で見た場合も、南東北3県やデンマークとほぼ等しい560万人の人口と約20兆円のGDPを擁し、札幌市には道内企業の本店や道外企業の支店が多数置かれるなど経済面での拠点性も高い。通勤を基準とした都市雇用圏による札幌都市圏としても2010年の域内総生産は7.4兆円であり、日本有数の規模である[1]。このように北海道においては札幌市を中心とする地域への一極集中がすすんでおり、周辺の経済関係が深い支庁と共に札幌経済圏(道央圏)とされている。

近年、北海道経済の衰退とともに、札幌経済圏の経済的地位が揺らいでいる。 また札幌経済圏と比べて、旭川経済圏、函館経済圏、釧路・道東経済圏、十勝経済圏との経済格差に顕著な開きがあり、行政・医療・教育といった住民サービス等で、市民間に差が生じている。

北海道は北東北3県と、北海道・北東北知事サミットを開催し、道と3県の合同事務所を海外に設置するなど、東北地方との関係を深めており、後背経済圏の拡大が見られるか注目されている。また、北海道新幹線が建設中であるが、将来的には東北地方との間の交流人口増大や後背経済圏の拡大が期待されている。

主な交通機関[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

座標: 北緯43度4分 東経141度21分 / 北緯43.067度 東経141.350度 / 43.067; 141.350