岡山都市圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡山都市圏
—  都市雇用圏  —
岡山市
岡山都市圏の位置(日本内)
岡山都市圏
岡山都市圏
座標: 北緯34度40分 東経133度55分 / 北緯34.667度 東経133.917度 / 34.667; 133.917
都道府県 岡山県の旗岡山県
中心都市 Flag of Okayama, Okayama.svg岡山市
面積(2011)[1]
 - 計 2,709.72km2 (1,046.2mi2)
人口 (2010)[2]
 - 計 1,531,410人
域内総生産 (2010)[1]
 - 名目 5兆5389億円

岡山都市圏(おかやまとしけん)とは、岡山県南部の岡山平野を中心に広がる同県の主要部である都市圏。統計的には、中心市を岡山市1、あるいは、岡山市と倉敷市の両市とする考え方がある。「岡山県大都市圏」「岡山・倉敷都市圏」「岡山県南広域都市圏」とも呼ばれる。

概要[編集]

1988年瀬戸大橋開通、および、1990年代初頭にかけての山陽自動車道整備・供用開始によって、岡山市の拠点性が向上し、岡山都市圏は拡大していった。また、1990年前後には、瀬戸大橋や山陽道と接続する一般道の国道2号岡山バイパスなども整備・供用開始され、岡山および倉敷の両都市圏は相互の往来が容易になり、双子都市圏として「岡山・倉敷都市圏」、または、一体的な都市圏として「岡山都市圏」や「岡山県南都市圏」などと言われることが多くなった。そのため、2000年には都市雇用圏においても両市ともに中心市とした1つの都市圏として定義されるようになった(以後、ことわりのない限り、「岡山・倉敷都市圏」と「岡山都市圏」は同じものを指す)。

平成大合併以前においても岡山市と倉敷市合わせて優に100万人を超す人口を擁していたため、合併すれば政令指定都市化は容易であったが、両市の合併は昭和期に一度失敗した経緯もあり、岡山市は倉敷市を除く周辺町村との合併で政令市を目指した。この背景には岡山・倉敷を分かつ市民意識の問題がある。すなわち、岡山・倉敷は同じ岡山県に属し、隣接するとはいえ、かつての旧国制では備前(岡山)・備中(倉敷)に分かれ、歴史はもちろんのこと文化・方言など風土にも依然違いが見られる。岡山市はその後、2005年(平成17年)3月22日、隣接する御津郡御津町児島郡灘崎町の2町を編入、2007年(平成19年)1月22日、隣接する御津郡建部町赤磐郡瀬戸町の2町を編入し、2009年(平成21年)4月1日に政令指定都市に移行した。

域内総生産は2010年時点で約5兆5390億円とされる[1]

岡山都市圏・備後都市圏高松都市圏などを主要都市圏とする経済地域については「東瀬戸経済圏」を参照。

定義[編集]

一般的な定義の詳細は都市圏を参照。

都市雇用圏[編集]

岡山都市圏(都市雇用圏)の範囲。藍色は中心都市。

2010年国勢調査の基準では岡山市や倉敷市など13の市町で構成され、2015年の人口は1,531,410人である[2][3]

1980年頃、岡山と倉敷の両都市圏の他、備前市玉野市などが各都市圏に所属しない形で存在していた。その後、交通インフラや社会の変化に伴って、都市や都市圏の枠組みも変化してきた。1995年国勢調査まで、倉敷市を中心とした倉敷都市圏は独立した都市圏として統計が取られていたが、2000年国勢調査より倉敷市から岡山市への通勤率が10%を超えたため、倉敷都市圏と合一した岡山都市圏は地域が拡大し、統計上人口が激増した形となっている。地域は10%通勤圏と重なる部分が多い。(定義は「都市雇用圏」を参照)

都市雇用圏(10% 通勤圏)の変遷
  • 10% 通勤圏に入っていない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80 - '00)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
ナンバー
津山市 津山 都市圏
14 4230人
津山 都市圏
16 0070人
津山 都市圏
16 5036人
津山 都市圏
18 9627人
津山 都市圏
16 4633人
津山 都市圏 津山市 岡山
久米南町 岡山 都市圏 岡山 都市圏
153 2146人
久米南町
加茂川町 - - - - - 吉備中央町
賀陽町 - - - -
吉井町 - - - - 岡山 都市圏
150 3556人
赤磐市
山陽町 岡山 都市圏 岡山 都市圏 岡山 都市圏
94 0208人
岡山 都市圏
148 4066人
熊山町
赤坂町
佐伯町 - 和気町
和気町 岡山 都市圏
91 0707人
備前市 - 備前市
日生町 -
吉永町 岡山 都市圏
75 0188人
邑久町 瀬戸内市
牛窓町
長船町
岡山市 岡山市
御津町
灘崎町
建部町
瀬戸町
早島町 早島町
玉野市 玉野 都市圏
7 7803人
玉野市
総社市 岡山 都市圏 総社市
清音村 倉敷 都市圏
49 7677人
倉敷 都市圏
51 0475人
倉敷 都市圏
51 7672人
山手村
倉敷市 倉敷市 倉敷
船穂町
真備町
金光町 浅口市
鴨方町
寄島町
矢掛町 矢掛町
里庄町 福山 都市圏
51 7514人
福山 都市圏
53 4641人
福山 都市圏
72 9472人
福山 都市圏
73 1960人
福山 都市圏 里庄町
笠岡市 福山 都市圏
71 5334人
笠岡市
井原市 井原市

1.5% 都市圏(通勤・通学圏)[編集]

総務省統計局国勢調査の統計表で用いる地域区分(→都市圏 (総務省))。15歳以上常住人口の 1.5% 以上が岡山市に通勤通学している市町村を含める圏域。

人口は約165万人(2010年国勢調査[1])。

国土交通省[編集]

都市間の距離が20km以内であり、人口10万人以上で昼夜間人口比率が1以上である、岡山市と倉敷市を核都市として都市圏を設定する。2都市への通勤通学者が全通勤通学者の5%以上または500人以上の市町村を範囲とする[4]。(→都市圏 (国土交通省)

比較対象の都市圏[編集]

都市雇用圏において人口が同規模(2/3倍~3/2倍程度)
都市圏 (総務省)において人口が同規模(2/3倍~3/2倍程度)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 金本良嗣. “2010年 大都市雇用圏統計データ”. 東京大学空間情報科学研究センター. 2016年11月12日閲覧。
  2. ^ a b 平成26年度総合調査研究(地域経済の将来動向分析に関する調査研究)”. 経済産業省. 2016年11月6日閲覧。
  3. ^ 平成27年国勢調査結果”. 総務省統計局. 2016年11月6日閲覧。
  4. ^ 都市・地域レポート2005(概要)”. 国土交通省. 2017年1月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度40分 東経133度55分 / 北緯34.667度 東経133.917度 / 34.667; 133.917