追分町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おいわけちょう
追分町
廃止日 2006年3月27日
廃止理由 新設合併
早来町追分町安平町
現在の自治体 安平町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 胆振支庁
勇払郡
団体コード 01580-6
面積 82.52km²
総人口 3,962
(住民基本台帳人口、2005年12月末日)
隣接自治体 早来町由仁町千歳市
町の木 しらかば
町の花 花木 : エゾヤマザクラ
草花 : 赤いひまわり
町の獣 エゾシカ
追分町役場
所在地 059-1911
北海道勇払郡追分町本町6丁目54番地
安平町役場追分庁舎(旧追分町役場)
座標 北緯42度52分16.8秒
東経141度48分52.7秒
北海道内における追分町の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

追分町(おいわけちょう)は、北海道南部、胆振支庁管内勇払郡にあった町。室蘭本線石勝線の交差する地点にあり、古くから鉄道の町として栄えた。

地理[編集]

胆振支庁管内北東の内陸部、夕張山地馬追丘陵へと続く丘陵地上にある。南は早来町、西は千歳市、北と東は由仁町に囲まれている。町の東端、早来町と由仁町との境界付近に源を発する安平川が、大きく弧を描いて町西部へ移り、追分駅を中心とする市街地を通って早来町へと流れている。

内陸性の気候で、夏は気温が高く、冬は厳しい寒さとなるが、積雪量は比較的少ない。

  • 山 : シアビラヌプリ (364m)
  • 河川 : 安平川
  • 湖沼 :

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

この地は植苗(うえない)村アビラと呼ばれていたが、1892年に鉄道が開通した際、室蘭本線と夕張線(現石勝線)の分岐点であることから「追分」の名がついた。停車場、機関区が置かれ、鉄道関係者が多く定住するようになったのが町の基礎であった。以来苫小牧戸長役場の管轄下に置かれていたが、役場が遠く不便であることから、1900年、植苗村の一部と勇払村の一部(現在の早来町)を合わせて安平戸長役場を置いた。鉄道資材の生産、駅周辺での旅館・商店など、特に商工業面での追分地区の発展はめざましく、明治の終わりには人口が1万人を数えるまでになった。

大正以降、林業の衰退、大きなコークス工場の閉鎖などで人口は減っていった。一方で村の事業は役場のある早来地区に多く配分されている、との不満も追分の住民の間にあり、分村を求める動きが出始めた。1952年1月30日、村議会で追分高校設置案が否決されると分村運動は本格化し、その年の8月1日には追分村が発足することとなった。その後半世紀あまりを経た2004年4月、早来町と追分町は法定合併協議会を設置し、再合併に向け協議を続けてきた結果、両町は合併で合意し、2006年3月27日に新設合併して安平町(あびらちょう)が発足することが決まった。

  • 1900年 : 安平戸長役場を設置。
  • 1906年 : 二級町村制施行、安平村に。
  • 1923年 : 一級町村制施行。
  • 1952年 : 追分村が分村により成立。
  • 1953年 : 町制施行、追分町に。
  • 2006年 : 早来町と新設合併し、安平町(あびらちょう)発足。

経済[編集]

産業[編集]

  • 農業はメロンが特産。「アサヒメロン」のブランド名で知られる。
  • 新千歳空港、苫小牧港に近いことを生かし工業誘致も進めている。

教育[編集]

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 鹿公園

出身の有名人[編集]

  • 谷村志穂(作家)
  • 正木はじめ(演歌歌手)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]