KBS釜山放送総局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
KBS釜山放送総局
KBS Busan.JPG
運営 韓国放送公社(KBS)
設立 1968年4月10日
在籍国 大韓民国の旗 韓国
所在地 釜山広域市水営区水営路429(南川洞63)
外部リンク 公式サイト (朝鮮語)

特記事項:
1935年9月21日 - 社団法人朝鮮放送協会釜山放送局開局。
1968年4月10日 - 現在の名称に改称。

KBS釜山放送総局
各種表記
ハングル KBS부산방송총국
漢字 KBS釜山放送總局
発音 ケービーエスプサンバンソンチョングク
日本語読み: けーびーえすふさんほうそうそうきょく
英語表記: KBS Busan Broadcast Station
テンプレートを表示

KBS釜山放送総局(ケービーエスプサンほうそうそうきょく 、韓国語: KBS부산방송총국)は、釜山広域市慶尚南道東部の一部を放送エリアとする韓国放送公社(KBS)の地域放送局。

所在地[編集]

沿革[編集]

組職[編集]

  • 編成製作チーム:テレビ製作、編成
  • 報道チーム:映像取材、取材
  • 技術チーム:技術管理、テレビ技術、ラジオ技術、中継技術、送出技術
  • 総務チーム:総務、財源管理

送信所・中継局一覧[編集]

デジタルテレビ[編集]

第1テレビ
  • リモコンキーID:9-1
  • 呼出符号(コールサイン):HLKB-DTV
第2テレビ
  • リモコンキーID:7-1
  • 呼出符号:HLKE-DTV
EBSテレビ
  • リモコンキーID:10-1
送信所 物理チャンネル 空中線電力
第1テレビ 第2テレビ EBSテレビ
荒嶺山 K-14ch K-16ch K-18ch 2.5kW
鼎冠 K-21ch K-23ch K-24ch 50W
機張 K-32ch K-34ch K-36ch 90W
大辺港 K-32ch K-34ch K-36ch 0.05W
萇山 K-27ch K-29ch K-31ch 20W
万徳 K-23ch K-37ch K-41ch 20W
東三 K-14ch K-16ch K-18ch 0.05W
天馬山 K-43ch K-44ch K-36ch 20W
トンメ山 K-20ch K-23ch K-36ch 5W
菉山 K-38ch K-42ch K-48ch 90W
梁山 K-20ch K-21ch K-50ch 90W
下北 K-35ch K-39ch K-41ch 10W

アナログテレビ[編集]

(2012年10月9日午後2時に終了)
第1テレビ
  • 呼出符号:HLKB-TV
第2テレビ
  • 呼出符号:HLKE-TV
送信所 第1テレビ 第2テレビ EBSテレビ 空中線電力
影島 K-9ch K-7ch K-23ch 10kW / 30kW
機張 K-36ch K-38ch K-44ch 100W
萇山 K-29ch K-35ch K-25ch 100W
荒嶺山 K-55ch K-49ch K-59ch 500W
盤松 K-41ch K-47ch K-53ch 10W
万徳 K-27ch K-40ch K-33ch 100W
天馬山 K-35ch K-47ch K-53ch 100W
槐亭 K-25ch K-37ch - 10W
トンメ山 K-27ch K-21ch K-55ch 10W
菉山 K-48ch K-50ch - 500W
梁山 K-26ch K-29ch K-53ch 100W
下北 K-47ch K-49ch - 10W

ラジオ[編集]

第1ラジオ
送信所 周波数 空中線電力 呼出符号
金海 AM 891kHz 50kW HLKB
荒嶺山 FM 103.7MHz 3kW HLKB-SFM
鼎冠 FM 91.3MHz 20W なし
機張 FM 91.3MHz 30W
梁山 FM 91.3MHz 20W
菉山 FM 91.3MHz 30W
第2ラジオ(Happy FM)
送信所 周波数 空中線電力 呼出符号
荒嶺山 FM 97.1MHz 3kW HLKE-FM
音楽FM
送信所 周波数 空中線電力 呼出符号
荒嶺山 FM 92.7MHz 3kW HLKB-FM

地上波DMB[編集]

U-KBS
送信所 物理チャンネル(周波数) 空中線電力
荒嶺山 K-12Bch (207.008MHz) 2kW
菉山 90W

備考[編集]

ソウルにあった民放・TBC東洋放送の直営テレビ局・東洋テレビジョン釜山放送(HLKE-TV/7ch)が、言論統廃合により1980年11月30日の放送を最後に廃局。KBS釜山放送局に統合。翌日から東洋放送を統合して出来たチャンネル「KBS釜山第2テレビジョン」として放送開始。しかし第2テレビジョンが、今のようなバラエティあり、ドラマあり、ニュースあり、コマーシャルありの総合編成番組が放送されるのは、数年間後になってからのことである。

釜山第1ラジオ放送(890kHz→891kHz 後に103.7MHzも)は1962年3月1日から1995年4月3日までの間、KBSワールドラジオ(当時は大韓の声放送→ラジオ韓国)の日本語放送現地時間24時から1時の1時間[1]放送していた。これは夜間、日本でも韓国からの電波が比較的届きやすかったことを配慮したもの。当時同じ周波数で放送されているNHK仙台放送局ラジオ第1放送は24時~5時はメンテナンスによる休止時間[2]になっていた。このため一時期「午前0時から日本語放送をお送りします」というアナウンスが時報の前に放送されたことがあった。現在は廃止されている[3]

同様に韓国国内向けの周波数を使った対日日本語の放送はFEBCの「済州極東放送」(旧・亜細亜放送。HLDA→HLAZ。1566KHZ・ 104.7MHZ・101.1MHz(西帰浦中継))があり、こちらは現在も実施している。

NHK大阪放送局1986年8月4日に協定を結び、地域放送において協力関係にある[4]朝鮮通信使400年目だった2007年、NHK大阪放送局と通信使関連の番組を1本ずつ制作し、両局で放映した。NHK大阪は、『かんさい特集「朝鮮通信使400年 その知られざる歴史」』を制作[5]。KBS釜山が制作した『朝鮮通信使 400年前の韓流』もNHKで放送された。

脚注[編集]

  1. ^ 1987年1988年サマータイムが行われており、通常より1時間先に進めていたため、現地の0時-1時に当たる日本時間は前日23時-24時となっていた
  2. ^ 正式には当時24時から君が代<日本国歌>演奏→放送局名ID→チェレスタによる終了ISがあるため、NHK仙台が停波するのは0:05頃であった。緊急有事と年末年始など例外あり
  3. ^ 1990年からラジオ第1で「ラジオ深夜便」を試験的に放送し、その放送がある時は24時間放送となり混信も激しかった。1992年に正式な定時番組として昇格したが、メンテナンス(原則として月曜深夜~火曜未明、その他春と秋の特定の1週間程度)による放送休止であっても「深夜便」は午前1時までは通常通り放送していたため、日本での受信状態はさらに悪化してしまった。
  4. ^ NHK大阪放送局・七十年史編集委員会 『こちらJOBK -NHK大阪放送局七十年-』 NHK大阪放送局、1995年、236-237頁。 
  5. ^ NHK放送文化研究所(編) 『NHK年鑑2008』 日本放送出版協会、2008年、420頁。 

外部リンク[編集]