チョ・ジョンソク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チョ・ジョンソク
조정석
조정석
2013年6月(韓国)
生年月日 (1980-12-26) 1980年12月26日(40歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国 ソウル特別市
国籍 韓国
身長 175 cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2004年 - 現在
配偶者 GUMMY
事務所 JAMエンターテインメント
主な作品
テレビドラマ
トゥー・カップス〜ただいま恋が憑依中!?〜
賢い医師生活
映画
建築学概論
EXIT イグジット
テンプレートを表示
チョ・ジョンソク
各種表記
ハングル 조정석
漢字 曺政奭
発音: チョ・ジョンソク
ローマ字 Jo Jung-seok
テンプレートを表示

チョ・ジョンソク: 조정석、1980年12月26日 - )は、JAMエンターテインメント所属の韓国俳優である。

人物[編集]

1980年12月26日に大韓民国ソウルで生まれる。身長175cm、体重64kg、血液型AB型。ソウル傍花小学校傍花中学校空港高等学校ソウル芸術大学演劇科中退。

2015年2月2日に歌手GUMMYとの熱愛報道を認めた[1]

2018年6月22日に下半期結婚することを発表した[2]。10月8日に結婚した[3]

2020年8月第1子長女誕生[4]

来歴[編集]

2004年 - 2010年[編集]

彼は大学時代の教授から「ミュージカルをしてみなさい」と言われ、本格演技に興味を持ちながらからずっと映画俳優を目指したが、大学の時に活動した「プラナ」で公演をしていた中、ミュージカル関係者の目に留まり、2004年ミュージカル『くるみ割り人形』の脇役としてデビューした。主劇場の舞台で活動した彼は、2005年に『ギリシャ』、2006年には『壁を掘削男』、 『風の国』、『ヘドウィグ』など20本以上のミュージカルや演劇作品に出演した。 2008年と2009年の『韓国ミュージカル大賞』で「男優新人賞」、「助演男優賞」を受賞するなど、演技力を認められた。彼は「第2のチョ・スンウ」というニックネームを得て、ミュージカル界のスターにしっかり定着した。

ミュージカル俳優として成功を収めたが、彼の心の中に映画俳優への夢はおさまらず、この時期にキム・ヘスの弟キム・ドンヒョンとミュージカル『グリース』に一緒に公演した多くの劇場を訪れたキム・ヘスに提案を受けて映画『浮気日和』のオーディションを見て、チョ・スンウの推薦で映画『ゴーゴー70』のミーティングをする機会があったが、残念ながら出演が実現されなかった。

2011年 - 2018年[編集]

2011年にキャンパスドラマ『What's Up』でぎこちないが才能のある音楽学生の役で初のドラマデビューをした。当初彼は、2009年ミュージカル『春のめざめ』を終えた後、このドラマを1年間撮ったが、編成が難航して2011年の冬になってようやく放送された。また2011年1月にドリームスターエンターテイメントと専属契約を締結した。彼は「過去6年間演劇とミュージカルの舞台だけにこだわってきたが、今後は様々なジャンルの作品を通し挨拶したくて所属事務所の契約を結んだ。所属事務所の選択に満足して、これから大衆に身近で演技が上手な俳優に生まれ変わることができるよう努力する」と述べた。

2012年にスクリーンデビュー作であり、2012年の最高興行を記録した恋愛映画『建築学概論』に出演した。彼は「納得できない行く、納得が」というセリフで、映画界にキャラクターを作り出し、出演時間は短かったが、強い印象を残した[5]。 『青龍映画賞』と『今年の映画賞』で「新人男優賞」を受賞した[6]。現在も彼はスクリーン代表のキャラクターに選ばれている。またMBCドラマ『キング~Two Hearts』で、彼は、映画『建築学概論』で5kg以上の体重を増やしたが、このドラマで謹厳人物を演じるためにウエイトトレーニングと食事療法で体重を8kg減量した[7]。姫を向けた純愛演技で好評を受け、『MBC演技大賞』と『百想芸術大賞』で「新人俳優賞」にノミネートされた[8]。一年に両極端の代表キャラクターを作り出した彼は、ドラマと映画のラブコールを受ける俳優に成長した。

2013年に映画『冠状』で初めての時代劇映画に出演した[9]。優れた演技力で評論家の好評を受けた彼は、『大鐘賞』と『韓国映画評論家協会賞』で「助演男優賞」を受賞し演技派俳優としての地位を確立した[10]。同年、KBSドラマ『最高です!スンシンちゃん』で初の主演を務めた[11]。この作品は、島の村出身の元気少女スンシンがソウルに上京した後、堅実なビジネスマンの後援を受けてスターに成長していく過程が演出されている[12]。彼はスンシンを最高のスターに育てようとする企画会社社長シンジュノ役を演じた[13]。『KBS演技大賞』で「長編ドラマ部門男優秀演技賞」と「ベストカップル賞」を受賞した。

2014年2月14日に日本初ファンミーティング『Cho Jung Seok 1st Fanmeeting 2014 Sweet Valentine's Day ♥ ~ 最高だ、チョ・ジョンソク~』を開催した[14]

2015年2月にドリームスターエンターテイメントとの契約が終了され、文化倉庫と専属契約を締結した。以降ロマンスドラマ『ああ、私の幽霊さま』で艶感と優しいが共存するレストランのオーナーシェフカン・ソヌを演じた[15]。この作品は、貪欲な処女幽霊が憑依されたキッチン補助ポン・ソンとカン・ソヌが繰り広げるロマンスドラマであり、特有のしらじらしくリアルな演技に想像以上で完全に消化して「ロコキング」という修飾語を得た。

2016年4月に公開された映画『時間離脱者』で結婚を控えた1983年の男性を演じた[16]。また8月末から放送されたロマンチックコメディドラマ『嫉妬の化身』に出演した。『SBS演技大賞』で「ロマンチックコメディ部門最優秀演技賞」を受賞した。同年11月末に公開されたコメディドラマ映画『あの日、兄貴が灯した光』で、彼は不意の事故に遭った弟を口実に仮釈放の機会を得たサ・ギジョンを演じた[17][18]。また、当時同じ所属事務所であったチョン・ジヒョンとの親交でドラマ『青い海の伝説』にカメオ出演した[19]。劇中の最後の人魚沈清と同じ人魚に登場して、短い出演でも大きな存在感を出し好評を受けた[20]

2017年5月6日、7日にデビュー後韓国で初のファンミーティング『The Room』を開催した[21]。チケットは販売開始をして5分で売り切れた[22]。以降、台湾、タイ、日本で現地のファンと会ってアジアファンミーティングツアーを盛況に終えた[23]。今回のファンミーティングは、彼が企画から演出まで直接参加して万全の準備をしていることが知られて期待感を高めた。同年、MBCドラマ『トゥー・カップス~ただいま恋が憑依中⁉~』で正義のためなら昼夜を問わず努力する刑事と詐欺師が憑依してしまう人物を初めて1人2役を演じた[24]。 『MBC演技大賞』で「月火ドラマ部門最優秀演技賞」を受賞した。以降、12月公開された犯罪スリラー映画『麻薬王』で2年ぶりにスクリーンにカムバックした[25]。この作品は、薬物を輸出する愛国がいた1970年代に、根本的な密輸が伝説の麻薬王になった話を含んでおり、彼は劇中の伝説の麻薬王を追う熱血検査イングの役割を演じた。

2018年にアクションスリラー映画『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』で初めて悪役に挑戦した[26]。彼は製作報告会で「最初の悪役だ。私には、新たな挑戦だったので本当に良かった。」と述べた[27]。またtvNドラマ『知っているワイフ』にカメオ出演した[28]

2019-現在[編集]

昨年の2018年2月に文化倉庫と契約が終了した後[29]、2019年3月に新生企画会社のジャムエンターテイメントと専属契約を締結した。以来、歴史ドラマ『緑豆の花』で悪名高い異邦人百家の長男を演じ[30]、毎回完璧な方言を話すと高い演技力を披露し大好評を受けた[31]。このドラマで『SBS演技大賞』で「中編ドラマ部門最優秀演技賞」を受賞した。その年の7月末に公開されたアクション映画『EXIT イグジット』で観客数を942万人を動員するなど[32]、主演映画で最高の興行収入記録まで樹立した[33]

2020年には医療ドラマ『賢い医師生活』で雑談膵外科教授イ・イクジュンにキャスティングされた[34]。この作品は最終回の視聴率で14.1%を記録し、胸温まるヒューマンストーリーで多くの愛を受けた[35]。また自身もこのドラマのOST「アロハ」を歌唱した[36]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

イベント[編集]

ファンミーティング[編集]

年度 題名 開催日 開催国 参考
2014 Cho Jung Seok 1st Fanmeeting 2014 Sweet Valentine's Day ♥ ~ 最高だ、チョ・ジョンソク~ 2月14日 日本 [55]
2017 THE Room 5月6日 - 5月7日 韓国 [56]
6月11日 台湾 [57]
7月2日 タイ [58]
2017 CJS ASIA TOUR “The Room” in Tokyo 7月8日 日本 [59]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

No. タイトル 収録曲 備考
1st Gimme a Chocolate

(2015年8月28日)

  1. Gimme a Chocolate
  2. Gimme a Chocolate (Drama ver.)
  3. Gimme a Chocolate (Inst.)
tvN「ああ、私の幽霊さま」OST

OST[編集]

  • 「완전 사랑해요」- SBS「最高です! スンシンちゃん」OST Part.3(2013年6月28日)
  • 「예쁘다송」- SBS「最高です! スンシンちゃん」OST(未発売曲)(2013年)チョ・ジョンソク、IU
  • 「나의 사랑 나의 신부 - 커플송」- 映画「私の愛、私の花嫁」OST(2014年10月17日)チョ・ジョンソク、シン・ミナ
  • 「걱정 말아요 그대」- 映画「あの日、兄貴が灯した光」OST(2016年11月24日)チョ・ジョンソク、D.O.
  • 「아로하 (Aloha)」- tvN「賢い医師生活」OST Part.3(2020年3月27日)

雑誌[編集]

  • 「In Style」2012年5月号[60]
  • 「HIGH CUT」2013年2月号[61]
  • 「CeCi」2013年9月号[62]
  • 「GEEK」2015年10月号[63]
  • 「allure KOREA」2016年12月号[64]
  • 「Esquire」2017年1月号[65]
  • 「韓国ぴあ」2017年6月号[66]
  • 「BAZAAR」2017年12月号[67]
  • 「HIGH CUT」2019年8月号[68]

賞とノミネート[編集]

年度 カテゴリー 作品 結果 参考
2008 第14回韓国ミュージカル大賞 新人賞 私の心の中の器官 受賞
2009 第3回ミュージカルアワード 最優秀俳優賞 ジャングム大王 ノミネート
第15回韓国ミュージカル大賞 最優秀助演男優賞 春のめざめ 受賞
2010 第4回ミュージカルアワード
2012 第6回Mnet20's Choice Awareds 20代の急成長俳優賞 建築学概念、キング~Two Hearts
第21回釜山映画祭 新人賞 建築学概念 ノミネート
最優秀助演男優賞
第49回大鐘賞 [69]
新人賞
第33回青龍映画賞 受賞 [70]
第20回韓国文化娯楽賞
第5回スタイルアイコン賞 新しいアイコン 該当なし [71]
第5回コリアドラマアワード 新人賞 キング~Two Hearts ノミネート
MBC演技大賞 [72]
2013 第49回百想芸術大賞 テレビ部門最優秀新人賞
第4回コリア映画祭 新人賞 建築学概念 受賞
第50回大鐘賞 最優秀助演男優賞 観相師 -かんそうし- [73]
第33回韓国映画評論家協会賞 [74]
第34回青龍映画賞 ノミネート [75]
第13回韓国世界青年映画祭 新人賞 受賞
KBS演技大賞 優秀俳優賞 最高です!スンシンちゃん [76]
ベストカップル賞 with IU
2014 第9回マックス映画賞 最優秀助演男優賞 観相師 -かんそうし- ノミネート
第14回韓国世界青年映画祭 人気賞 私の愛、私の花嫁 受賞
2015 第8回コリアドラマアワード 優秀俳優賞 ああ、私の幽霊さま ノミネート
第4回APANスターアワード ミニシリーズ部門優秀俳優賞
2016 tvN10アワード ロマンティックコメディ王
二つ星賞 受賞
ベストキス賞 with パク・ボヨン 6位
第7回大韓民国大衆文化芸術賞 文化大臣賞 該当なし 受賞 [77]
第36回韓国映画俳優協会 韓国のトップスター あの日、兄貴が灯した光
SBS演技大賞 大賞 嫉妬の化身 ノミネート [78]
最優秀俳優賞 受賞
トップ10スター賞 [79]
2017 第53回百想芸術大賞 テレビ部門最優秀俳優賞 ノミネート [80]
MBC演技大賞 大賞 トゥー・カップス~ただいま恋が憑依中⁉~ [81]
今年のドラマ
月火ドラマ部門最優秀俳優賞 受賞
2018 第6回APANスターアワード ミニシリーズ部門最優秀俳優賞 ノミネート
2019 第12回コリアドラマアワード 大賞 緑豆の花
第40回青龍映画賞 最優秀俳優賞 EXIT イグジット [82]
SBS演技大賞 緑豆の花 受賞 [83]
2020 第25回春史映画芸術賞 EXIT イグジット ノミネート
第56回百想芸術大賞 映画部門最優秀俳優賞 [84]
韓国ファーストブランド賞 男性のモデル 該当なし 受賞
今年のブランド大賞 今年の男優賞 [85]
今年のOST賞
第18回ブランドオブザイヤーアワード 最優秀主演男優賞 賢い医師生活
今年のOST賞
第7回APANスターアワード 大賞 保留中
俳優部門人気スター賞 ノミネート
第22回Mnet Asian Music Awards 最優秀OST賞
年間最優秀曲
Melon Music Awareds 最優秀OST賞 受賞 [86]
ホットトレンドアワード ノミネート
第3回Geenie Music Awareds ベストOST賞 受賞
ウーマンセンス2020ドラマ賞 最優秀俳優賞
第5回アジアアーティストアワード 人気俳優賞 該当なし ノミネート
2021 第35回ゴールデンディスクアワード ベストOST賞 賢い医師生活 受賞 [87]
第30回ソウル歌謡大賞 保留中

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ GUMMY&チョ・ジョンソク側、熱愛を認める「友人から恋人に発展…力になる存在」”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  2. ^ 俳優チョ・ジョンソクが結婚を発表!公開恋愛中の歌手GUMMYと”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  3. ^ チョ・ジョンソク&GUMMY、結婚を電撃報告!「夫婦になりました」…美しいウェディング写真公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  4. ^ チョ・ジョンソク&GUMMY夫妻、本日(8/6)第1子となる女の子が誕生「母子ともに健康」”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  5. ^ 「建築学概論」イ・ジェフンら、観客動員400万人突破に喜びのコメント”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  6. ^ 「第33回青龍映画賞」予想外の受賞に大きな拍手を!”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  7. ^ 「キング~Two Hearts」ウン・シギョン様が救ってくださった ― Best or Worst”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  8. ^ 「キング~Two Hearts」視聴者に感動を与えた名場面&名台詞BEST5”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  9. ^ ソン・ガンホ、キム・ヘス、イ・ジョンジェ…超豪華ラインナップの映画「観相師」出撃!”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  10. ^ 「観相師」ソン・ガンホ&チョ・ジョンソク&キム・ヘスの“観相”を見てみると…”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  11. ^ IU主演「最高です!スンシンちゃん」放送スタート前日!3つの鑑賞ポイント”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  12. ^ 「最高です!スンシンちゃん」新しい予告映像を公開“ドラマへの期待値上昇””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  13. ^ 「最高です!スンシンちゃん」IU&チョ・ジョンソク、練習生と所属事務所代表のスキャンダル?”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  14. ^ チョ・ジョンソク、初の単独日本ファンミーティングを開催“企画&演出に参加””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  15. ^ パク・ボヨン&チョ・ジョンソク主演「ああ、私の幽霊さま」ポスター公開…“想像力を刺激””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  16. ^ チョ・ジョンソク&イム・スジョン&イ・ジヌク出演「時間離脱者」緊迫感あふれる3枚のポスターを公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  17. ^ チョ・ジョンソク&EXO ディオ&パク・シネ出演映画「あの日、兄貴が灯した光」最高の相性に期待(動画あり)”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  18. ^ チョ・ジョンソク&EXO ディオ、映画「あの日、兄貴が灯した光」本当の兄弟のようなメインポスターを公開…2人の共演に“高まる期待””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  19. ^ 「青い海の伝説」チョ・ジョンソク、チョン・ジヒョンにアドバイス”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  20. ^ チャ・テヒョンからf(x) クリスタルまで…「青い海の伝説」豪華カメオ出演11人!”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  21. ^ チョ・ジョンソク、ファンミーティングのポスター撮影現場のビハインドカット公開…公式サイトもオープン”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  22. ^ チョ・ジョンソク、初の公式ファンミーティングが5分で全席完売“人気を証明””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  23. ^ チョ・ジョンソク、台湾&日本&タイにてファンミーティング確定”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  24. ^ チョ・ジョンソク、ドラマ「トゥー・カップス」ビハインドカット公開…繊細な演技変身に“高まる期待””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  25. ^ ソン・ガンホ&ペ・ドゥナら出演「麻薬王」第2弾ポスター&キャラクター予告編を公開…強烈な個性に注目”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  26. ^ 「スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班」コン・ヒョジン&リュ・ジュンヨル&チョ・ジョンソクのキャラクターポスターを公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  27. ^ 【PHOTO】コン・ヒョジン&リュ・ジュンヨル&チョ・ジョンソク、映画「スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班」制作報告会に出席”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  28. ^ 「知ってるワイフ」チョ・ジョンソク、ハン・ジミンの初恋相手として特別出演…チソンが嫉妬?”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  29. ^ チョ・ジョンソク、2月に所属事務所と契約終了…「再契約の有無はドラマ撮影後に議論」”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  30. ^ チョ・ジョンソク&ユン・シユン&ハン・イェリ主演ドラマ「緑豆の花」キャラクターポスター公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  31. ^ チョ・ジョンソク&ユン・シユン&ハン・イェリ主演、ドラマ「緑豆の花」ビハインドカットを公開…演技への情熱見せる”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  32. ^ チョ・ジョンソク&少女時代 ユナ主演、映画「EXIT」迫力溢れる予告映像を公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  33. ^ チョ・ジョンソク&少女時代 ユナ出演、映画「EXIT」今夏の公開確定…好奇心をくすぐるポスターを公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  34. ^ チョ・ジョンソク、新ドラマ「賢い医師生活」ハイライト映像を公開…愉快なドクターの姿に高まる期待”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  35. ^ チョ・ジョンソク、ドラマ「賢い医師生活」放送終了の感想を語る“シーズン2で戻ってくる””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  36. ^ チョ・ジョンソク、主演ドラマ「賢い医師生活」OSTに参加…甘い告白ソング「アロハ」本日リリース”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  37. ^ 「キング~Two Hearts」姫と騎士の愛は21世紀になっても衰えない ― Best or Worst”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  38. ^ 「ああ、私の幽霊さま」チョ・ジョンソク“パク・ボヨンの初キスシーンの相手役、本当にありがたいこと””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  39. ^ コン・ヒョジン&チョ・ジョンソク主演ドラマ「嫉妬の化身」カウントダウンに突入!ポスター3種公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  40. ^ 「青い海の伝説」チョ・ジョンソク&チョン・ジヒョン、救急隊員と人魚の出会い“お互いを見てびっくり””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  41. ^ 「トゥー・カップス」チョ・ジョンソク、刑事&詐欺師に変身…初の一人二役に“高まる期待””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  42. ^ チョ・ジョンソク主演ドラマ「緑豆の花」スチールカットを初公開…刹那を捉えた表情で圧倒”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  43. ^ チョ・ジョンソク&ユ・ヨンソクら出演、新ドラマ「賢い医師生活」予告映像第1弾を公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  44. ^ チョ・ジョンソク、アイスランドで道を尋ねる“完璧な英会話””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  45. ^ 「救国の鋼鉄隊列」チョ・ジョンソク“旬な俳優と呼ばれるのは申し訳ない””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  46. ^ 映画「観相師」ソン・ガンホ&チョ・ジョンソクのスチール写真を公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  47. ^ ヒョンビン主演映画「王の涙」キャラクターポスター公開!“関心集中””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  48. ^ 「私の愛、私の花嫁」チョ・ジョンソク&シン・ミナ、リアルな新婚夫婦に変身”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  49. ^ チョ・ジョンソク主演映画「ジャーナリスト」が「造られた殺人」にタイトル変更”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  50. ^ イム・スジョン&チョ・ジョンソク&イ・ジヌク出演「時間離脱者」緊張溢れる予告映像を公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  51. ^ EXO ディオ&パク・シネ&チョ・ジョンソク主演映画「あの日、兄貴が灯した光」予告ポスター&予告映像を公開(映像あり)”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  52. ^ ソン・ガンホからペ・ドゥナまで、映画「麻薬王」キャラクターポスター&予告編公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  53. ^ 映画「スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班」コン・ヒョジン&リュ・ジュンヨル&チョ・ジョンソクのスチールカットを初公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  54. ^ チョ・ジョンソク&少女時代 ユナ出演、映画「EXIT」S.O.Sポスター&予告映像公開“生き残りたければ走れ””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  55. ^ チョ・ジョンソク、バレンタインデーに日本でファンミーティングを開催!”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  56. ^ チョ・ジョンソク、初のファンミーティング「The Room」を5月に開催“一風変わった姿をお見せする””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  57. ^ チョ・ジョンソク、台湾のファンミーティングで爆発的人気を実感”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  58. ^ チョ・ジョンソク、タイでのファンミーティングを成功裏に終了…多彩なステージでファンを魅了”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  59. ^ チョ・ジョンソク、日本ファンミーティング開催決定!来場者全員と握手会も実施”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  60. ^ 「キング~Two Hearts」チョ・ジョンソク、ラフなスタイルのグラビアを公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  61. ^ チョ・ジョンソク「ミュージカルを辞めた後も焦りはなかった」”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  62. ^ チョ・ジョンソク、上半身を露出したグラビアで“ギャップのある魅力”を披露”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  63. ^ チョ・ジョンソク「彼女といると、いたずらもして率直に感情を表現する」”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  64. ^ チョ・ジョンソク&EXO ディオ、カリスマ性溢れるグラビアで女心を刺激…秋のファッショングラビア公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  65. ^ チョ・ジョンソク、俳優に対する信念を語る「透明にならなければならない」”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  66. ^ 「韓流ぴあ」6月号は全世代に愛される新星の秘密、ソ・ガンジュンのグラビア&インタビュー大特集”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  67. ^ チョ・ジョンソク&Girl's Day ヘリ、カップルグラビアを公開“セクシー&クール””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  68. ^ チョ・ジョンソク&少女時代 ユナ、出口のない魅力溢れるグラビア公開「本当に素敵なパートナー」”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  69. ^ 第49回大鐘賞映画祭“スターたちの言葉!””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  70. ^ チョ・ジョンソク「第33回青龍映画賞」新人男優賞を受賞“ソン・ガンホ先輩の激励に感謝する””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  71. ^ 「2012 SIA」チョ・ジョンソク、今年の「ニューアイコン賞」受賞”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  72. ^ 「2012 MBC演技大賞」の語録…“愛、ウィット、感動が溢れる””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  73. ^ 「第50回大鐘賞映画祭」昨年のような事件はなかった…“均等な受賞”(総合)”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  74. ^ 「第33回映画評論家協会賞」授賞式開催…「スノーピアサー」「観相師」が3冠に!イ・ジョンジェが最高人気賞を受賞(総合)”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  75. ^ 【PHOTO】イ・ビョンホンからMBLAQ イ・ジュンまで…「第34回青龍映画賞」に豪華俳優が登場”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  76. ^ 【PHOTO】ペ・スビンからイ・ボムスまで…実力派男性俳優が「2013 KBS演技大賞」レッドカーペットに登場”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  77. ^ 【PHOTO】ファン・ジョンウム&チョ・ジョンソク&チョ・ジヌンら「韓国大衆文化芸術賞」レッドカーペットに登場”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  78. ^ 2016年、SBSを輝かせたカップルは?視聴者が決める“ベストカップル賞”に視線集中…「2016 SBS演技大賞」12/31放送”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  79. ^ 【PHOTO】チョ・ジョンソク「2016 SAF SBS演技大賞」レッドカーペットに登場”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  80. ^ 【PHOTO】チョ・ジョンソク「第53回百想芸術大賞」レッドカーペットに登場”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  81. ^ 【PHOTO】CNBLUE カン・ミンヒョク&チョ・ジョンソク&ユ・スンホら「2017 MBC演技大賞」レッドカーペットに登場”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  82. ^ 【PHOTO】チョン・ヘイン&チョン・ウソン&ユ・ヨンソクら「第40回青龍映画賞」レッドカーペットに登場”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  83. ^ 【PHOTO】イ・スンギ&チョン・イル&キム・ナムギルら「2019 SBS演技大賞」レッドカーペットに登場”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  84. ^ ムン・セユン、チョ・ジョンソク&ハン・ソヒらと…授賞式の参加記念ショットを公開”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  85. ^ チョ・ジョンソク「今年のブランド大賞」で2冠達成!様々な分野で活躍し広告オファー数は最多”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  86. ^ チョ・ジョンソク「MMA 2020」でOST賞を受賞“ドラマの力…見守ってくださった方々に感謝””. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。
  87. ^ 【PHOTO】TOMORROW X TOGETHER&TREASURE&ENHYPENら「第35回ゴールデンディスクアワード」2日目のレッドカーペットに登場”. Kstyle. 2021年1月21日閲覧。