キム・ヒチョル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒチョル
SMTown Live World Tour IV in Seoul 01.jpg
真ん中がキム・ヒチョル
基本情報
出生名 キム・ヒチョル (金希澈)
出生 1983年7月10日(32歳)
韓国の旗 韓国 江原道横城郡
出身地 韓国の旗 韓国 ソウル特別市
職業 歌手俳優MC
活動期間 2005年 - 現在
レーベル SMエンターテインメント
共同作業者 スーパージュニア
Super Junior-T
公式サイト 公式HP
ヒチョル
各種表記
ハングル 희철
漢字 希澈
発音: ヒチョル
ローマ字 HeeChul
各種表記(本名)
ハングル 김희철
漢字 金希澈
発音: キム・ヒチョル
ローマ字 Kim HeeChul
テンプレートを表示

キム・ヒチョル (김희철、1983年7月10日 - )は、韓国歌手で、男性グループ「スーパージュニア」のメンバーとして活動している。ソロではドラマMCなどで活動している。身長177cm(179cmと記載しているサイトもある。)、体重60kg、AB型。

来歴[編集]

2002年にSMcastingsystemにてオーディションに合格、2003年にSMエンターテインメントと契約を結び練習生になった[1]。スーパージュニア結成前はカンイン東方神起ユンホJYJジェジュンと4人組(4Seasons)グループを組んでいた。2005年11月6日にスーパージュニアのメンバーとしてデビュー。2007年2月から2008年5月まで、SBS人気歌謡の第16代目MCを担当。2007年2月23日、スーパージュニアのメンバー6人で構成された「Super Junior-T」のメンバーとしての活動も開始した。

2006年8月10日メンバーのドンヘの父の葬儀の帰りに交通事故に遭い、左足大腿部と両足首を骨折[2]。11月25日にMKMF2006で復帰。約2年間、左足付根から膝にかけて金属が入っていたが、2008年6月18日に金属除去手術を受けた。1年間ほど出演していたMBC「レインボーロマンス」は11月5日、243回で終了。車イス姿で出演した。2008年近視のためレーシック手術を受けた。

2011年9月1日に忠南論山陸軍訓練所に入所。 2013年8月30日、招集解除。除隊後「私たち結婚しました」のグローバル版やSUPER SHOW 5にも途中から参加し、グループ活動に復帰した。

人物[編集]

  • 家族構成は父、母、姉。自称「宇宙的大スター」。ニックネームは「レラ」(シンデレラの「レラ」)、ヒニム(ヒ様と言う意味)。日本ではそのままレラ様、ヒ様と呼ばれたりもする。ファンのことを「花びら」と呼ぶ。原州工業高等学校、尚志大学校コンピュータデータ情報学科を卒業し、尚志嶺西大学観光英語通訳科に在学中。所有行星 :ヒニム(Heenim)。
  • チョ・ソンモの大ファン[1]Wonder Girlsのソヒの熱烈なファンでもある[3]
  • 東方神起のユノの彼女と間違えられたことがあるほか、女性用トイレに入り、自らが男性とバレないか確認した事がある。その際、『背が高い』と言われただけで男性とは思われなかった。
  • レディーガガにかなりの親近感を抱いておりコンサートでもレディーガガの女装をしたことがある。
  • 新世紀エヴァンゲリオンアスカが大好きであり、フィギュアを飾ったりしている[4]。またアスカの抱き枕も所有しており、公益勤務中にDJを担当していたラジオでは、その抱き枕を抱いて登場したこともある。また自身のSNSでもアスカにふれることは多く、アスカのTシャツを着用した姿も公開されている[5]。またSUPER SHOW 6の大阪公演では、アスカのコスプレを披露。アスカの無愛想な表情も完璧にコピーしたが、アスカのそういったキャラクターを知らないイトゥクは、ヒチョルが怒っていると思い、ファンが誤解しないか不安がった。
  • ライブ等ではヒチョル特有の挨拶がある。彼が「サーランヘー(愛してる)」と叫ぶと、ファンが「ウーユーピッカルキムヒチョル!(ウユピッカルとは色白のイケメンに対して使われる言葉。=イケメンキムヒチョル!というようなニュアンス)」と返すのがお約束である。この挨拶は、カンインが考案した。さらに日本ではこれに加え、ラブライブ!の「矢澤にこ」の合言葉「にっこにっこにー」をアレンジし、ヒチョルが「あなたのヒチョルがー?」と日本語で聞くと、会場のファンが「にっこにっこにー」と返すのがお約束となっている。

活動[編集]

音楽活動[編集]

スーパージュニアの項参照

OST[編集]

  • 2006年04月07日「不良家族」O.S.T-ヒチョル『家族』※コーラスに参加
  • 2008年10月15日「ミュージカル XANADU(ザナドゥ)」O.S.T-ヒチョル『Don't Walk Away』
  • 2009年10月30日「千万回愛しています」O.S.T-ヒチョル『チョビョル』

M&D(Midnight and Dawn)[編集]

ヒチョル&ジョンモ(TRAX)によるユニット。

シングル
  • 2011年6月 《뭘봐(Close Ur Mouth)
アルバム
  • 2015年4月20日 『家内制手工業

MV[編集]

  • マゴルピ (Magolpy)「飛行少女 (Flying girl)」(2007年)
  • TRAX「Let You Go」(2010年)
  • SISTAR「Shady Girl」(2010年)

映画[編集]

ドラマ[編集]

  • KBS『四捨五入2』(2005年)
  • KBS『ラブホリック』(2005年)
  • MBC『レインボーロマンス』(2006年)
  • SBS『不良家族』(2006年)
  • SBS『黄金の新婦』(2007年)
  • SBS『千万回愛してます』 (2009年)
  • SBS『カムバック マドンナ〜私は伝説だ』 (2010年・第15話カメオ出演)
  • CCTV『青春旋律』 (2011年)
  • SBS『相続者たち』(2013年・第4話特別出演)
  • tvN『花じいさん捜査隊』(2014年)

ラジオ[編集]

  • SBS『ヤングストリート』 (2005年11月1日 ~ 2011年6月26日←ヒチョルがDJをやっていたのは26日までだがアイドルのクァンヒとジュエリーのイェウォンが代役をしその後除隊したBoomがDJになった。)
  • ソウル城東区ネット放送局『ヒチョルの城東cafe』DJ(2012年1月20日—2012年5月18日、2013年1月14日—2013年7月26日)

MC[編集]

  • KMTV『Show! Music Tank』(2005年)
  • SBS『SBS人気歌謡』(2007年2月25日-2007年10月7日、2007年11月11日-2008年5月4日)
  • SBS『対決!8:1』(2008年)
  • SBS『ドリームコンサート』(2008年)
  • MBC『黄金漁場-ラジオスター』(2010年)
  • JTBC『ソル戦』(2013-2014年)
  • MBC『願いを言ってみて』(2014年)
  • 中国・浙江衛星『一路上有你』(2015年)
  • tvN『水曜美食会』(2015年)
  • KBS『A Style For You』(2015年)
  • O'live TV『MAPS』(2015年)

CF[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b キム・ヒチョル「チョ・ソンモ見てバラード歌手を夢見る」「中央日報」2009年5月18日更新、2010年1月14日閲覧
  2. ^ スーパージュニアのキム・ヒチョル、交通事故で大腿部骨折「中央日報」2006年8月10日。2008年8月8日閲覧
  3. ^ SUPER JUNIORキム・ヒチョルのメール公開「ソヒをいじめたら呪ってやる!」「財経新聞」2011年11月18日。2013年9月15日観覧
  4. ^ SUPER JUNIOR ヒチョル、オタク全開の自宅公開!溺愛する女性キャラと過ごす幸せなマイホーム「Kstyle」2015年4月24日。
  5. ^ ヒチョルのインスタグラムより[1][2]

外部リンク[編集]