SISTAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SISTAR
Sistar on October 2, 2011.jpg
基本情報
出身地 韓国の旗 韓国
ジャンル K-POPヒップホップエレクトロニカ
活動期間 2010年6月3日 - 現在
レーベル LOENエンターテインメント
事務所 STARSHIPエンターテインメント
メンバー ヒョリン
ボラ
ソユ
ダソム
Sistar
各種表記
ハングル 씨스타
漢字 -
発音: シスタ
ローマ字 Sistar
テンプレートを表示

SISTAR (シスター、: 씨스타)は、韓国の女性4人組アイドルグループ。2010年6月にデビュー。STARSHIPエンターテインメント所属。Sistarというグループ名はSister(姉妹)とStar(星)の合成語で、「姉妹のような身近なイメージを持ちながら、音楽界の大きな星になる」という意味が込められている。多くの楽曲のプロデュースを「勇敢な兄弟」が務め、ヒップホップエレクトロニックを融合させたポップ曲が特徴的。ビジュアル面では、露出の多い衣装やセクシーな振り付けが多い。

来歴[ソースを編集]

デビュー以前

2010年3月にメンバーのイメージ写真が公開され、4月にはヒョリンがクリスティーナ・アギレラの「Hurt」を歌う動画が公開され、話題となった。5月にはサムスンの携帯電話CMにチャン・グンソクと共に出演するメンバーを選ぶネット投票が行われ、最多得票数を得たヒョリンが「チャン・グンソクの彼女」に選ばれ、デュエット曲「Magic Drag」を発表した。

2010年

6月3日にシングル「Push Push」を発売して公式デビュー。ガオン・デジタル総合チャートで9位、Mnetチャートでは2位を占めた。「Push Push」の「猫ダンス」と呼ばれる振り付けは色々なパロディが流行し、さらにデビュー1週間にしてCMに起用された。このような活躍の中、メンバーのヒョリンが体調を崩すこともあった。 8月27日には2ndシングル「虚飾ガール」を発売すると、各種音源チャートで上位にランクインし、ガオン・デジタル総合チャートで4位を記録した。また日本での公演や、タイで広報大使を引き受けて、アジア進出の可能性を見せた。この曲の活動中、ステージ上でボラが雨に滑って転倒し、指を骨折した[1]。 11月25日に発売予定だった3rdシングル「あなたなんて」は、北朝鮮の延坪島砲撃事件により延期になり、12月3日に発売された。「あなたなんて」はあらゆる音源チャートで1位を獲得し、ガオン・デジタル総合チャートでは2位を記録した。Sistarはこの曲でデビュー6ヶ月にして初めてKBS「ミュージックバンク」で1位を獲得したが、歌詞の内容や振り付けが放送にふさわしくないとして一部修正を受けた。また同時期にキム・ヨナと共同でCMソング「Super Girl」を発売した。 12月9日には「ゴールデンディスク大賞」にて新人賞を受賞[2]

2011年

5月3日、ボラとヒョリンによるユニット「Sistar19」(シスターナインティーン)でシングル「Ma Boy」を発売。ガオンチャートで2位、ミュージックバンクでも2位を獲得。 Sistar19の活動が終わる頃、ヒョリンはKBS「不朽の名曲2」に出演し、優れた歌唱力を披露して2度の優勝を獲得した。 8月9日、初の正規アルバム『So Cool』を発売。タイトル曲「So Cool」は各種音源チャートで1位を獲得し、デビュー以来初めてガオンチャートで1位を獲得した。またデビュー後初めてSBS 「人気歌謡」にて1位を獲得した。 9月に放送されたMBC「アイドルスター陸上選手権大会」にて、ボラが100m走、100mハードル走、400mリレーで優勝したのを初めとして、メンバーそれぞれが好成績を残して注目を集め、「陸上ドル」という呼び名がつけられた[3]

2012年

1月11日、「ゴールデンディスクアワードin大阪」にてデジタル音源賞を受賞 [4]。 4月12日、ミニアルバム『ALONE』を発売。タイトル曲「私ひとり(Alone)」はエレクトロニカから離れナチュラルな音を取り入れた楽曲で、これまでの明るく元気なイメージとは異なる大人っぽいセクシーなコンセプトに挑戦し、ミュージックビデオの撮影はラスベガスで行われた。アルバム発売日にはミニコンサートが行われ、この様子はYoutubeなどを通じて世界に向けて生中継された[5]。 「私ひとり(Alone)」は各種音源チャートや音楽番組で1位を獲得し[6][7]、アメリカのビルボードの「K-POP HOT 100」チャートで4週連続1位の新記録を達成するなど[8]、大きな成功を収めた。 6月28日、サマースペシャルアルバム『Loving U』を発売[9]。タイトル曲「Loving U」は夏のバカンスをイメージした可愛らしく爽やかな楽曲で、ミュージックビデオは全編ハワイロケで撮影された[10]。 『Loving U』でも成功を収めると、9月15日にソウルオリンピック公園オリンピックホールにて初の単独コンサートを開催した[11]

2013年

1月31日、SISTAR19によるミニアルバム『있다 없으니까(いたのにいなくなったから)』を発表。タイトル曲「いたのにいなくなったから」は別れのむなしさと痛みを表現したヒップホップ曲[12]

メンバー[ソースを編集]

芸名 ハングル ローマ字 本名 生年月日・満年齢 担当
ヒョリン 효린 Hyolin キム・ヒョジョン (김효정、Kim Hyojung) (1991-01-11) 1991年1月11日(26歳) リーダー、メインボーカル
ボラ 보라 Bora ユン・ボラ (윤보라、Yoon Bora) (1990-01-30) 1990年1月30日(26歳) ラップ、ボーカル
ソユ 소유 Soyou カン・ジヒョン (강지현、Kang Jihyun) (1992-02-12) 1992年2月12日(24歳) ボーカル
ダソム 다솜 Dasom キム・ダソム (김다솜、Kim Dasom) (1993-05-06) 1993年5月6日(23歳) ボーカル

ヒョリン[ソースを編集]

  • 歌唱力の高さに定評があり、「不朽の名曲2」で2度の優勝を獲得したり、ある番組で「歌唱力が高いアイドル」1位に選ばれたこともある[13]
  • 生まれてまもなく胆道閉鎖症のため大手術を行い、1年後には腸重積症を発症して再び手術を受けた。
  • 現在の事務所に入る前にJYPエンターテインメントに所属しており、Secretのジウン、BESTieのユジと共に3人組グループでデビューを目指したが失敗に終わった[14]
  • 出演
  • 音楽作品
  • 「栄光のジェイン」OST(2011年)
  • 「君を愛しちゃうぞ」(2012年)

ボラ[ソースを編集]

  • 小学校から中学校にかけてバレエを習い、高校ではダンスサークルに入って活動した。そのうち歌にも興味を持ち始めたため、大学のミュージカル学科に進学した[15]
  • 「アイドルスター陸上選手権大会」での活躍で注目され、「スポーツアイドル」と呼ばれる[16]
  • 出演

ソユ[ソースを編集]

  • 済州島生まれで小学1年生まで済州島で暮らした。幼い頃から歌うことが好きで歌手になりたかったが、テレビの中の綺麗な芸能人に興味を持ち美容の勉強を始めた。中学生の時に美容の資格を取得し、美容の大会に出場したこともある[17]。しかし歌手になる夢も諦められず、勉強しながらもオーディションを受けて芸能事務所に所属することとなった。現在の事務所に所属する前、4minuteのメンバー候補として練習していた時期がある[18]
  • 本人いわく、人を観察するのが好きで、よく周りの人のモノマネをする。
  • 音楽作品
  • 「愛してるって言おうかな」 - MBCドラマ「イタズラなKiss」OST
  • 「Officially missing you, too」(2012年) - ヒップホップグループGeeksとのコラボレーション
  • 「グッバイ」(2013年) - ホン・デグァンとのデュエット
  • 「Some」(2014年) - チョン・ギゴとのデュエット
  • 「隙」(2014年) - Urban Zakapaとのコラボ曲
  • 「肩」(2015年) - 10cmのクォン・ジョンヨルとのコラボ曲
  • 出演
  • K.Will「Day 1」MV (2014年)

ダソム[ソースを編集]

  • 幼いころから毎日映画を1本ずつ観るほど映画が好きで、女優になる夢を抱き、安陽芸術高校演技科に進学。高校在学中に現在の事務所に所属することとなり、そのままSistarとしてデビューした[19]
  • 出演
  • だまれファミリー」(KBS2,2012年) - ウ・ダユン役
  • VIXX「Rock Ur Body」MV (2012年)
  • K.Will「Please don't...」MV (2012年)
  • K.Will「Love Blossom」MV(2013年)
  • 愛は歌に乗って」 (KBS1,2013年 - 2014年) - 主演・コン・ドゥリム役
  • SISTARソユ&チョン・ギゴ「Some」MV(2014年) - 共演・B1A4 バロ

ディスコグラフィ[ソースを編集]

シングルアルバム
  • Push Push(2010年6月3日)- タイトル曲:Push Push
  • 가식걸(Shady Girl)(2010年9月1日) - タイトル曲:가식걸(虚飾ガール)
  • 니까짓게(How Dare You)(2010年12月3日) - タイトル曲:니까짓게(あなたなんて)
ミニアルバム
  • ALONE - "나혼자" (Alone) (2012年4月17日)
  • TOUCH & MOVE (2014年7月21日) - タイトル曲:Touch my body
  • SHAKE IT (2015年6月22日) - タイトル曲 : SHAKE IT
フルアルバム
  • So Cool (2011年8月10日)
  • Give It To Me (2013年6月11日)
スペシャルアルバム
  • Loving U (2012年6月28日)
  • Sweet & Sour (2014年8月26日) - タイトル曲:I Swear


サブユニット[ソースを編集]

SISTAR19(シスターナインティーン) - ヒョリンとボラによるユニット。
  • Ma Boy (2011年5月3日)
  • いたのに、いなくなったから(Gone Not Around Any Longer)(2013年1月31日)


ソロ[ソースを編集]

HYORIN(ヒョリン)
  • LOVE & HATE (2013年11月26日) - タイトル曲:너 밖에 몰라 (ONE WAY LOVE)

           

出典・脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SISTARのボラ&イ・スンファン、公演中事故一足遅れて話題 innolife 2012年9月22日
  2. ^ ビーストとシークレットにシスター、ゴールデンディスク大賞で新人賞 中央日報2010年12月10日
  3. ^ SISTAR ― ステージを駆ける少女たち kstyle 2012年1月17日
  4. ^ SISTAR ボラ「ゴールデンディスク」受賞記念写真公開 kstyle 2012年1月13日
  5. ^ SISTAR、カムバックミニコンサートをYouTubeで世界に生中継 kstyle 2012年4月9日
  6. ^ SISTAR、新曲「私一人(Alone)」で音源チャートを独占! Kstyle 2012年4月16日
  7. ^ SISTAR、人気歌謡で1位を獲得! Kstyle 2012年5月6日
  8. ^ SISTAR、異例の記録を達成!米ビルボードのK-POPチャートで史上最長期間1位をキープ Kstyle 2012年5月11日
  9. ^ SISTAR「Loving U」米ビルボードK-POPチャート1位に! Kstyle 2012年7月5日
  10. ^ SISTAR、新アルバム「Loving U」で連打席ホームランに成功 中央日報2012年6月28日
  11. ^ SISTAR、初の単独コンサートを開催!3,000人のファンが“大熱狂” kstyle 2012年9月16日
  12. ^ SISTAR19、音源チャート2日目も1位 innolife 2013年2月1日
  13. ^ SISTAR ヒョリン、歌唱力のあるアイドル1位に…SUPER JUNIORやBEASTも絶賛 kstyle 2012年11月21日
  14. ^ SISTAR ヒョリン、Secret ジウンらと3人組グループを準備していた過去を告白 kstyle 2012年4月4日
  15. ^ 【スターコラム】SISTAR、ダンサーのボラ vs 顔の広いボラ ― Vol.2 kstyle 2013年1月3日
  16. ^ SISTAR ボラ、光のような速度でチームの勝利を牽引“スポーツアイドルを証明” kstyle 2012年12月9日
  17. ^ 【スターコラム】SISTAR ソユ vs カン・ジヒョン ― Vol.4 kstyle 2013年1月5日
  18. ^ SISTARソユ、「4Minuteのメンバーになるところだった」 KSTARニュース 6月15日
  19. ^ Vol.2 ― SISTAR 「My name is...」 kstyle 2012年3月24日

外部リンク[ソースを編集]