キム・ジュヒョク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キム・ジュヒョク
 김주혁
本名 金柱赫
生年月日 (1972-10-03) 1972年10月3日
没年月日 (2017-10-30) 2017年10月30日(45歳没)
出生地 大韓民国の旗 韓国
死没地 大韓民国の旗 韓国 ソウル特別市
国籍 大韓民国
身長 180cm
血液型 A
職業 映画俳優
ジャンル 映画・ドラマ
活動期間 1998年 - 2017年
公式サイト [1]
主な作品

映画
愛なんていらない
『春香秘伝』
テレビドラマ
『プラハの恋人』
『テロワール』

『ホジュン~伝説の心医~』

キム・ジュヒョク(김주혁、1972年10月3日 - 2017年10月30日[1])は大韓民国俳優東国大学校演劇映画科卒業。父親は同じく俳優のキム・ムセン。趣味は映画鑑賞、スキー、ラフティング。2017年10月30日に交通事故により死亡。享年45歳。

経歴[編集]

・1998年SBS公採タレントとしてデビュー。

デビュー以降、数々の人気映画や人気ドラマに出演。一躍有名になった。

・2017年10月30日午後、ソウル江南区三成洞の道路で運転中、別の乗用車と追突し、さらにマンションの壁に衝突し車両が横転、通報を受けた消防に救助され、心肺蘇生を受けながら病院に搬送されたが、死亡が確認された[1][2]。45歳没。

また、乗用車との衝突時、韓国警察によると、後方で運転していた別の乗用車のドライブレコーダーからして、キム・ジュヒョクの乗っている車が突然普通ではない異常な動きをしたことから、キム・ジュヒョクは運転中、何らかの症状を発症し乗用車に追突してマンションに衝突したとされた。

しかし、解剖結果は、直接的な死因は頭部の損傷であったとされた。目撃者によるとキム・ジュヒョクは事故時、胸を強く押さえていたらしく、このことから運転中に心筋梗塞を発症して事故を起こし頭部を損傷したのではないかと考えられた。だが、解剖結果によると、心臓には異常はなく、薬物反応もなかったと言う。よって、心筋梗塞の可能性は極めて低いという。韓国警察は現場検証を行ったが、なぜ突然車に追突し、頭部損傷にまで至ったのか、未だに事故原因が分からないままである。

故キム・ジュヒョクの死後、11月25日には韓国企業評判研究所が、韓国人が愛する映画俳優第1位に故キム・ジュヒョクが選ばれた。

また12月18日には、故キム・ジュヒョクの追悼式が行われ、家族や近親者、同僚俳優やファンなど合わせて約500人が参加した。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 1999年 カイスト
  • 2000年 愛は誰でも一つ
  • 2002年 ライバル
  • 2003年 流れる川の水のように
  • 2005年 プラハの恋人 (チェ・サンヒョン役)
  • 2009年 テロワール (カン・テミン役)
  • 2012年 武神 (金俊役)
  • 2013年 ホジュン〜伝説の心医 (ホ・ジュン役)

映画[編集]

  • 2001年 セイ・イエス
  • 2002年 爆烈野球団!
  • 2003年 シングルス (日本のドラマ『29歳のクリスマス』のリメイク)
  • 2004年 どこかで誰かに何かあれば間違いなく現れるMr.ホン (ホン・ドゥシク役) 
  • 2005年 クァンシクの弟クァンテ (ユ・クァンシク役)
  • 2005年 青燕
  • 2006年 愛なんていらない (ジュリアン役)
  • 2008年 妻が結婚した (ノ・ドックン役)
  • 2010年 春香秘伝 The Servant (バンジャ役)
  • 2011年 敵と共に眠る (2011年4月28日韓国公開)
  • 2011年 人生のストライクボール! (ユン・ドフン役)
  • 2015年 ビューティー・インサイド (ウジン役)
  • 2016年 ハッピーログイン(原題・好きになって)
  • 2017年 공조(邦題:コンフィデンシャル/共助)

バラエティ[編集]

  • 一泊二日シーズン3(KBS)

受賞歴[編集]

  • 2005年 SBS演技大賞 最優秀男優賞/10大スター賞(「プラハの恋人」)
  • 2006年 第42回百想芸術大賞 放送部門 最優秀男性演技賞
  • 2017年 第1回THE SEOUL AWARDS(더 서울어워즈) 映画部門 男優助演賞(「공조」)

脚注[編集]

  1. ^ a b 俳優キム・ジュヒョクさんが交通事故で死去…「ホジュン」「1泊2日」など多数出演”. Kstyle (2017年10月30日). 2017年10月30日閲覧。
  2. ^ 韓国俳優キム・ジュヒョクさんが死亡 運転中の車が壁に”. 聯合ニュース (2017年10月30日). 2017年10月30日閲覧。