パク・ボゴム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パク・ボゴム
박보검
박보검
2018年5月
本名 박보검
生年月日 (1993-06-16) 1993年6月16日(29歳)
出生地 大韓民国の旗 韓国ソウル特別市
身長 182 cm
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2011年 -
事務所 ブロッサムエンターテインメント朝鮮語版
公式サイト https://www.bogum.jp/
主な作品
テレビドラマ
恋のスケッチ〜応答せよ1988〜
雲が描いた月明り
ボーイフレンド
青春の記録
テンプレートを表示
パク・ボゴム
各種表記
ハングル 박 보검
漢字 朴 寶劍
発音:ポゴ / パボゴ
ローマ字 Park Bo-gum
テンプレートを表示

パク・ポゴム: 박보검漢字: 朴寶劍、新字体: 朴宝剣、1993年6月16日 - )は、韓国俳優歌手ブロッサムエンターテインメント朝鮮語版所属。

来歴[編集]

本貫潘南朴氏[1]。高校2年生の時にインターネット上にピアノの弾き語りを公開したところ注目を集め、芸能事務所にスカウトされる[2]。2011年に映画『ブラインド』で俳優デビュー[3]

2014年、ドラマ『のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ』で指揮者に転向する天才チェリスト、イ・ユヌを演じる[4]。2015年、若手俳優の登竜門となった「応答せよ」シリーズの第3弾『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』に出演しブレイクを果たす[3]。同年5月から1年間、Red Velvetアイリーンと共に音楽番組『ミュージックバンク』のMCも務めた[5]

2016年、主演ドラマ『雲が描いた月明り』が最高視聴率25.3%を記録し大ヒット[6]。実力を認められると共に、CM起用社数もトップになるなどスターの座に上り詰め[7]国民の彼氏と呼ばれるようになる[8]。このドラマでは挿入歌「愛しい人」を歌い、 日本でもiTunesのKPOPチャートで1位を獲得した[7]

2018年、2014年から在籍していた明知大学校のミュージカル学科を卒業した[2]

2019年3月20日、歌手として日本デビューシングル「Bloomin‘」をリリース[2]

2020年8月31日、海軍の文化広報兵に志願し入隊[9]。2022年2月21日、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して、残っていた休暇と除隊前の休暇を取得し予定より2ヶ月早く除隊した[10]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

2016年

映画[編集]

音楽番組[編集]

バラエティ番組[編集]

  • 花より青春3〜アフリカ編〜(2016年2月 - 3月、tvN)
  • 1泊2日〜シーズン3〜(2016年8月21日 - 9月4日、KBS)
  • 無限挑戦(2017年4月8日 - 22日、MBC
  • ヒョリの民宿2(2018年2月 - 3月、JTBC)

イベント[編集]

  • KBS演技大賞(2015年) - MC
  • KBS演技大賞(2016年) - MC
  • 第54回百想芸術大賞(2018年) - MC
  • 第55回百想芸術大賞(2019年) - MC
  • 第56回百想芸術大賞(2020年) - MC

受賞歴[編集]

2015年[編集]

  • KBS演技大賞 - 男性助演賞、男性人気賞
  • KBS芸能大賞 - ショー娯楽部門 男性新人賞

2016年[編集]

  • KBS演技大賞 - 男性最優秀賞、ネチズン賞、ベストカップル賞
  • 第1回Asia Artist Awards - アジアスター賞、ドラマ部門 ベストスター賞
  • 第1回tvN10アワーズ - tvNアジア賞
  • 第5回アジア太平洋スターアワーズ - 男性新人賞
  • 第4回ドラマフィーバーアワーズ - ベストライジングスター賞、ベストキス賞
  • 第52回百想芸術大賞 - インスタイルベストスタイル賞
  • 第16回音楽風雲榜年度授賞式 - 今年の海外最高ベストアーティスト賞
  • 第11回マックスムービー 最高の映画賞 - ライジングスター賞
  • スタイルアイコンアジアアワーズ - 本賞

2017年[編集]

  • 韓国観光の星 - 功労者部門
  • 第8回大衆文化芸術賞 - 文化体育観光部長官表彰
  • 第12回ソウルドラマアワーズ - 韓流ドラマ男性演技賞
  • 第53回百想芸術大賞 - TV部門 男性人気賞
  • 第16回大韓民国国会大賞 - 演技部門
  • 大韓民国ファストブランド大賞 - 特別賞
  • ファッショニスタアワーズ - 今年のベスト男性部門

2018年[編集]

出典:ジャパン オフィシャルファンクラブ公式サイト

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 죽음을 불사한 절의, 소설로 부활하다”. on충청 (2021年6月25日). 2022年7月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年9月6日閲覧。
  2. ^ a b c “パク・ボゴムが歩んできた軌跡 ― 天使のようなほほ笑みで「国民の彼氏」と呼ばれるまで”. Kstyle. (2020年8月28日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2150554 2022年3月11日閲覧。 
  3. ^ a b “俳優パク・ボゴムが「今まで見たことのない姿」で新境地開拓か。5年ぶりの映画『徐福』に期待大”. スポーツソウル. (2019年1月31日). https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=19839 2022年3月11日閲覧。 
  4. ^ “大ブレイク前のパク・ボゴム名シーン集公開! 韓国版「のだめカンタービレ」<シンプルBOX>本日発売”. wowKorea. (2018年6月15日). https://www.wowkorea.jp/news/enter/2018/0615/10214826.html 2022年3月11日閲覧。 
  5. ^ “演技良し、歌良し、MCも良し!ファンが熱狂するパク・ボゴムのマルチな才能”. HOMMINS. (2019年5月3日). https://hominis.media/category/overseas/post3797/ 2022年3月11日閲覧。 
  6. ^ “パク・ボゴム×キム・ユジョン「雲が描いた月明り」レコメンド・レビュー第7弾!…コンプリートシンプルDVD-BOX発売記念”. Kstyle. (2018年10月5日). https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2102257 2022年3月11日閲覧。 
  7. ^ a b “大ブレイク中の韓国若手実力派俳優パク・ボゴム、待望の“日本歌手デビュー”決定!”. Pony Canyon News. (2019年1月31日). https://news.ponycanyon.co.jp/2019/01/29415 2022年3月11日閲覧。 
  8. ^ “チャン・グンソク級の人気!国民の彼氏パク・ボゴム、日本CDデビュー”. サンスポ. (2019年1月31日). https://www.sanspo.com/article/20190131-PWLLBWNDJ5P3DPPBCL5O7E4MD4/ 2022年3月11日閲覧。 
  9. ^ “俳優パク・ボゴム、きょう(31日)海軍入隊=新型コロナで非公開入所”. ワウコリア. (2020年8月31日). https://www.wowkorea.jp/news/enter/2020/0831/10269084.html 2022年3月11日閲覧。 
  10. ^ “[韓流]俳優パク・ボゴムが除隊 コロナ考慮し外部に知らせず”. 聯合ニュース. (2022年2月21日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20220221001300882 2022年3月11日閲覧。 

外部リンク[編集]